・・夢をつなぐ白い糸・・

日々小さな出来事や、大好きな手作りの作品の 紹介などきままにのんびりUPしています・・。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

少しの不安 :: 2006/11/10(Fri)

gbr02s.jpg
写真はミントBlueさんからお借りしています



今日、家に帰ったら。。。
ドアを開けたとたん、何とも言えない強烈な臭い。
「お母さん、何?この臭い」

本人曰くは、晩ご飯の用意をしていて、火をかけたまま
忘れてお風呂に入ったらしい・・で気がついたときには
お鍋はカラカラの状態でもんもんと煙がでていたのでしょう。

もちろん、怒ったりはしませんよ。。
本人も自分で心の奥でそんなことをしでかしてしまった
自分を情けなく思っているのですから。。。

最近、やはり年には勝てなくなってきたのか、物忘れが多く
なってきている母です。
私達の物忘れというのとは少し違います。

私が心配していることは・・・
父が亡くなってから、話相手がいないので、人と話すことが
極端に減ったことです。話すと言えば近所の方と時々、お友達と
たまに逢う程度。
若いときから人と関わることが苦手な母は、あまり人と
コミニュケーションを取りたがりません。
私が母と話すのは、仕事から帰ってからと、休みの日くらい。。。

なので私は、1年以上前から会社に家になるべく近い勤務先にして
欲しいとお願いしています。(今は往復で3時間かかるところなのですが)
でも、なかなかなんですね。なので出勤日数を減らしてもらいました。
そして役職も外してもらっています。
(もちろん、母にはそれが理由などとは言っていません)

お給料は減るけれど、でも今は母と向き合う時間を多く
取る事の方が大切な事だと思っているからです。
もしかしたら、ちゃんと働く事が出来なくなる日も来るかもしれない
でも、それはそれでいいんです。覚悟していますから。

 自分の親を介護する・・子供の世話にならずにすむくらい、
いつまでも元気でいてくれたら良いけれど、それは誰にもわかりません。
でもそうなったとき、出来ることなら自分の家で介護をして
あげたいのです。介護は安易にしましょうか?!
と言えるほどそんなに簡単な事ではありません。

私は父が元気だった頃、いつか来るかもしれないそんな時に
少しでも、役に立つことがあればと、ホームヘルパーの資格を取りに
行きました。資格よりもっと大切なものを学んだような気がします。
誰もが訪れる「老いる」ということ。お年寄りの方ゆえの気持ち。
それに関わる家族の気持ち。。。

介護に関しては 人それぞれいろんな考え方があります。
誰をどう否定するわけでもありません。

現実に介護を経験したことのない私ですが・・出来るだけこの
自分の手で両親を見てあげたいという気持ちは変わらないのです。
たくさんの苦労がもし待ちかまえていたとしても、
できるだけそうしてあげたいのです。。。

今日は、少しだけそんな日に一歩近づいているのかな・・。と
ほんの少しだけ不安になった私でした。。。

駄目ですね・・。こんな事でびびってちゃ^--^*







  1. 想うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:22
<<今日は旅行にきていますv(^^)v | top | はじめの一歩>>


comment

ayaサン。おはよぉデス。
私の主人は介護のお仕事をしています。
昔から、私の親も主人の親ももし大変な状況になったら迷うことなく施設に入れると言っています。
施設がどれだけ杜撰な対応か自分が1番よく分かっているのに・・・。って不思議でした。
少し前から主人の祖母に介護が必要となり、一緒に暮らしている伯父と伯母が面倒を見ているのですが、2人ともとっても真面目な性格な故、すぐに介護疲れが出てしまい、大変な状況になっているので施設に入れることになったようです。
私は今子育てをしていて、成長する。先々自立していくという楽しみがあるからこそ頑張っていけるけど 介護はそういう見返りがないし、本当に大変だなぁ。っと感じるようになりました。
ayaサンあまり気負いすぎない程度に 頑張ってくださいネ。
ayaサンの温かい気持ち。きっとお母サマにも届いていると思います♪
  1. 2006/11/10(Fri) 07:37:05 |
  2. URL |
  3. himekichi #k87Cp.wM
  4. [ 編集 ]

ayaさんのブログやコメントから垣間見る暖かさを今日の記事でさらに実感しました
わたしならできるかなぁ・・と

前にテレビにわたしの知り合いが介護の特集ででたことがあります
最初は本当に大変でお母さんがぼけてしまったことがまず受け入れられないところから始まり、子供たちの理解、夫の応援といろいろな段階を経て今お母さんがいてくれるから今の自分と家族がいると笑顔で語っている姿がテレビに映っていました

お母さんもいろんなことはわからないようでうしたがとってもきれいな笑顔で笑っていらして今に満足されてるんだなぁと伝わってきました

そのお母さんが大好きな歌がダ・カーポの「野に咲く花のように」だそうです
きっとそうやって生きてこられたんだろうなぁと見ていて涙がとまりませんでした

  1. 2006/11/10(Fri) 09:17:43 |
  2. URL |
  3. あんっこ #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは ayaさん
ayaさんは、お母さまをとっても大切に思っているのが
よくわかります
あたしももっと自分の両親の事考えてあげなくちゃ!!
一緒に暮らしていないから、久しぶりに実家へ帰ると
着実に老いてるのがわかります
時々は帰って親孝行するね
気づかせてくれてありがとう~ 
  1. 2006/11/10(Fri) 20:13:42 |
  2. URL |
  3. レオママ #-
  4. [ 編集 ]

ayaちゃんの、その優しい気持ちと考え方ならば、きっとどんな事があろうが、いろんな方法を思いついて、ゆっくりとでも前向きに乗り切れると思います。
私はayaちゃんとは逆に、母が8年ほど前に亡くなっていて、父が独りで暮らしております。
近くに住んでいないので、身体の事とか心配でこの年になると、親の介護を考える年齢になってしまいましただ。
私は力が入りすぎると、いろいろと失敗してしまうので^^;(人生の教訓)
無理しすぎないで、自分の納得できる介護をすることができたら幸せかと思います。
具体案はないのですが、その時その時で一生懸命考えて、進む事ができたらいいと思っています。
今日はお母さん、元気がないかもしれませんね。でも、ケガがなくてよかったね^^
それが一番だぁ。



  1. 2006/11/10(Fri) 20:13:54 |
  2. URL |
  3. mami #-
  4. [ 編集 ]

**himekichiさんへ**

こんばんわ。
介護をすると言うことは、体力的にも精神的
にも大変な事だと思います。
自分が親の為に犠牲になっているとかそんな思いを胸に
抱いていては出来ないことなのかもしれませんね。。。

綺麗事で済ませられるほど、簡単な事では
なく現実にぶつかっている人の苦労は
たくさんあるのだとと思います。
その人達の生活も大切なことですものね^-^

施設に預けるとかそういうことが悪いとか
そういうことは思っていません。
自分がどうしても、みる限界がくれば
助けを求めることもあると思います。
ただ、自分が出来るせいいいっぱいのところまで、見てあげたいというより、
母と一緒に生きる。。と言う方が正しい
でしょうか。そうしてあげたいだけなんですよ。
 ありがとうございます^--^*
  1. 2006/11/10(Fri) 23:19:26 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**あんっこさんへ**

こんばんわ!
<お母さんがいてくれるから今の自分と家族がいる。。
そう思えるまでの苦労はたくさんあったと
思います。
それを家族で乗り越えてきたその方達は、
本当に素晴らしい家族ですね^--^
お母さんの幸せな笑顔にそのすべてが
あらわれていたのかもしれません。

それぞれに介護の形はちがっても、
親が子を思うように子が親を思う気持ちは
いつの時代も変わらずにいて欲しいですね。。。
  1. 2006/11/10(Fri) 23:33:06 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**レオママさんへ**

こんばんわ!
きっとレオママさんのご両親もきっと
喜ばれますよ。。
私の父も嫁いだ姉や妹が帰ってくると
とても嬉しそうでした。
その父を見て母もまた嬉しそうにしていました。

嫁に出した娘のことは、いくつになっても
心配なんですね^--^*
  1. 2006/11/10(Fri) 23:40:39 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**mamiちゃんへ**

こんばんわ!
そっかぁ~お父さんの事、気がかりだね。。
介護は、共倒れになることが一番こわいといいます。
見る方も自分の生活を気持ちを
維持しながらと言うことが大切な事なのかも
しれないですね。。
でも大変!大変!と気負いせず、
出来ることを自分なりにということが
大切な基本なんですよね。^--^
怪我もなく、ほんと、よかった^^v
  1. 2006/11/10(Fri) 23:47:06 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

ayaちゃん♪
そうだね~私達も親の介護、考えなくてはならない年になったんですよね。。。
ayaちゃんの思い、お母さんに届いてますよ。
ayaちゃんの言葉を読んで、私も考えさせられました。
そこまで考えているayaちゃんって偉いよ~

うちは数年前に父が亡くなって、今は母も元気になりましたが、1年くらいは言葉数も減り、元気もなかったです。。
うちの父はアルツハイマーになって、心不全でなくなったんですね。
アルツハイマーって、病気がどんなのか知らなくて・・・いや、理解していなくって父に不愉快な思いをさせてしまったこと、後悔しています。もっと、勉強すべきだったと・・・理解すべきだったと。
だから、母には優しくなろうと思うのですが、日々の生活で精一杯で、なかなか出来ていないのが現実です。。。
なるべく顔を見せに行こう。それが今は親孝行かな?って思ってます。

連絡が遅くなりましたが、昨日無事に届きました(^-^)v
いつもいつも、ありがとう~^^
  1. 2006/11/11(Sat) 00:10:01 |
  2. URL |
  3. kapi #halAVcVc
  4. [ 編集 ]

**kapiちゃんへ**

こんばんわ!
親がいなくなってから、気づく思いとかって確かにありますよね。
自分たちも同じように年を重ねて来て
わかる思いとか・・。

毎日の生活の中でみんな精一杯なのが
現実だと思います。
kapiちゃんも、時間が出来たら、楽しい話題でおかあさんと盛り上がってください^^
うちの、母も毎日いるわたしより、
時々様子を見に来る姉をみると、よく話を
しだしますよ^--^*
嬉しいんでしょうね♪

こちらこそ、いつもギリギリの上に
おっちょこちょいでごめんね(*^^*ゞ
明日、よろしくお願いしますm(__)m
  1. 2006/11/11(Sat) 00:27:07 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

いつかは 介護とか考えないといけない時が来る これは人間ですからね。ちなみに うちの父方の爺さんは 早くに婆さんが亡くなってからは 老人ホームに住んでます。実家に爺さんの部屋は作って1Fは玄関以外は ほぼバリアフリーなのですが おそらく最後まで老人ホームでしょう。爺さんは自立心の強い人なので 自分の暮らしは自分でって性格だから。

ayaさんの感情、気持ちは分かります。でも現実では 老人ホームでの生活で よかったのかなと思ってます。やはりプロです。体調の細かな異常、行動の異常 すべてを把握して未然に大事に至らないようケアしてもらっているおかげで 重病を3度も乗り越えて 今 93歳です。

逆に母方の爺さん、婆さんは実家とか親戚とか近所の友達に囲まれて それはそれで楽しそうな暮らしをしています。ただ、老人ホーム並に 細かな異常などを気づくかというと自信はありません。

どういう介護がいいか その答えはきっと無いんだと思います。親を思って何らかの手を打つのであれば、それは どっちも正解なんだと思います。俺は実家から離れたところで自分の人生を築いていこうとはしているものの そういう問題に直面したときのプランは正直ありません。

何が言いたいのか分からなくなってきましたが、ayaさんの思うとおりに大事にすること それだけなんだろうなと思います。ayaさんの趣味をお母さんにやらせてみると 刺激があっていいんじゃないでしょうか? ちょっと難しすぎるかな?

涙腺ゆるい ぐっさん。でした。
  1. 2006/11/11(Sat) 09:04:29 |
  2. URL |
  3. ぐっさん。 #-
  4. [ 編集 ]

僕の母が脳梗塞で倒れ、僕は沖縄から戻ってきました。
幸い今は後遺症もあまり残らず、元気に暮らしています。
僕の住んでいるところは実家から歩いて5分程度のところです。
「介護」に関して、真剣に考えました。
親父も70超えてますし、典型的な仕事人間だったので家の事はほとんど何もできません。
だからいっぺんに2人面倒見ることになったわけです。
かみさんへの負担も考えたり、仕事とのバランスを考えたりと、正直とても重い日々が続きました。

自分もいつかは「介護」される身です。
「自分だったら」と考えてしまいます。
自分の親だけでなく、かみさんの両親の事もあります。しかもかみさんは一人っ子なので。正直どうしてよいやら、今もわかりません。

ただ、今後何があっても一人で背負い込まないようにしようと思っています。

僕の力なんてたかが知れてますから。(笑)

ayaさんは、本当に優しい人ですね。
きっとお母様はそんなayaさんと一緒にいるときが一番幸せなんでしょうね。

僕ももう少し親孝行しなきゃと思いました。

よくわからない文になってしまい、すみません…。
  1. 2006/11/11(Sat) 09:10:18 |
  2. URL |
  3. jun #-
  4. [ 編集 ]

ayaさん、こんばんは。
難しい事は書けない私ですが、ayaさんの今日の記事を読んで、いろんな事を考えました。そして親に対する自分の思いがすごく恥ずかしくて自分が嫌になりました。
ayaさんの記事を読んだ後、親の事を考えると涙が出そうになります。
  1. 2006/11/11(Sat) 19:34:00 |
  2. URL |
  3. やまち。 #-
  4. [ 編集 ]

**ぐっさんへ**

こんばんわ!
そうですね。。。親にも想いはあり
子にも想いはある。

介護とはどういう事を介護というのか・・
とても難しい事だと思います。
体のケア、生活の援助、(金銭的な事も含めて)でも、本当の意味での介護って
心のケアなのではないかな・・と思ったりします。
それは、老人ホームにいても、在宅での介護にしても、
一番求められていることのように思います。
その本人が幸せであれが一番良いことですが、介護する側にも生活というものが
あります。
だからベストの介護を望むのは難しいことなんです。
どちらに転んでも、親と子が気持ちの上で
支え合って生きているということが
とても大切な事なのかもしれませんね^--^*
ありがとうございます。。
  1. 2006/11/11(Sat) 22:11:24 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

こんばんわ!

6年前に他界した義母が認知症で 胆管の病気の為 半年程家で看ていたんですが 毎日の 手当てが無理になり入院する事に

病院に見舞に行くと帰りには後ろ髪引かれる思いで帰って来たことを思い出します。

やっぱり家で看病出来るのが一番ですね。
娘さんならなおさらお母さんも安心されるでしょう。
ayaさんのお母さんを思われる優しい気持ち
心 打たれました。
私も92歳の父が居ますが親は何時までも元気で居て欲しいと思いますね。
  1. 2006/11/11(Sat) 22:17:57 |
  2. URL |
  3. setukosan #i7RR5ogQ
  4. [ 編集 ]

**junさんへ**

こんばんわ!
「私がその立場になったら・・。」
きっと自分から子供に迷惑かけたくないと
老人ホームに行くというかもしれません。
でも、心の奥底では出来ることならば
家族の元にいたいと思うのかもしれないです。
親ゆえの子を思う気持ちと、子供ゆえの親を
思う気持ち。

junさんの両親も、奥様の両親もどちらも
同じように大切な親です。
でも同じように年を重ねていく両親達を
同じように見ていくのは難しい事ですね。

 今は、今してあげれることをしてあげようという気持ちでいることが
とても大切な事ですよね。

親にとっては、どんな形であれ、子供が
幸せに暮らしていると言うことが一番の
幸せなんですから・・。^--^*

  1. 2006/11/11(Sat) 22:29:02 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**やまちさんへ**

こんばんわ!
やまちさんが、今できることは病気と闘いながら、毎日を明るく元気に生きる事。
その努力を一生懸命しているのなら、それで
いいと思いますよ。
いつの日か、両親を見なくてはいけない
立場になったときがきたとしても、
自分で出来る事って、きっとあるんですから。
人にとって一番大切なのは、心のつながりなんですから。心配しないで^--^*
  1. 2006/11/11(Sat) 22:50:53 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**setukosannへ**

こんばんわ!
どちらにどう転べば、幸せか、それは当事者にしか答えがわからないのかもしれませんね。。
人ではなくわたしなりの両親への接し方で
母を見てあげたいと思います。^--^
  1. 2006/11/11(Sat) 22:56:39 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/11/12(Sun) 01:43:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

**ブログ管理人のみ閲覧できます。さんへ
**

こんばんわ!
コメントありがとうございます。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします^--^*
  1. 2006/11/12(Sun) 02:14:46 |
  2. URL |
  3. #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

ayaサン。コメントのお返事ありがとうございました。
とってもとっても感動しました。
>母と一緒に生きる
素敵な気持ちですね~。
ayaサン本当に素敵な方だなぁ。って思いました。
親と一緒にいられる時間も限られていますもんね~。
私もそんな風に心から親の事を大切に思えたらいいなぁ。って思いました。
  1. 2006/11/13(Mon) 23:54:00 |
  2. URL |
  3. himekichi #k87Cp.wM
  4. [ 編集 ]

**himekichiさんへ**

親への反抗期の時期もとっくに過ぎて(笑)
私もずいぶと、丸くなってきました。
親から子へ。子から親へ。
お互いそんなゆったりした気持ちで向き合えるようにやっとなりました。(*^^*ゞ
それだけ自分も年を重ねたって事なんでしょうね^m^ 
  1. 2006/11/14(Tue) 00:27:23 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlewishbyaya.blog68.fc2.com/tb.php/76-49f43758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。