・・夢をつなぐ白い糸・・

日々小さな出来事や、大好きな手作りの作品の 紹介などきままにのんびりUPしています・・。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

不況の風がここにも。。 :: 2009/09/06(Sun)

私のいる繊維業界も 本当に厳しくて、私がこういう仕事についてから
ここまで全体的に厳しさを感じたのは初めてかもしれません。
まだバブルがはじけた頃のほうが、それでもまだマシだったようにさえ思います。

先日、私の所に課長&営業が来ました。 その理由はもちろん、
以前から察しがついていたとおり、減給です。
私は以前にも書いたことがありますが、今の会社の正社員ではありません。
派遣というか私の場合は直雇用なので契約社員というほうがいいのかな^^ 
もちろん、正社員さんも減給は立場によりけりですが、あります。

私に持ってきた話は 毎月25%強の減給。。。
それに加えて、私が今勤めている百貨店の競合店にもあたるお店に入っているショップへの転勤。
25%強の減給は、もともと契約上 退職金もボーナスもない契約社員にとっては
かなりどころか、本当に辛い給料です。
もともとそんなに多い収入なわけでもありませんから、それをまともに受けては
生活が出来ないくらい困ってしまいます。^^;
転勤に関しては私は以前の会社からよくあるケースなので抵抗はないのですが・・。



私がそう簡単にはい!と言わない性格なのは課長は良く知っています。
だから、言葉を慎重に選びながら話をしてくれました。
その課長もストレートな性格のかたであり、私も同じくはっきりと
自分の意見や意志を伝えるタイプなので 話が濁されることはありませんでした。

会社としての経費削減、利益を考える上で人件費削減が最終的に仕方ないことは
私にもよくわかっています。会社サイドの気持ちも理解はできますが
雇用している側だけではなく、雇用されている側の人間として意志を伝える権利があります。

色々1時間30分にわたって話をした結果。。。
会社側としては、減給もだけれど、その競合店のお店で20年くらいに渡り販売をしてきた
ベテラン正社員さんの定年退職後の売り上げを確保する為には私の移動は外せないというのです。
けれど減給はされるは、今のなれたお店を離れて転勤もして欲しいという
会社サイドの条件ばかりを、はい!と聞くわけにはいかないですよね。。



結果。。。私も会社の希望に歩み寄ります。だから課長も歩みよってください。
転勤がどうしても外せないなら減給は10%強にしてくださいという希望を伝えました。
私は減給の話があることはわかっていましたから電卓をもって話し合いに望みました。
数字で提示されることで明確でわかりやすいからです。^^
課長は私の給与の25%強にあたる減給が数字で提示されて 
自分で話を持ってきながら「そんなに?!」という感じでした。
私以外にも毎日のようにお店を回り減給の話をしなくてはいけないこともありますが
感覚がおおざっぱというか麻痺すらしているのかもしれません。

「自分の身は自分で守る」その為にたとえ無理だと思えても雇用されている人間として
自分の意志を伝える事は大切な事だと思っています。
そして、それを課長に納得して貰うためには、自分が日々の仕事の中で自分の評価を
持続して保ち続ける必要もあります。。
販売という仕事において、もちろんお客様にとってのサービスが一番。。
それと背中合わせに会社のシビアな数字面に対応するためには
自分の売り上げ実績をつくらなくては 話に説得力が無くなってしまうことすらあります。
ソフトな面とハードな面。。それはどの企業にいても同じことなのですが・・。


最終的に、私は転勤という条件とともに減給10%強という約束を交わしました。
それでも、かなりの痛手ではありますが・・。
毎日のように違うお店で人がやめたとか。次の働く店がみつからないとか、有給どころか
普通の休みさえままならないとか、そんな話ばかりが飛び交います。
いい話が聞こえてこないのですから寂しいかぎりです。(∋_∈)


私も昨日は少し気力抜けしていましたが。。それをどう捕らえるかは自分次第。
減給されても、働く場所があることを有り難いと思うか
毎日心に「暗」を抱き過ごす自分のままでいいのか、
今のこの不況を企業とともに乗り切るのは人も同じ。。

そう思ったら、次の転勤先のお店で私がどれだけの結果を出せるかを
考えるしか今はないように思うのですね。。
立ち止まっていても何も始まらない。。下を見て胸をなでおろすのでもなく
前を向いて今自分の出来ることを。。そう思う今日でした^--^

年を重ねる度に自分自身が思うこと。。
新しい所で一から始めるって、若い頃とは気持ちの上で尻込みしたくなる想いが強くなったなぁ~。
そして、また自分をアピールすることの必要性に若さは通用しないのですから
経験と実績で捕らえてもらうという部分がより比重が高くなっているということ。。。
キャリア・・・それにもの言わせるも 結局のところ自分自身の努力以外の何ものでもないのですね。。









  1. 想うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<「紐とくように。。」 | top | 来年用?のウェア>>


comment

こんばんは

ayaさん、こんばんは。
自分ならどうするだろうという気で読ませていただきました。
暗い気持ちになって、何も考えられなかったはず。

そう思うと、電卓で実数字を挙げて、
相手に訴える戦術、素晴らしいと思いました。
25%と言ったってピンとこないもんです。
相手と交渉するには大きな力でしたね。

もうそこに体験上のキャリアが存在すると思うんです。
人生って初めてのことにはパニック。
しかし何度も乗り越えていくうちに、知らず知らずのうちに
力(免疫力)が付いてくるものです。

いい例がわたしの入院。
健康な時は病院とは縁がありませんでした。
しかし、病気になり何度か入院していると、
点滴などにも慣れて・・・
大した度胸がすわるもんです。(わらい)

いい体験ですよ。ayaさんならだいじょうぶ!
  1. 2009/09/07(Mon) 17:23:28 |
  2. URL |
  3. まほ #-
  4. [ 編集 ]

**まほさんへ**

こんばんは~^-^
コメントありがとうございます♪

経験と共に、根性も座ってきて本番に強い私です(笑)^m^
経験。。。体験する。。それに勝る物はないのかもしれませんね。
どんなに想像したり思いめぐらせてみても
身をもって体験することには かなわない。。

そう思ったら、凹んだり転んだり泣いたりしながらも
過ぎていく自分にとっての時間は大切な事を
たくさん学ばせてくれているんだなぁ~と感謝です^^


>いい体験ですよ。ayaさんならだいじょうぶ!
ありがとう~!! まほさん♪^^V



  1. 2009/09/07(Mon) 22:45:45 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

ばんにゃ♪

私も他人事ではありません^^;
来月から私の勤めている会社は大きく変化するので。
取り合えず、首にはならないようですが。
私の場合は、遠まわしの減給ですね。
日給月給で、勤務日数を減らされたので。

変化に伴なって今まで加入していた生命保険を
脱退しなくてはならなくなり・・・。
団体から抜け、個人で掛けるとなると
想像以上の保険料となるようでどうしたものかと
思案に暮れております。
倍くらいは覚悟してたんだけどなー^^;
そんな甘くなかったのよ。

先日私も上司に色々と話をしました。
サービス残業を余儀なくされるなら、
勤務時間体制の見直しをしてはどうか?などなど。
感覚が大雑把というのは、色んな面でありますよね。
上の者は、広い範囲で見渡さなくてはならない分、
小さくても大事なことまで目が行き届かないというのも
あると思います。
自分の考えや想いを伝えることって大事ですよね^^
  1. 2009/09/09(Wed) 23:21:30 |
  2. URL |
  3. あお #-
  4. [ 編集 ]

**あおさんへ**

あおさん、こちらにもコメントありがとう♪
あおさんとこも、以前から会社的にそういう感じがでてきているっていってたものね^^;

このご時世確かに職を失わないだけ 有り難いと思うべきなのかもしれないけれど
金銭的な減給は確かに痛いね^^

私も、これがどのくらい続くのかはわからないし
景気が良くなったからといって、会社も早々に
減給分を戻すということはしないと思います^-^
少ない人件費でまかなっていけるなら、そのまま続行していくでしょう。。
そういう流れの中で、自分がどういう風に立ちふるまっていくかというのは
会社任せではなく自分自身がよく見て考えるというのも自己責任なのかなぁと思います^^

減給は痛いけど、でもそれをどこかで苦痛にばかりに捕らえないで
その中からやりくりをどこか楽しんでいけるものを
見つけられる自分でいたいと思うの^^

無いなら、無いなりに、 減るなら減ったなりに。。^^
過ぎた事に後ろ髪ひっぱられているより
前を向いてどうしていこうかと考える自分でいたいなぁ~って
今できることを、自分なりに。。

その積み重ねが、またいつか素敵な答えを自分の元に運んで来てくれる日を信じて。。^-^
  1. 2009/09/11(Fri) 22:48:54 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlewishbyaya.blog68.fc2.com/tb.php/361-ba81482e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。