・・夢をつなぐ白い糸・・

日々小さな出来事や、大好きな手作りの作品の 紹介などきままにのんびりUPしています・・。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

世代交代 :: 2012/09/30(Sun)

明日からのシフトを決めに新しい職場までいってきました^^
初対面のMさん、なかなか手強わそうです(笑)


世代交代ってよく耳にする言葉ですが 誰もがそういう年齢になってくれば
いつまでも自分が先頭にたつのではなく次の人を育てるという事に意識を向けることや
自分がもっているスキルを惜しみなく伝えていくいかなくてはいけない
そんな時が必ず嫌でもくるんですよね。。^-^
自分の得た経験など含め自分の知り得ることを自分の後に続くべき立場にある人達に
引き継いでいくということは、会社にとってはもちろんですが、一つの大切な仕事でもあり。。


私は店長という仕事をしていた頃、いつも思っていたし、口にしてきました。。
自分がたとえ転勤や何かでそのお店を離れても、「ayaさんがいなくても大丈夫だねぇ~」と
言われるお店を目指していると。。
だから顧客様を一人で抱きかかえてしまうことは、お客様にとってもお店にとっても良い事ではなく
スタッフみんなが一人のお客様の情報を把握し、いつでも誰でもそのお客様を気持ち良く
向かい入れることが本当のサービスでは?と思ってきました。
だから自分ももちろん、何でもその仕事においては立場上、把握し出来るのは
当然でなければいけないので自分なりに努力してきましたし、
部下のスタッフにも自分の知り得ることは全て惜しみなく伝え、もちろん顧客様の情報も。。
人を育てることも年数を重ねてきた人ならではの大切な仕事だと思ってきたんです。
だから時にはとても厳しい事を口にして部下が泣くような事もありました。
スタッフ曰く、その頃の私は鬼のような厳しさだったらしいです(笑)


だから、そこに「自分の居場所がなくなるとか、存在価値がなくなるとか」
そんな風には思ってはこなかったんです。。
誰でも、年を重ね、若い子達が力をつけてくれば、なんだか少し寂しい気持ちになるかもしれません。。
誰でも、いくつになっても自分が認められたいと思っているのですから。。当たり前の気持ちです。

でもそれは前面で働くことだけが、自分の認められる場所という事では無く、
後ろで若い子達をバックアップしながら、これまでの自分の得てきたことを生かすことも
りっぱな自分の存在価値のある場所なんですよね。。

「自分がいないとお店の売り上げも取れていないの~」と時々口にする方がいますが
私はそれは自分の自己満足の世界であり、そうとしか出来ていない、スタッフを育て上げていないから
ではないかと逆に思ってしまうのです。。



こういう業種の中にももちろん定年という年齢はあり。。
それが近づいてくるにいたって、色んな意味で引き継ぐことを考えなくてはいけないのですが
それが意識できない販売員さんにもよく出会うのです。。
自分の知り得ることや、経験を大事に自分で抱え込んで手放そうとはしないのです。。
それが大きな目で見れば自分がいなくなったあとも、お店の存続や利益に
大きな影響をもたらすならなおさらです。。
手放すことで自分の存在価値がなくなるようで、怖いのかもしれませんね。。



自分のいるべき場所は自分の考え方ひとつでいくらでも存在するのではないかなって。。
誰でも認められたい。。きっとそれは一生手放せない人の執着かもしれない。。
でも、固着すればするほど、きっと手に入れたいものは自分から広がっていくことはなく
小さな器の中でただ自分を苦しめるだけではないのかと。。。
そんな風に思ったりするんですよね。。。

自分の後に続くスタッフの成長する手助けに、自分の今までの経験を生かすことができるのですよ。。
とても素敵なことだと思いませんか?りっぱな仕事です。。前面で働いていなくても。。
自分はそこにいなくてなっても、自分が引き継いだことは、後々にもずっと生かされていくんです。
それが引き継ぐことの良さです。
それを自分だけで抱え込んでいたら、そこで終わってしまうんです。。せっかく頑張ってきたのにね。

そして自分自身もその後の自分の人生の中で自分の経験をいかした生き方ができたら
それで幸せじゃないですか。。^-^
そんな風に思ったりするのですが・・みなさんは世代交代・・どんなふうに思われますか?
そんなことを感じた一日でした。。

  1. 想うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
<<スクスク♪ | top | 2012 秋冬用の石鹸>>


comment

ayaさんらしいなぁと感じながら読ませていただきました。

>「ayaさんがいなくても大丈夫だねぇ~」と
言われるお店を目指していると。。

ここ、逆に考えている人が多いと思うけど大事なことですよね。
20代の頃、自分がいなければその職場は成り立たないと言い切った人と、
いないならいないでも仕事はまわる、そういうものだと反論した人との会話を聞いて
その頃の私は、自分がいなくても大丈夫な職場って
自分がいてもいなくても同じ?って、それは寂しいことだなぁって、感じてたのですが

今なら
全体を見る、「俯瞰する目」をもって携わるということの方が
双方にとって、また職場にともっても、顧客にとっても良い事なのだと思えます^^

何かをするときは、7世代先までのことを考えて行動する
という
「ネイティブアメリカンのように」というタイトルで記事を書こうと思いながら、まだなのですが
私欲ではなく、全体の平和、次に繋げるべく自分の役割に焦点を当てると
職業ならず、仕事というより
「志事」=志すこと、という意味での
自分の生き方を問う年齢になってきたというか
もともと争い事も、人を押しのけるような競争の仕方も好きじゃなかったし、
誰かのせい、何かのせいにする敵を作る生き方は、
自分が疲れるだけなので
人とも自然とも調和して生きていきたいというのが私の目指すとところでもあります。

「引き継ぐことの良さ」ayaさんのおっしゃる通りだと思います^^
素敵な記事をありがとう♪
  1. 2012/09/30(Sun) 11:34:45 |
  2. URL |
  3. まゆみ #N.vW.TCs
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/09/30(Sun) 14:09:45 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ayaサン。こんにちわぁ。
私もまったく同感です。
私の中では教えてもらった人は
いつまで経っても越えられなくって。
知識はもうその人以上のことやっているよ。
っと周りに言われても自分の中ではやっぱり先輩だし
尊敬の念は消えないものデス^^

私も前の会社では自分の知っていることは惜しみなく教えたし。
今までなかったマニュアルも作ったし。
引き継ぎの時は私よりはるかに年上の方なのに
書いたノートのチェックや書き方のアドバイスまでしたくらいで^^
人生では先輩なのにもし訳ないと思いつつも
ayaサンに負けず劣らず鬼だったと思います。(笑)

ひなを妊娠した時。
私は会社で幹事をしていたのですが
初めての海外旅行だったし。
仕切っている私が行けないしと言うことで
どれだけ根回しし念を押したことか・・・。

行かないから関係ない。
その場にいないから責任はない。
のではなく居ないからこそ!ですよね^^

どんな話もayaサンとは同じベクトルなので
すっきりします^^

  1. 2012/09/30(Sun) 14:23:28 |
  2. URL |
  3. himekichi #k87Cp.wM
  4. [ 編集 ]

**まゆみさんへ**


沢山、コメントありがとね~*^^

>20代の頃、自分がいなければその職場は成り立たないと言い切った人と、
いないならいないでも仕事はまわる、そういうものだと反論した人との会話を聞いて
その頃の私は、自分がいなくても大丈夫な職場って
自分がいてもいなくても同じ?って、それは寂しいことだなぁって、感じてたのですが


私も若い頃そう思っていましたよ。。^^
だから自分がやめたらお店の人が困るとか。。実際その時は多少はこまるかもしれません。。
けれど、会社がつぶれるような事は決してないんですよね(笑)
自分がいなくても企業は回るようにもできている。。

それは自分が必要ないとかそういうことでは無く
自分の代わりにまた必要とされる人がいるということで。。
だから、今度は自分もまた自らの新たな居場所を見つければいいんです。
そんな風に順繰り回っていくのが会社というものなのかもしれないし
それでつぶれてしまっては沢山の従業員の生活を支えることはできないですよね。。

「困るわ!」って言ってもらえる方がもちろん誰でも嬉しいと思う。誰だって。。^^
けれど、後に残される人達が困らないように整えておくのが
本当の意味での相手への優しさでもあり、そして自分の役割でもあると思うようになってから。。
自分の価値をそこにおくことは減ってきたように思います^^
ただ自分が日々の中で自分に恥ずかしくない仕事をしているかという想いだけだったように思います。。
大切なのは自分の中で自分につける折り合いです。。
場所が変わっても立場が変わっても自分であることに変わりは無く
不要な人とか不要な場所とか不要な仕事とかきっとなくて。。

どんなに偉い人になっても、自分のしている毎日に誇りをもった生き方ができていなければ
どこまでいっても自分を認め愛することはできないのかもと。。^^


>私欲ではなく、全体の平和、次に繋げるべく自分の役割に焦点を当てると
職業ならず、仕事というより
「志事」=志すこと、という意味での
自分の生き方を問う年齢になってきたというか
もともと争い事も、人を押しのけるような競争の仕方も好きじゃなかったし、
誰かのせい、何かのせいにする敵を作る生き方は、
自分が疲れるだけなので
人とも自然とも調和して生きていきたいというのが私の目指すとところでもあります。


そうですよね。。
私達は仕事という場所をもらっているだけ。。
仕事、遊び、いろんな学びのなかで自分という存在を小さな器の中だけで見つめているのではなく
外から眺めてもっと大きな輪の中で見つめることができたなら
人はもっと争いもなくなるだろうし、自己中心的な考えも少なくなるのでしょうね。。^^
  1. 2012/09/30(Sun) 14:37:14 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**鍵コメさんへ**

お知らせありがとう^-^ そしてリンクも♪ありがとね~!
  1. 2012/09/30(Sun) 14:42:30 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**himekichiさんへ**


こんにちは~^^ コメントありがとう♪

>私の中では教えてもらった人は
いつまで経っても越えられなくって。
知識はもうその人以上のことやっているよ。
っと周りに言われても自分の中ではやっぱり先輩だし
尊敬の念は消えないものデス^^


技術は勝っても、どこまで行っても先輩と思えるのは
技術以上ものを持ち合わせていた素敵な上司だということですよね^^
そんな人にまた巡り会えたことも幸せなことですね^^



>引き継ぎの時は私よりはるかに年上の方なのに
書いたノートのチェックや書き方のアドバイスまでしたくらいで^^
人生では先輩なのにもし訳ないと思いつつも
ayaサンに負けず劣らず鬼だったと思います。(笑)

あはは^0^ まぁhimekichiさんがどんな感じだったかは想像できます(笑)
でも、そこにその人を思う愛があれば、必ずその時でなくてもあとからちゃんと
伝わっていると感じる出来事や言葉を頂くことがありますね。。^^
会社もですが、残された人達が困らないように整えておけるのが
一番ベストであり、そこに関わる人達への(お客様など)
おもいやりでもあると思います。


>行かないから関係ない。
その場にいないから責任はない。
のではなく居ないからこそ!ですよね^^


この言葉でふと原発のことを思い浮かべましたよ
今の私達の無責任さが未来の子供達のそのさらなる未来の子供達に
大きな荷物を残してしまったんですよね。。
引き継がれるものは、今だけのことを考えればいいのではなく
さらなる先を考えた想いを踏まえて自分達が何を残し伝えていくべきかを
考えなくちゃいけなかったんだと。。。
原発の問題だけではないけれど。。伝えることって今いる現在より
未来に跳ね返ってくるものなんですよね。。
  1. 2012/09/30(Sun) 14:57:47 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

私もayaさんのおっしゃる経験をしました。自分が培ったノウハウ。後継者を育成。とても大変なことですね。私はayaさんの意見に賛成です。が自分の思うようにいかないときは、何故? どうして?と悩みました。押しつけもいけない。ときどきストレスにもなりましたが…。
難しいテーマですね。ストレスをためないでね。
  1. 2012/10/08(Mon) 13:25:10 |
  2. URL |
  3. みどり倶楽部 #-
  4. [ 編集 ]

** みどり倶楽部さんへ**

こんにちは~^^ ご返事遅くなりました!


>自分が培ったノウハウ。後継者を育成。とても大変なことですね。
>が自分の思うようにいかないときは、何故? どうして?と悩みました

そうですね。。私も人に教えるとか、理解して貰うとか、そういう事では
随分悩んだ時期がありました^^ ストレスのあまり体中が蕁麻疹でみみず腫れになったりで^m^
今は、その時と違うのは、自分のものさしに人をはめようとするからだと、
上手くいかないのは自分が操作しようと思うから
自分で自分を苦しめることが多くなるのだと思えるようになってから
色んな個性の人がいるから、全てはなりたっていくのだと思えるようになり、
少しは成長したのか(笑)随分、自分自身が楽になりました。。

仕事をするうえで、どんなに誠意をもって仕事をしても、
その思いが伝わらないこともありますし、この仕事に向いていない人も確かにいたり。。
その人がその人のもつ才能や力を生かせる場所は
確かにここでないのでは?と思うこともあったりします。。
どんなに、人として良い子だなぁと思っても、この仕事をこなす上で。。と
考えてしまうと難しかったり^^仕事をこなすことはある程度補うことができても、
その人にやる気を持たせる=やりがいを感じて貰うっていうのが難しいなぁと思ったりしていました。。

>難しいテーマですね。ストレスをためないでね。

人相手ですものねぇ~**確かに^^
でも、大丈夫です。。きっと。。。人故に、自分が自分の価値観を押しつけようとしないで、
その人を理解しようと思える気持ちがあったら
なんとか上手く回っていくかな~とか。。
まぁ。。この先のことはわかりませんが、自分もまたそういう機会の中で、
成長させてもらっていることだけは確かなことですものね
ありがとうございます♪^-^
  1. 2012/10/10(Wed) 15:19:45 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

自分自身が今の職場に必要か不要かと考えた時に、俺の場合は俺が居た方が良いのは間違いないと思っていますが、俺じゃないといけないかというとそうではないと思っているのが、転職含めたジョブローテーションの必要性と思っています。
俺の代わりを若い奴にできるかと言えば今はできないし、何というか こういうのって年齢が云々って「世代交代」ではなく「適材適所」であるべきだと思います。俺は今の場所が自分にとって適材適所と思えないし、工数以外の観点では組織にとっても適材適所ではないからストレスなんだと思います。
お互いに「若手」ではないと思いますので、経験に裏打ちされて人の育成とか組織の強化ってところを期待されると思いますし、そうしないと物足りないと思いますが、自分のためと周辺のためを両立させていきたいものですよね。
  1. 2012/11/19(Mon) 02:57:04 |
  2. URL |
  3. ぐっさん。 #GX8l0vGE
  4. [ 編集 ]

**ぐっさん。へ**

こんばんは~^-^ コメントありがとう♪

>俺じゃないといけないかというとそうではないと思っているのが、
転職含めたジョブローテーションの必要性と思っています

会社、組織にとってはそうなんだと思います。
自分という人間がいないから組織が成り立たないかといえば
つぶれるような事はないわけで。。
今の仕事においてそれを担う人が自分以外に今はいなくても
その代わりを当てはめることをしていくのが会社なのですよね。。

世代交代ではなく、適材適所。。
確かにその言葉のほうがしっくりくるかもしれませんね。。^^
人はただ一つの場所にしがみつくこともなければ
自分が得てきた色々な経験はいくらでも広げる事ができるということで
そんな場所で自分らしく、自分の新たな能力を引き出せて
経験を生かせる場所を見つけていくことは、組織の為だけでは無く
自分自身にとっても大切な事ですよね。。
ぐっさん。のいうようにその場所が自分には向いていると思えるだけでも
日々の活力は随分違いますよね。。^^


>お互いに「若手」ではないと思いますので、経験に裏打ちされて人の育成とか
組織の強化ってところを期待されると思いますし、そうしないと物足りないと思いますが、
自分のためと周辺のためを両立させていきたいものですよね。



私も今の新しい職場で日々思うことが沢山ありますね~**
確かに年齢とか定年というのはあるのですが
結局の所、いくつであってもその場所でどれだけその仕事にエネルギーを注げるかって
年齢という言葉でかたづけてしまうのは割り切れないものがあり。。
仕事に対して自分の心の関わりの範囲はその人の考え方や思い入れみたいなものが
大きく影響してくるのよね。。

私は今の仕事を好きですか?って聞かれると上手く応えられない。
嫌いではないけど、好きかっていうと何かが違い。。
何の為にそこで働いていて、なぜその仕事を選んでいるのか。。
そういう疑問がふつふつと自分の中に湧いてきて。。
一言で「この仕事が好き」といえる人って凄いと思える。。
ただ、着実に仕事をこなしているだけの自分。。周囲にとっては
たぶん役にたっていると思うけれど、自分の中での何かが納得出来ないものがあるのは、
その場所で、その仕事にエネルギーを注ぎ込むことを
楽しいとかやりがいがとか、そういうものを求める自分がいないからなのか。。
日々、宝探しのように、何かを模索中の私です(笑)
ぐっさん。のほうはどうですか?^^
  1. 2012/11/21(Wed) 22:22:45 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlewishbyaya.blog68.fc2.com/tb.php/563-f3291d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。