・・夢をつなぐ白い糸・・

日々小さな出来事や、大好きな手作りの作品の 紹介などきままにのんびりUPしています・・。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

忘れたくないこと :: 2006/12/14(Thu)

ranunculus2s.jpg
photo by ivory


先日の日記で「可哀想」を「可愛そう」と書いていて
読みづらいことで申し訳ありませんでした。
時々まったくもってアホを発揮したまま、後になって?(・_。)?(。_・)?
と気づくことも多いので、どうぞご遠慮なく指摘してくださいね(*^^*ゞ


今日はもう随分と前の事になりますが
私がホームヘルパーの資格を取りに行ったときに
感じたというか、教えられた事を綴りたいと思います。
かなり長くなりますので、興味のある方は読んでくださいね^-^

介護ヘルパー2級の資格の勉強を終え(役半年くらいだったかな?)
養護老人ホームに研修というか勉強に行く日が最後の授業に
もうけられています。

体に麻痺があり自分で日常の生活が一人では出来ない方
体事態は元気だけれど、痴呆が入っている方、
まったく動くことが困難で寝たきりの方など様々な方が
入所されています。
そこで2日程、食事の介助をしたりお風呂の介助をしたり
おむつの交換をしたり仕事は様々です。

その頃の私の両親はまだまだ元気でしたから年を重ねることの
意味すらわかっているようでわかっていない私でした。

調度食事の時間でした。それぞれに食事をされている中で
お茶を入れて回るですが。。その時に私は
「お茶、入れますね~^^」といって少なくなった所を回って
入れていました。

そして男の方のおむつ交換の時間です。
私は「おむつ変えますねぇ~」といって変えて回りました。

その私のしたことに「ありがとう。。」と喜んでくれる方も
いましたが、ぶすっと機嫌悪そうな方もいらっしゃいました。

なぜだかわかりますか?


後で、私はそこで働いている指導員の方に叱られました。
あなたは誰に言葉を発しているのですか?!

寝たきりの方でも、体が不自由な方でも、あなたより年上の
方ですよ。。。「○○しますね。」は違いますよ。
「○○しましょうか?」ではないのですか!?と言われました。
悪気もなく言っていた言葉でしたが、お年寄りの方のプライドを
傷つけていたのだという自分がとても恥ずかしかったのを
覚えています。
今は年を重ねて確かに人の手を借りなくてはいけない事もたくさん
あるけれど、私達よりも長い人生を生きぬいてきたことを
それゆえに人としてのプライドを年を重ねても持ち続けている事は
当たり前なのに私はそのことに気づくすべもなかったのです。

そしてお風呂の時間。。。
裸の男の方を手を引きながらお風呂に連れてはいり
体や髪を洗うお手伝いをします。

同じ片麻痺の方でも、洗って欲しいと言う方もいれば
私の手を払いのけて自分で洗うからいいと言う方もいます。
同じ男の方でも、女性の手を借りても抵抗のない方、
それを情けないと思う方と様々です。

そしておむつ交換の時間。。
たまたま、私の受け持った方が痴呆をもった車いすの方でした。
品のある綺麗な感じの背の高い女性です。
でももちろん自分ではできないので、何回分もの便がおむつの中に
たまり、おむつからはみ出んばかりです。
でもおむつを替えて欲しいと伝える事が出来ないのです。

私がおむつを外したときには目を疑うような状態で
とうてい拭き取るなんて言う感じの量ではありませんでした。
でも、その方は言葉で伝えることが出来なくても
気持ちが悪いから変えて欲しいのでしょう。
私より随分と大きな方でしたが、体を私に預けてしがみついて
くるのです。目で気持ち悪いから、恥ずかしいから綺麗にして。。
ってそういってるように思えました。

本当なら、手にビニール手袋をしておこなわなくては
いけないのですが、あまりの量に取り変えている暇もないのです。
一人でその方を支え私は、ただどうにかしてあげたくて
素手で便を拭き取っていました。。

今でも、その便を拭き取っていた行為よりも
その方が恥ずかしいから、気持ち悪いからと助けを求めるように
抱きついてきたその目が忘れられません。

本当は駄目ですよ。素手でしちゃ^^;
ばい菌が手に着くと後で大変ですからね。。。

私にとってその2日間は、資格と言うこと以上に
とても大切な事を学ばせていただきました。
言葉ではうまくいえませんが
私達が今こうしているのは・・そのお年寄りの方達が
せいいっぱい生きてきてくれたこそであり、その方達が
一人で生きていくことが多少なりとも困難になってきた時
次は私達がその方達に手をかしてあげる事。。。
それがお年寄りの方を、うやまい、互いを尊重し合い、支え合って
命をつないで行くと言うことではないのだろうか。。。
と思ったりします。。。

まだまだわかっていない事がたくさんあるけれど
お互いの立場を尊重しわかりあおうとすることは
すべてにおいて、とても大切で日々の忙しい毎日だからこそ
忘れてはいけないことなのかもしれませんね^--^*
私も、心にとめていたいです。


長い日記。。最後まで読んでくださってありがとうございます。
  1. 想うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
<<なんもない普通の一日・・だからいいのよね♪ | top | 可哀想に・・。の言葉>>


comment

先日の日記もコメントしようと思ったのですが
何て言葉にしたらいいかわからなかので…
すべてに共感して、ただ頷くばかりでした。
体が自由に動かないからと優劣をつけてはダメですよね。
ヘルパーの経験はないので勉強になりました。
やっぱり、常日頃からみんながお互いを尊敬しあう感謝しあう
そんな思いやりが大切なんだと思います。
  1. 2006/12/14(Thu) 11:37:14 |
  2. URL |
  3. ゆるん #-
  4. [ 編集 ]

私もきっと同じ状態だったら
「お茶いれますね~」と、「○○しますね」言葉になると思います。そして同じく指導員の方に叱られていると思います。

ayaちゃんはすばらしい経験をしたね。
自分で経験して感じるって事は、すごく大切な貴重な事だと思います。
とってもいい話を聞かせてくれてありがとう。
  1. 2006/12/14(Thu) 12:37:43 |
  2. URL |
  3. mami #-
  4. [ 編集 ]

私も最近、自分のダメなところをはっきりと指摘されました。
言われた時は、すごくショックで辛かったのですが、
とてもたくさんの事を学びました。
そして、それがきっかけで精神的に強くなっている気がします。
自分の事って自分が一番よくわかっているつもりでしたが、
実はそうじゃなかったんです。
指摘されて初めて、私ってそうだったのか!って気がつきました。

お互いに尊重しあう気持ち、本当に大切ですね。
私も常に気に留めておこうと改めて思いました。
ayaさんの貴重な体験、お話して下さってありがとうございます!
  1. 2006/12/14(Thu) 22:25:35 |
  2. URL |
  3. あやち #Mq5ZM32k
  4. [ 編集 ]

ayaサン。こんばんわぁ。
介護って本当に難しいですよね。
1人1人性格などをしっかり把握して介護しないとなかなか満足のいくお手伝いはできないですもんね~。
大変なお仕事だと思います。
ヘルパーの資格をとろうと思って行動されたayaサンは凄いなぁ。っと思いました。
この記事主人に紹介させていただきますネ^^
  1. 2006/12/14(Thu) 23:09:04 |
  2. URL |
  3. himekichi #k87Cp.wM
  4. [ 編集 ]

俺も「○○しますね。」と言ってしまいそうです。年を取ってある意味 自分より弱ってしまっていると そういう目線になってしまうのかもしれませんね。ただ「○○しましょうか。」と言うと遠慮しちゃう大人の人もいるし どっちもどっちかなと思いますし ayaさんが必ずしも間違いとは俺は思いませんよ。俺の祖父さんは「○○しましょうか」と言うと「ええ ええ 自分でやる」と言いそうな性格なので 一概には 当てはまらないなぁというのもあり きっと その人の性格を見ながら考えればいいことと思います。
ただ そこを見極めるまでの取っかかりは「○○しましょうか」が適切かもしれませんね。「まだまだ大丈夫なんだ 本当は自分でやりたいんだ」って人もいるでしょうし。
先日亡くなった祖父さんも ついこの前まで 老人ホームや病院でヘルパーさんのお世話になっていましたので 本当に頭の下がるおもいです。だから 言葉の間違いなどは 正直 細かい話だと思いますし、その資格を選んだことは 本当に凄いことだと思います。より気持ちの良い介護という意味で 考え直して改善していくのは 素晴らしいと思います。

だんだん話が発散して気分が高まってきて何が言いたいのか分からなくなってきましたが ヘルパーさんへの感謝の意味をこめて 本当にありがとう。お疲れ様と言いたいですね。
  1. 2006/12/15(Fri) 02:35:03 |
  2. URL |
  3. ぐっさん。 #-
  4. [ 編集 ]

**ゆるんちゃんへ**

おはようございます^^
すべての事に対して言えることだと思いますが
自分より弱い立場の人や動物にたいしても
心の持ち方一つで接し方が明らかに変わりますよね・・人って。
社会の中で、仕事の上でも確かに社長、課長などと役職はついていますが
人として素晴らしいと言うのとは全くちがうものですものね^^
私は学力だけで言えばなんのとりえも知識も
ありませんが、人として相手を思いやれる
素敵な人間でいられたら嬉しいです。
そんな自分になりたいわ^--^
  1. 2006/12/15(Fri) 10:35:01 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**mamiちゃんへ**

おはよう^^
私にとっては、いい経験でした。
何年もたった今でもその時のことは
心の中でちゃんと生きてます。。。

文字の上だけでは得ることのできない
事を学ぶというのは、忘れないものですよね。。
何事においても、身をもって経験する
大切さを感じます^-^

学生の時、お金ほしさにたくさんバイトしまくったけど、結果的にはお金以上のものを
たくさんもらい、社会人になってそれが
自分の心の糧になっていたりね・・。

あっ!!でも私の場合は机に向かって
もっと字の勉強しないと間違いだらけだわ(*^^*ゞなはは
  1. 2006/12/15(Fri) 10:44:03 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**あやちさんへ**

おはようございます。
そうですね。。
自分の中でわかっていることを指摘されるのと
気づかずにいたことを指摘されるのとまた違いますよね。
新たな自分が発見できてよかったですね^-^

私は、結構はっきり物事を伝えるタイプなのですが
周りの方は遠慮したり言えない方もたくさんいます。
時々、私も嫌みを含めて言われたりする
こともありますが、遠回しという言い方の行為には腹も立つことはありますが
そっかぁ~そんな風にこの人には私がうつるんだな・・・こんな風に対処したのが
そう思わせたのかな?・・と言った人がどうしてそう言ったかを考えます。
そして自分に改めるべきことがあったときは
素直に受け止めますよ^^
人間ですもの。。気づかない自分がたくさん
あります。
でも教えてもらって特した♪と思えるようになりました。
まぁ~若いときはそう思えない時も多かったけどね^m^
あやちさんは、受け止める事ができるんだもの素敵ですね♪(^_-)vブイ
  1. 2006/12/15(Fri) 11:02:11 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**himekichiさんへ**

おはようございます^^
そうでしたね。himekichiさんの旦那様の
お仕事でしたね。。尊敬します^m^

介護というのは、もちろんたくさんの知識もないといけませんが
一番現場で大切なのは、お年寄りの方と
どう向き合っていくかということなんだなと
本当にそう思います。。
赤ちゃんのように、これから新たに性格を
作り上げていくのとは、また違い長い人生の中で
いろんな事にたいしての想いや、悲しみや、喜びや。。。
そんな事を心に蓄えて生きてこられたのですから。

介護とは。。その方のもつ生きる力を最大限にひきだし、
自分がそこに存在することの意味を見いだして生きていってもらうために
その方の出来ないところを援助してあげるべくものじゃないかな・・と思っています。

どんなにいい大学をでたかたであっても
その机の上だけの知識ではまったくもって
補える仕事ではありません。

himekichiさんの旦那様はそんな素敵な
仕事をしてらっしゃるんですよね。。
綺麗事ではかたづけられない,
たくさんのいろんな現実もあるでしょうが、本当にありがたいです。。
そうお伝えください。^--^*


  1. 2006/12/15(Fri) 11:19:44 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**ぐっさんへ**

おはようございます^^
ほんとですねぇ。その方達にあった適切な介護が理想ですが、
現実はなかなか難しいこともたくさんあるのだと思います。

介護するといっても、体力、知識、心など
すべてにおいておこなうのは至難のわざかと
思えるほどです。
でも、人が人を介護するというのは、いろんな意味もふくめ素晴らしい事だと思います。
それが家であろうと、施設であろうと。。

これは施設の中だけで言えることなのではなくて
今の社会の中にも共通して言えることのような気がします。^--^
老いた方達も、生まれたての赤ちゃんも、
働き盛りの社会人も、勉強に力をそそぐ学生も
みんなの心に、ある意味共通することなんですよね。。
その延長線上が介護というだけなのであって・・。

私も、書いてて訳わかんなくなっちまったわ~~(*^^*ゞ
  1. 2006/12/15(Fri) 11:36:10 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlewishbyaya.blog68.fc2.com/tb.php/91-f7a04634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。