・・夢をつなぐ白い糸・・

日々小さな出来事や、大好きな手作りの作品の 紹介などきままにのんびりUPしています・・。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

:: 2008/11/12(Wed)



あなたは 充分頑張ってきたのだもの。。。

この辺で、肩に背負ったその荷物を

ここに降ろしていいんだよ。。



小さな胸に一人で抱え込まなくても

さしのべるその手をしっかり握りかえしていいんだから。。



どうして人は出逢うのだと思う?

巡りくるその苦悩も その幸せも 

共に分かち合う為に 魂が呼びあうの・・。



人は一人では幸せなど掴むことはできないから

産まれ落ちては消えていくその命に

未来に続く魂を 神様はそっと込めてくれたのかもしれないね。。。






  1. 独り言
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
<<心暖かくしてくれるもの。。 | top | 煮物のような人>>


comment

自分のブログの記事を書いたあと
ここにきてみたら。。

>人は一人では幸せなど掴むことはできないから

私も、おんなじようなこと、書いてました。
それが、とてもうれしい。。
そしてやっぱり、ayaさんとは
「魂が呼び合って」出会えたんだと確信しました。
本当にありがとう!
  1. 2008/11/13(Thu) 00:20:47 |
  2. URL |
  3. あやち #Mq5ZM32k
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/11/13(Thu) 22:35:35 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

**あやちさんへ**

こんばんは~^-^
あやちさん、こんなコメントのしづらいというか
どうしたらいいかわかんない記事にコメント ありがとね^^

そうだよね。。
人は人によって悩みをもたらされるのだけれど
でもそれを取りのぞいてくれる手を貸してくれるのもまた人だったり。。
そんな関わりなしで人が成長したり
自分という存在を確認していく事はないのかもしれませんね。。^^

この小さな日本の中で渦巻くたくさんの人。
その中で、こうして人が巡り逢うことに
きっと意味をもたらすのは、私自身でもあれば あやちさん自信でもあり。。
きっと互いに何かを得るために人は出逢うのかもしれませんね^-^
  1. 2008/11/13(Thu) 22:59:48 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**管理人のみ閲覧できますさんへ**

こんばんは~^-^
うん!うん! それでいいと思いますよ。。
それを薄情とはいわないのではないですか。。
できない自分を責める必要もないです・・。

自分の心に余裕を持てない時に無理に背負う方が、
結果的には相手を傷つけてしまうこともありますからね。。
全ての事をやりきるのは無理ですもん。
一つずつ焦らずこなして行けばいいですよ。。
その為には、自分の体や心がどうあるべきかは
鍵コメさんはわかっているから大丈夫^--^

マラソン選手と同じ。。
初めから全力ではしったら、誰でも息絶え絶えになってしまいます。。
本当にゴールを目指すために、少しの余力を残しながら、
ゆとりをもって見つめられる自分でいてくださいね。。^-^
  1. 2008/11/13(Thu) 23:11:42 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

ayaさん。
ayaさんの詩は、何かの引用でなくてayaさんが感じたことですか?

私にとって肩の荷を下ろすことは=「怖いこと」。

私は人との出会いは、「縁」ではなくて「必然」と思うんだ。

出会うべきして出会う。
だからその手はちゃんと受け止めないとね。

違うかな、、、。
  1. 2008/11/14(Fri) 08:25:52 |
  2. URL |
  3. 優莉 #L8AeYI2M
  4. [ 編集 ]

** 優莉 さんへ**

こんばんは~^-^
コメントありがとうございます**

なんかわかりづらい詩でしたか?
たぶん、 優莉 さんと私の想いは近いものがあると思うのですが・・?^^

>私にとって肩の荷を下ろすことは=「怖いこと」。

それはその背中に背負ったものが優莉さんにとっては
生きるすべになっているからかもしれませんね。。
私であっても、優莉さんにとっても、これまでの人生の中で一番辛かったことは
確かにその時はただ辛いだけの想いの方が強かったかもしれないけれど
その時があったから、時を経て今の自分がここにあるのですよね^^
その辛い思いの果てに得たものや、その思いが心に深く残っているから、
大切にそして前を向いて生きていこうとするわけで。。。

ここまでたどり着く事ができたのは
自分だけの力でもなく、自分の周りで出逢った
その人達から大きな力も貰ってきたり、もちろん自分自身が乗り越える力を
養ってきたからで・・。

>私は人との出会いは、「縁」ではなくて「必然」と思うんだ。

私も同じ考えですよ^^
人の出逢いにはその人にその出逢いが必要だから出逢うのだと思っています。
そしてそこから互いに学ぶものが人をまた成長させてくれるのだと。。

今回の詩の
>この辺で、肩に背負ったその荷物を
ここに降ろしていいんだよ。。

という意味は自分が抱えてきた悲しみの上に乗り越え得てきた 生きるためのすべではなく
一人で抱えきれない苦しみを 自分がもつ心の容量を超えていると感じることがあるなら
差し伸べる人のその手を借りてもいいんだよ。。という意味なんですよ^-^
今それが必要な時であるなら、背の荷物をひとまず降ろし、一呼吸置いて前を向くための
エネルギーをやしなう事は無駄な時間でも
自分を弱いと責めることでもないという意味なんです^-^

私の詩は、私が誰かに宛てて書くときもあれば、自分の想いを書き留めたくて書いたり
ふと感じたことをそのまま書いています。。
人それぞれに感じ方や受け取り方も様々で
でもそれでいいと思っています。。^^
私の考えを正しいと思って書いているわけではなく、
今の瞬間の私がこう思うという事ですね^-^

また感じたこと素直にコメントくださいね^--^



  1. 2008/11/14(Fri) 21:28:38 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/11/17(Mon) 19:07:27 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

**11月17日の管理人のみ閲覧できますさんへ**

こんばんは~^0^
コメントありがとう**
またゆっくりメールにてご返事いたしますねぇ^^
  1. 2008/11/17(Mon) 22:22:38 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlewishbyaya.blog68.fc2.com/tb.php/323-80280aca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。