・・夢をつなぐ白い糸・・

日々小さな出来事や、大好きな手作りの作品の 紹介などきままにのんびりUPしています・・。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

受け取り返す想いの中に。。 :: 2008/03/23(Sun)

先日の「大切な人を看取る」の記事にたくさんのコメントありがとう^--^
何も見えない先の事考えてもしかたないよ。。といわれるような事だけど
そんな記事に対して、ありのままの心でコメントくださることは
私にとってどれほど勉強になり、心の視野を広げて貰えることか・・。

みなさんのコメントの中に間違った答えなどあるはずもなく
その瞬間、瞬間に感じるその気持ちは表現さえ違えど
自分の素直なありのままの想いを綴ってくださっている事は
どなたも同じだからです。。

私の記事だけではなく、それにくださるコメントを読んでまたそれに対して
自分の気持ちを綴ってくださる方もいて・・
私はそうやって自分の心の立ち位置を確認させてもらいながら
進んでいるようにも思えます^-^



人の心のスポンジは生きる過程の中で様々な汚れや毒や悲しみを
吸い取っていく。。
もちろん、嬉しい、楽しい、幸せという想いも沢山。。
ぎゅっと握りしめたスポンジからその手を放すとき
そこから溢れでるものは 優しさであり強さであり愛であって欲しい。。
たくさんの言葉や想いを投げかけながら、またそれを受け取り投げ返す。
そういう事の繰り返しの中から生まれるものは、決して不幸な想いなど
ないのかもしれないですね。
たくさんの生きる意味をみつける事ができる場所。。。
それは人と人のかかわりの中にしかみいだせないもののように思います^--^


  1. 想うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:16
<<なぜ嫌みをいいたくなるのか? | top | ローズの香りにのせて。。>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/03/23(Sun) 23:36:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

**管理人のみ閲覧できますさんへ**

こんばんは~^0^
コメントありがとう**
後でメールしますね^^
  1. 2008/03/23(Sun) 23:46:22 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

「大切な人を・・・」読みました。
泣けそうでした。・・・実はちょっと泣きました。
私も看取って欲しいなあと思いました。(オイオイ)
いや、本当に。(まだ言うか!)
頭で理解できることっていっぱいあるのに、心で理解できることはやさしさだとか愛情しかないんですよね、人間って。
いろんな不要な物を脱ぎ捨てたら、愛情だけが残っていた・・・・そういう人生だといいなあと思っています。
ayaさんがみんなに愛情を振りまくから、人間関係が愛や学びに満ちたものになるんでしょうね。
  1. 2008/03/24(Mon) 10:24:48 |
  2. URL |
  3. なが #-
  4. [ 編集 ]

ayaサン。こんにちわぁ。
実は昨日もayaサンのこの記事の事
考えていたんです。
もしかしてayaサンに何かあったの???
と心配になってコメント入れようか。
どうしようか・・・。っと悩んだり。
これは神様がayaサンへ通じて
私への何かのメッセージ???
なぁーんて^^
昨夜は主人と妹が夜中まで出かけてて
少し心配だったんです。
考えただけで涙が出てきて。
そんな私の顔をみて娘が
『はなみず・・・』
っと言って涙を拭いてくれました。
あの・・・。涙ですから^^;
っと言いたかったけどそんな娘の行動はすっごく温かくて。
本当にもっともっと大切にしないといけないデス。
  1. 2008/03/24(Mon) 16:24:15 |
  2. URL |
  3. himekichi #k87Cp.wM
  4. [ 編集 ]

ばんにゃ^^

ありのままの心を綴ってくれること・・・。
本当に有難く嬉しいことですよね。
ブログの醍醐味ってそこにあると言っても
過言ではないのではないかと思います。

受け取ること。投げ返すこと。
今の時代ってそこを避けている人が
増えているように思います・・・。
関わりたくない、見たくない、聞きたくない。
そうすることが自分の幸せに繋がるように
感じてしまっている人・・・。

そんな心が溶けてくれると良いですね・・・^^
  1. 2008/03/24(Mon) 18:44:07 |
  2. URL |
  3. あお #-
  4. [ 編集 ]

**ながさんへ**

こんばんは~^0^
ながさんの事、看取ってあげたいのは山々ですが
ながさんの愛する奥様には恨まれたくないので、ごめんこうむります!(笑)^m^

>いろんな不要な物を脱ぎ捨てたら、愛情だけが残っていた・・・・そういう人生だといいなあと思っています。

ほんとに。。そうですね^-^
私もそう思います。ふと気がついたら
歩いて来た足跡に残されているものは
人を純粋に愛する気持ちであればいいなと思います。。
ながさんは、家族だけではなく、お仕事でも
どこでも、幸せのタネを蒔いて歩いていらっしゃるんですよねぇ^-^
あのブログのタイトルは本当にながさんの想いそのものだなぁといつも思います。。
いつか本当にながさんにお逢いできるときが
くればいいのにな。。と思っているんですよ^--^
その時は・・・・たらふく、御馳走食べさせてください♪♪(爆)
  1. 2008/03/24(Mon) 22:15:15 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**himekichiさんへ**

こんばんは~^0^
himekichiさん、ごめんなさいね。。
よけいな心配かけさせてしまったかな?!^^;

心配してくれてありがとう**
私は何も変わったことはありませんよ。
毎日幸せに過ごしています^-^
日々、感じたいろんな事を率直に書いてしまうので。。びっくりしますよね。。
色んな事の中から、誰かが何かを感じ、そして私に返してくれる。。
そしてまたその事について私も考える。
そういう事ってきっと、とても大切な事で
有り難いことだなぁと思います^^

ひなちゃんは、himekichiさんやご主人様の背中をちゃんと見ているんですよ。
子供は愛を惜しみなく体いっぱいで表現してくれますよね。。
飾らないその心が、みんなを癒してくれるんですよね^--^
  1. 2008/03/24(Mon) 22:26:28 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**あおさんへ**

こんばんは~^-^

>受け取ること。投げ返すこと。
今の時代ってそこを避けている人が
増えているように思います・・・。
関わりたくない、見たくない、聞きたくない。
そうすることが自分の幸せに繋がるように
感じてしまっている人・・・。

そうですね。。
確かに嫌な気持ちと向き合うことは、自分を負の気持ちに誘うこともありますね。。
ただ、前を向いて自分らしく生きていくというのは、そういうことにも目を見開いて
しっかり見つめて生きていける自分でもあるということかもしれませんね。。
私は不器用ですから、目の前にある課題から目をそむけて生きる事が苦手なんでしょうね。。
でも、その遠回りのように見えるその道も
実は近回りだったりするのかもしれないと思っています^-^

私は、たくさんの事を吸収して生きていきたいんですよね。。
それは自分の目に映るものだけではなく
誰かが目にして感じたことも、教えてもらって勉強したいんですよね。。
命あるものから学ぶことに、無駄なものなんてひとつもないですものね^^

  1. 2008/03/24(Mon) 22:36:56 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

こんばんは(´▽`)
私も、ayaさんと似てるのかなぁ。
目の前にある課題から目をそむけることが
できなくって
ついつい、真正面から真剣にぶつかってしまいます。
だから時に粉々に砕け散ります。
もっとさらっと右から左へ聞き流せればいいんだろうなぁ。。

あおさんがおっしゃってるように
ありのままの心を綴れる場所こそが
ブログなんだと思います。
普段の生活の中では、こっぱずかしくて
口には出せないよー。
私はこの2年で、いったいどれだけ吐き出してきたかな。
そんなとき、いつもいつもいつもいつも
ayaさんは、正面から向き合ってくれました。
ほんと、心から、ありがとう(*^-^*)
あらためて、これからもよろしくです♪
  1. 2008/03/24(Mon) 23:51:14 |
  2. URL |
  3. あやち #Mq5ZM32k
  4. [ 編集 ]

優莉です、、、なが~いコメントですが、、、。

大切な人を看取る・・・。
優莉は、見取れなかった・・・。

まだ暖かい、、そして、まだ薄いピンク色の顔をした、、、でも、泣いてくれない。動いてもくれない。

ホンの50㎝もみたない、私の血を分けた娘が腕の中に、、。
それが『優莉』です。

斎場で火葬されるまで「ごめんね、ごめんね」と何回も何回も彼女に謝り、、、

そのあとも彼女の事を想い涙を流す毎日、、。

私が彼女の名前をペンネームやハンドルネームとして使いはじめたのは、
「彼女を忘れたくない」
という事もありますが、、

ある方に
「その子は、親孝行な子なんだよ。
 未熟な身体で、それも障害を負って生まれたら
 お父さんもお母さんも苦労するから、、
 そう思って、彼女はお腹の中で受けた
 両親からの愛情だけをもって旅だったんだよ。
 だから、悲しまないであげなさい。
 親思いのいい子だったんだよ。。」

私は文章が下手なので私が感じたようには、うまく書けませんでしたが、私はこの言葉で本当に救われたのです。

それから私は、彼女の名前『優莉』を使って活動しています。
それは、優しい彼女をずっとそばにおきたいと、、。
今では、彼女の名前でたくさん活動しているので
『一心同体』
になっているかもしれません。

ayaさん。
私も大切な人は、看取ってあげたい。
私の顔を見ながら、、、手を握られて安心するならそうしたい。

そのあとにおとずれる悲しみは、もう一度経験しているからね。
子供を失う以上の悲しみはもう訪れないとおもうから、、、。

優莉ってこんな人ですよ、、。
  1. 2008/03/25(Tue) 14:20:07 |
  2. URL |
  3. 優莉 #L8AeYI2M
  4. [ 編集 ]

「大切な人を・・・」の記事読ませていただきました。
私は子供のときから「死」といぅ事を考える子供でした。
「死ぬ」ってどういぅ事なんだろうって・・。
この世に生を受けた人が必ず行き着くところはこの世を去るといぅ瞬間。
そしてそこから又とらわれのない天上の世界へと帰っていく出発の日。
私が今思っていることはこの瞬間まで自分も自分の周りにいる人も「幸福感でいっぱいだ」って思えるように生きること、そして自分が看取る側に立った場合看取られる人から「楽しい幸せな人生だった」といぅ言葉が聞けたらいいなって、私が看取られる側なら「あなたと一緒で本当に幸せでした」って言いたいなって。
その瞬間を作るために1日を素晴らしい日にしたいなって思うんです。
「死」といぅ物をあまり悲観的なものにしたくないといぅのが本心です。
だって皆が通る道ですものね!
やさしいayaさんに看取られる方は本当に幸せな方だと思います!
これからもそういぅやさしいayaさんでいてくださいね。
  1. 2008/03/25(Tue) 18:40:40 |
  2. URL |
  3. yuko #Xlf.8pIU
  4. [ 編集 ]

**あやちさんへ**

おかえり~^0^
そうですね。。
リアルではこういう話もしないしブログって
第2の自分の成長の場でもあるね^^
ブログだからこそ、あやちさんや私と同じように
リアルでは見せない胸の内を見せれるということは
良い意味でたくさんの方の心の内を知る場でもあると言うこと。。

不器用な生き方でも、自分らしい、自分だからこその
人生ほど素敵なものはなく。。
心の枝葉に緑をつけ花にしてそれを見つめる人の心も
優しくすることのできる女性になれるようにお互いガンバ(^○^)
こちらこそ~~これからも、仲良くしてね^^
  1. 2008/03/25(Tue) 21:48:14 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

ayaちゃんの記事を読んだり
みなさんのコメントを読んだりして

いろいろな考え、受け止め方があるコトを
思ってました。
よくayaちゃんが言っている
人と人とのつながり・・って、ゆーんでしょうか
こうやって、みなさんのコメントを読んでるだけで
すごく人生の勉強だなぁ・・と感じたり
優莉さんのコメントを読んで涙がでたりしてました。

私は一人っ子で母親っ子でした。
亡くなった時は、叔父さんに母を見ててもらい
遅い夕食をとってました。
食べようとしたら、今、亡くなったと言われ
最後は看取れませんでした。
なぜか、最後を看取れなくて残念という
気持ちにはなりませんでした。

涙は出ませんでした。当日も
お通夜もお葬式も涙は出ませんでした。
ナゼでしょう。
現実を見つめたくなかったからですね
大好きな母が亡くなったのを、見つめたくなかったのですね。

泣かなかった分あとから
ドーンと反動で母の居ない現実を味わい
心が張り裂けるような気持ちになったりしました

教訓として
泣ける時は泣いておきましょう。

あぁ・・・また、話がズレてるアタシ(ーー;)
p.s水没携帯のデーターは無事でした。
新しいワインカラーの携帯に機嫌はなおり
リーゼントから脱出しましたわ^m^


  1. 2008/03/25(Tue) 21:56:38 |
  2. URL |
  3. mami #-
  4. [ 編集 ]

**優莉さんへ**

こんばんは。。^-^
優莉さん、辛いお話を書いてくださり、本当にありがとう。。
「優莉ちゃん」。。その名前の通り優しい子だったのだと
私も思います。。。
外の世界をまだ見ないその子が優莉さんの心というフィルターを通じて
お腹の中から外の景色を感じ、愛を感じていたように
今は優莉さんが見つめる眼を通して、耳を通して、心を通して
一緒に歩いているんだと思います。。

これからも、優莉ちゃんと共にたくさんの素敵な風景を、素敵な音楽を、
素敵な出逢いをどうぞ重ねていってくださいね。。^--^
姿は見えなくとも、人の魂は愛すべく人の心に宿るのだと私は信じているんです。。


  1. 2008/03/25(Tue) 22:22:47 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**yukoさんへ**

こんばんは~^-^
私も「死」というものが怖くて受け入れられない時期がありました。
いつか誰しもが通る道なのに受け止められなかったのです。
けれど。。いつの頃からか、同じ命つきる日が来るのなら、
「色んな事があったねぇ。。でも楽しかった。生きて来て良かったよ。出逢えて良かった」
そう最後に心からそういえる人生を送りたい。
それは平坦な道では無いからこそ、言える言葉なのかもしれないと思っています。

だから、どんな凸凹な人生も、辛さの中から楽しさを見いだせる人でありたいと思っています。。

「この世を生きてこの世を去る」というのは
自分の心の磨いた魂をまた次の世を生きるものにつないでいるのだとそう思う。
決してそこで終わりなのだと思いたくはないですね^-^
yukoさんのおっしゃるようにその瞬間を作るために
1日を素晴らしい日にしたいなって・・
私もそう思います^--^
  1. 2008/03/25(Tue) 22:39:56 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**mamiちゃんへ**

こんばんは~^-^
mamiちゃんはお母さんっ子だったのね。。
現実を受け止められない心。。
日を追う事にいないことの現実を突きつけられる心。

涙がでない・・わかるような気がします。
私もある出来事に出逢ったとき(それは人の死ではありませんでしたが)
その現実がいわれている内容が受け止められなくて涙がまったくでませんでした。
そんな自分がよくわからなくて。。「泣いても良いんだよ」
そう言われた一言で心の底から沸き上がるような
嗚咽のような声を出して泣いた事がありました。
それは人生の中でその一度きりでしたが。。
人の死を受け止めるというのは、そう簡単な事ではなく、
大切な人であればあるほど拒絶する心が認めてはくれないですよね。。


何々??携帯無事でしたか^^良かったね♪
でワインカラーとな?!
えらくお洒落なカラーではないかいな!(笑)




  1. 2008/03/25(Tue) 22:56:29 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlewishbyaya.blog68.fc2.com/tb.php/262-ef649053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。