・・夢をつなぐ白い糸・・

日々小さな出来事や、大好きな手作りの作品の 紹介などきままにのんびりUPしています・・。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

同じ目線で・・ :: 2010/03/29(Mon)

今日は以前の職場で後輩だったお友達に昨年2番目の子が生まれたので
ケーキ&手作り石鹸をお土産に、遊びに行ってきました。^^
この記事を書いた頃はまだ赤ちゃんだったお兄ちゃんの陸君も
もう3才となり、やんちゃな男の子って感じに成長していました。
私の姪っ子を抱っこしたり、あやしたりしていたのはもう遠い昔の事だから
赤ちゃんを抱っこするのは久しぶりですが、やっぱり赤ちゃんは癒されますねぇ~♪^-^


私は子供服に9年程勤めていたこともあり、そしてまた頭がもっとよかったら
幼稚園の先生にもなりたかったなぁと思っていた頃もあったので、
基本的に子供は好きというか、お友達になりやすい^m^
今の仕事場でも小さな子供がお母さんと買い物にこられますが、すぐにとけ込めます。
「へぇ~~。凄いねぇ♪」とか「教えてくれる?」とか「偉いなぁ~!」とか
言葉をかけるときの あの子供の自慢げななんとも言えない嬉しそうな含み笑いみたいな
顔を見ると。。小さな時から人は認められるということが何より嬉しい
生き物なのかもしれないなぁとつくづく思います。。^^

子供と話す時は、得に叱るときは目線を同じ位置にあわせて(親がしゃがんで)
叱るほうがいいともいわれますが
それは、きっと大人になっても同じかもしれませんね。。^^
同じ目線にたって物事を同じ気持ちで眺めてみる。。
そこから見えるものは、その人と同じ心の景色だから。。。
ほんの少し、自分がしゃがんでその人の心の背丈に合わせてあげることができたなら
人はもう少し相手の気持ちが読み取れるのかもしれない。。。

先週、久しぶりにJRのローカル線のパラパラと人もまばらにしか乗っていない電車に乗り
車窓から見える景色を眺めながら同じような事を考えていたことを想い出しました。
同じ場所でどう呟いたところで、自分が動かない限り外の景色が(心の景色が)
変わることはないんだよね・・。って^-^






  1. 想うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
<<桜・・sakura | top | ミルク石鹸>>


comment

おはようございます。
ayaさんは優しい人なのね。とっても・・・

私は子供は嫌いではないと思うけれど、どう扱っていいかわからず、子供の目線になりすぎて(?)、幼稚園児だった姪と絶交してしまう始末。(その姪も、もう中2だわ)
今でも、自分からあやしたりできない大人です。

あ、でも、いつだったか、夫の友人の子供4歳に大変気に入られて、ヘトヘトになるまで遊んだことがあったなあ。たぶん、私の英語レベルが4歳ってことなんだと思われ・・・・・


大人でも同じ。
そうかもしれませんね。

相手の立場、相手の目線になれば、相手も正しいこともわかるだろうし、そこに奪い合うものなどないこともわかるかもしれない。

実際には、自分が負けたような、何か失うような気持ちになったりして、これって何でしょうね。

心の景色。

なるほどねー。自分は動かず、景色や人だけ動かそう(変えよう)としてしまうのよね。
幸い、そうしていることに気付くけれども、また同じことをやってしまったり。



  1. 2010/03/30(Tue) 09:28:36 |
  2. URL |
  3. シエラ #-
  4. [ 編集 ]

ayaさん、こんばんは。
まぁ。。♪ 子供服に、9年いらしたのですね☆
(私も、ベビー&キッズ小物デザインを
     4年間していました。うれしいな)

子供の自慢げな様子、かわいいなぁって思います^^

そして。。 ”心の目線で、同じ景色を見る”
ほんとうに、その通りですね。

どんなときも、人の気持ちをやわらかく
汲み取ることのできる人に憧れます。

ayaさんは、そんな方だと思うなぁ。

インターネットでも、”言葉”って、自分で
思っている以上に、”人”を あらわしますね^^

「自分が動いて、景色(心)が変わる。」
私も。。大切にしたいなあって思います。

いつも素敵な日記をありがとう^^

  1. 2010/03/30(Tue) 20:22:41 |
  2. URL |
  3. sabo #-
  4. [ 編集 ]

子供って、純粋でひとつのきっかけや指導で何色にでも染まるんですよね。

最近は子供とは接していませんが、年配者(更年期障害+軽度のアルツハイマー)と接する機会があり、どう接したらいいか・・・接するたびに、私まで頭がおかしくなりそうでした。

歳を取ると子供になると言われ、又アルツハイマーは脳に刺激をあまり与えてはいけないというような事を聞いていて、介護に当たっている方はすごいと尊敬します。

すごい予断になりましたが・・・
大人も同じ立場か・・・、前の環境では同じ立場だと、一般常識が非常識なので、とてもそういう立場で見るのはとてもじゃないけど無理でしたが、思うに住む環境で、考え方が左右されるような気がします。

今、前の生活のいろいろな意味での後遺症でリハビリ中ですが、今の環境に感謝しています。
  1. 2010/03/31(Wed) 15:13:22 |
  2. URL |
  3. miya #q8Z0istI
  4. [ 編集 ]

**シエラさんへ**

シエラさん、こんばんは~^-^ 
コメントありがとう♪ ご返事遅くなりました。

>私は子供は嫌いではないと思うけれど、どう扱っていいかわからず、子供の目線になりすぎて(?)、幼稚園児だった姪と絶交してしまう始末。(その姪も、もう中2だわ)
今でも、自分からあやしたりできない大人です。

ぷぷぷ^m^ わかりますよ~**
私も初めから子供が得意だったわけではなくて
シエラさんみたいにどう扱っていいのかって感じだったんです。。
でもある日思ったんです。 
あくまで大人として子供に接しているのですが
叱ったりするときは別として 子供にとけ込もうと思うと自分は
大人だって事をちょこっと横においとくほうが入りやすいんだなぁって事に。。^^

だから、私は子供服にいるときも、今でもそうですが 小さい子が私に話をするときは
ため口だったりするんです(笑) 対等な感じなんですよ^m^ そういう子にとっては。。
でも、悪い事をして叱るときは大人としてなんです。^^
私は大人です!って感じを持たせる必要のある時と
そうでないときとの使い分けみたいな^^
話しやすいお姉さんって感じでもいいんです。
大人と違って小さな子供にはおべんちゃらやお世辞や
遠慮は必要としないのかもしれないし^^


>実際には、自分が負けたような、何か失うような気持ちになったりして、これって何でしょうね

そうですよね^^ 確かにそういう感情ありますよね。。
負けたわけでもなんでもないのに、そういうことで
そういうところに自分を見いだそうとするから
そこにしがみつきたくなるというか。。
そんな所に自分が求めているものなどないのにね^^
相手も正しいのだと認めること。。どちらに間違いがあるのでも無いと言うことを
「認める」という事に人は抵抗を示したくなるんですよね。。^^
自分の存在価値を失ったような気がするのか・・・

>幸い、そうしていることに気付くけれども、また同じことをやってしまったり。

そうそう。。。その繰り返しなんですよねぇ~^^
でも、それに気づき、また繰り返し、けれどほんの少しずつ、
過去の自分より成長した自分を見つける事ができたら嬉しいな~なんて思います^-^


  1. 2010/03/31(Wed) 23:44:13 |
  2. URL |
  3. #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**saboさんへ**

saboさん、こんばんは~^-^
コメントありがとう♪

saboさんも子供服の関係のお仕事だったのですね^^
小物のデザインですかぁ~♪凄い~!!
子供の身につける物は夢があっていいですよね^^
小さくて可愛くて大人になったら着たり持ったり
できないものもあって←当たり前か(笑)

そうなんですよね。。。
どうしても自分を中心に物事を回そうとしてしまうから その通りにいかないと、
外に原因を見つけ出してしまいそうになるけど
全ては内からのものでしかなく、自分の心の視野が広がる事が無い限り、
見える物も得るものも少ないのだなぁ~と頭で理解しながらも 心は上手く動いてくれなかったり^^

>インターネットでも、”言葉”って、自分で
思っている以上に、”人”を あらわしますね^^

そうですね^^同じ内容のでき事を違う人が書いたとしても
その言葉の表し方で随分違ったり。。。
saboさんのブログもそうですね^^
文章の書き方や 言葉の使い方など、saboさんの透き通るような
優しい穏やかな人柄がでていますよね^-^
それでいて時々見せるお茶目なところが可愛いんですけどね^m^

7月にお逢いしたときもその印象は変わらないような気がします。
大阪の叔母ちゃんって感じじゃ無いことだけは確か(笑)
私は・・・・・少し印象違うかもよ~~~^m^
  1. 2010/04/01(Thu) 00:01:20 |
  2. URL |
  3. #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**miyaさんへ

miyaさん、こんばんは~^-^
コメントありがとう♪

>子供って、純粋でひとつのきっかけや指導で何色にでも染まるんですよね。

そうですよね! ホントに磨けば輝くダイヤの原石みたいな感じ^^

>歳を取ると子供になると言われ、又アルツハイマーは脳に刺激をあまり与えてはいけないというような事を聞いていて、介護に当たっている方はすごいと尊敬します。


確かに年を重ねる度に子供に返っていくというのはその通りだなぁ~と思います。
でもその反面でやっぱり子供ではなくて 年を重ねてきただけの経験をお持ちなので
そこが子供とは接する上で違いが大きく出てきますよね。
アルツになっても当然のことながら体も心も経験も立派な大人なんですよね。。
だから子供をあやすのとは違うわけで。。そういう方達を理解し 介護しながら
生きる為に支えお手伝いしてくださるのですから
介護をしてくださる方々には本当にありがたいなぁと私もいつも感じています。^-^

>前の環境では同じ立場だと、一般常識が非常識なので、とてもそういう立場で見るのはとてもじゃないけど無理でしたが、思うに住む環境で、考え方が左右されるような気がします。

そうですね~^^
miyaさんの価値観とはとうていかけ離れた人達が集まり過ぎていたのかもしれませんね。。
環境は人の心さえも変えてしまうということももちろんあるわけで
。違いすぎた価値観に自分をあわせてしまえば 何が自分なのかさえわからなくなってしまいかねない。。
今の場所でそういうストレスも改善されるといいですね^-^

  1. 2010/04/01(Thu) 00:25:57 |
  2. URL |
  3. #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

ばんにゃ♪

私もよその子をあやすのは苦手ですよ^^;
これはペットとかでも同じ。
子供とか動物とかは、もちろん親や飼い主を
ちゃんと見分けてはいるけれど、大人よりはずっと
順応性も大きいんですよね。
だから、変に壁を作ってしまっている自分側の
問題なのだと思います。

まずは、気に入られたいとか引かれたらどうしよう?
みたいな気持ちがネックになっていたり(苦笑)
自分の子供やペットにはそんな気持ち抱かないものw

私自身は多分、母というものを知らずに育ったからか、
お母さんぽくないと娘達からよく言われるくらい
多分同じ目線で過ごしたときが多いように思います。
誰といてもどんな時も、誰かが上だったり下なんて
ことはなくて・・・。
立場的なものはあるけれど、存在としての価値は
みな同等なのですよね・・・^^
 
色んな思いが交差する中で、先ずは感謝の気持ちを持って
最後の週を過ごそうと改めて思いました。
ありがとね^^
  1. 2010/04/03(Sat) 21:31:07 |
  2. URL |
  3. あお #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは~^^

今でこそ 子供に対して少し余裕が出て来ましたが
こんな仕事をしながらなんなんですが 私 子供が苦手なんです ^^;
もう宇宙人!って思ってましたから。。(爆)
「出来て当たり前」という感覚 なかなかとれなかったですねぇ。。
でも 我が子を持ってからやっと慣れて来ました。
いや。。我が子ともかなり格闘しましたが^^;
子供にしても高齢者にしても同じ目線になるということ。。
簡単には出来ないけれど 経験や人との出会いから学ばせてもらえるのかもしれまえせんね。。
ふとこの言葉を思い出しました
「子供叱るな 来た道だもの。年寄り笑うな 行く道だもの。」

外の景色が悪いんじゃなくて 自分が心の窓をちゃんと磨いてないから見えて来ないのかもしれませんねぇ~^^
  1. 2010/04/04(Sun) 11:29:31 |
  2. URL |
  3. きょん #-
  4. [ 編集 ]

私は子供って苦手です。
うまく愛想ふりまけなくて。

あおさんと同じく
「気に入られたいとか引かれたらどうしよう」って
思ってしまうからかな。
すぐに子供に懐かれて一緒に遊べる人ってすごい!

私の母は、思いっきり上から目線でした(笑)
威圧的で「おかあさん」って感じじゃなかったなぁ。
そんなふうに見下ろされると
どうしたってその人に対して心を開けませんね。

同じ目線にたって物事を同じ気持ちで眺めてみる。。
本当に理解したいと思う大切な人になら
自然とそう接することができそう。。

色々考えさせられました。
自分の態度も見直さないと。。
ayaさんありがとう♪
  1. 2010/04/04(Sun) 22:43:17 |
  2. URL |
  3. あやち #-
  4. [ 編集 ]

**あおさんへ**

あおさん、こんばんは~^-^
コメントありがとう♪ご返事おそくなりました。
そうですね。。
子供の順応性はとても素晴らしい。。
なのに大人になっていくにつれ 薄れて?いくのよね^^

>変に壁を作ってしまっている自分側の
問題なのだと思います。

そうですね^^
きっと子供だけに言える事ではないのだろうけれど
子供はそれを敏感にキャッチしますよね。。
感受性が豊かなぶん、鋭いともいえるのかも^^


>まずは、気に入られたいとか引かれたらどうしよう?
みたいな気持ちがネックになっていたり(苦笑)

そうなんですね。^^
私はそこんとこがあまり無いのかもしれないですね^^
子供はそういう気持ちを捨てて飛び込むと
いい大人より、大きな懐で受け止めてくれるというか心を開いてくれるのかもしれません。
こちらが構えると鏡のように構えます。^-^


>誰といてもどんな時も、誰かが上だったり下なんて ことはなくて・・・。
立場的なものはあるけれど、存在としての価値は
みな同等なのですよね・・・^^

ほんと、あおさんの言うとおりだよね。。
命に順番や重さの基準が無いのと同じで
誰もが同じなんですよね。。

>色んな思いが交差する中で、先ずは感謝の気持ちを持って
最後の週を過ごそうと改めて思いました。

うん。。^-^ 知ってよ。。携帯から読んでたから。。またお邪魔してコメントするね。

  1. 2010/04/05(Mon) 22:00:13 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**きょんさんへ**

きょんさん、こんばんは~^-^
コメントありがとう♪ ご返事遅くなりました。

>もう宇宙人!って思ってましたから。。(爆)
アハハ(^○^)。。ある意味そうかもしれませんね。
何をしでかすか無限の可能性みたいなものを
大人より持ち合わせていますし。。


>「出来て当たり前」という感覚 なかなかとれなかったですねぇ。。

そっかぁ~**
きょんさんは自分に厳しい人なんだと思います。^^
だからとても頑張るし、それだから出来ること、得る事もたくさんあるし。。
だから、相手にも同じ事を望むというか出来て当たり前って思う部分もわくのかも。。^^

でも、それって大人の世界でも日常茶飯事に思うことだよね^^
私も、ついつい相手に「そんなの常識!」とか
「そんなん普通」とか思うことあるよ。。
それってあぁ~自分の基準だよなぁ~と気づいて反省。。でもまた忘れて繰り返し(*^^*ゞ

子供が苦手で・・・でも子供を授かり。。。
生まれて来てくれてよかったですね。。子供から教えて貰うことがたくさんできたから^-^


>「子供叱るな 来た道だもの。年寄り笑うな 行く道だもの。」

なるほど! ほんとその通りですねぇ~♪^^



  1. 2010/04/05(Mon) 22:12:41 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**あやちさんへ**

あやちさん、こんばんは~^-^ 
コメントありがとう♪ ご返事遅くなりました。

>私は子供って苦手です。
うまく愛想ふりまけなくて

ぷぷぷ、あやちさん、そこです!
上手く・・・とか、愛想とか・・が
子供には必要ないんですよ。。
無理して苦笑いしても、子供の心の視線はするどいんだから~^m^
顔が引きつるようなお愛想はなくていいの。。

自分がその小さな子供だったら・・って考えたら
どう大人に言われたら嬉しいだろう。。
どんな事を今話しかけてくれたら遊んでやってもいいぞ~!と思えるかとか(笑)^m^

>私の母は、思いっきり上から目線でした(笑)
威圧的で「おかあさん」って感じじゃなかったなぁ。
そんなふうに見下ろされると
どうしたってその人に対して心を開けませんね

そうですね^^
子供は大人の威圧感は苦手ですね。。
何も話せなくなる。。
あやちさんが子供の頃に感じたように、大人と子供の境界線を作らなければ
子供はたいがいは心を開いてくれますよ。。^^
仲良しになりたいな! 仲間によせてね!そんな感じで。。。

まぁ・・・私の場合は脳みそが子供レベルって事もあるけどね(笑)
なんせ、子供が 遊んでやってもいいよ!
うちに来たらいっぱいおもちゃあるから♪って感じですから(爆)

  1. 2010/04/05(Mon) 22:28:04 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlewishbyaya.blog68.fc2.com/tb.php/400-1aff4d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。