・・夢をつなぐ白い糸・・

日々小さな出来事や、大好きな手作りの作品の 紹介などきままにのんびりUPしています・・。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

大切な人を看取るとき :: 2008/03/21(Fri)

自分の大切な人の。。。
自分にとってかけがえのない人が、ある日突然自分の前からいなくなる
不安や怖さを覚える事は、少なからず誰にでも経験があるかもしれませんね。^-^

私は若い頃。。こんな風に想っていました。
大切な人であればあるほど、その人が万が一いなくなることの不安がぬぐいきれず
自分一人が取り残されてしまったら、生きるすべを無くすだろう程
もろく弱い自分が見える。。
そんな時、恐ろしくその不安がぬぐいきれず、もしも同じ命つきるなら
大切な人より先に死にたいと。。
そしたら、抜け殻のようになるだろう自分と向かい合わずに済むし。。と
自信がなかったのです。。生きていくことに。そして生きていけるだろう自分に。。


今の私がもしもそういう事が起きたとしても決して乗り越え
生きていける自信があるわけでもなく、抜け殻にならないという自信もまったくない。。
きっと抜け殻になるだろう。。泣き暮らすだろう。。
 けれど、その時と一つだけ変わった事。。
それは・・「自分がその大切な人の命がつきるとき、それを看取ってあげる役目でありたい。」
そう思うようになりました。。

自分の抱える不安より、自分の越えなくてはいけない悲しみより
大切な人に辛く悲しい想いをさせたくはない。。
一人残され、ただ時間が流れるのを祈るように待つような・・
何かにすがりたいその辛さを唇をかみしめこらえるような・・
その時そんな想いを大切な人にさせるくらいなら、自分がその役目を担おう。。

自分の腕の中で命つきるのを見届けてから、一人取り残されたその辛さは
私がひきうけよう。。だからその為にも私は大切な人より長く生きなくてはと。。
1分でも、1時間でも。。その人より長く。。
 けれど、人の命の灯火がいつ消えるのかなんて、誰にもわかることでもなく・・
ただもしも同じように生きていけるとしたなら、私はその人にとって
そういう立場になりたいと、そう思うのですね。


もしもその立場になれなかったら?・・・
辛さを乗り越え生きて欲しいですよ。。大切な人に。。。
悲しみの後に待っているたくさんの幸せをもっと感じて生きて欲しいから。
私のぶんまで幸せになって欲しいから。。^--^
あなたならどう考えますか?






  1. 想うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:16
<<ローズの香りにのせて。。 | top | 筋肉?>>


comment

ayaサン。こんにちわぁ。
私は未だにayaサンの若い頃の心境と同じです。
もしも主人に何かあったら・・・。
もしも娘に何かあったら・・・。
考えるだけでぞっとします。
自分の方が先にっと思ってしまいます。

娘が生まれる直前。
出産時何かあったら子供の命を選択してね。
っと主人に伝えたらあっさりNOっと言われました。
それは自分が悲しむのが嫌なわけでなく。
夫婦揃っていればまた子供は授かれるかもしれないから・・・。っという意味でした。
ケド。
今の私は同じ事を心から言えるかなぁ?
死ぬのも看取るのも本当に恐怖です。

が。いつか必ずその日はやってくるんですよね・・・。

主人と気まずい雰囲気の中
仕事に出かけていくと
このタイミングでは何も起こって欲しくないって
いつも思います。
だったらもっと大切にすればいいのに。
って自分でも思うんですけどなかなか。

120%頑張っていても何かあったら
きっと後悔するのでしょうけど
もっともっと相手を思いやる気持ちを
持たないといけないなぁ。って思います。

  1. 2008/03/21(Fri) 11:36:37 |
  2. URL |
  3. himekichi #k87Cp.wM
  4. [ 編集 ]

ayaさん、こんにちは。
私は遺された家族のことを思っているんです。
自分が先の場合です。
遺された家族が罪悪感や後悔を持ってほしくないので、
我慢せず甘えることにしました。
これならやれることはやったと思ってくれるからです。

また、相手に負担がかかりすぎて、早死には嫌なので、
無理をしないよう、健康に気をつけます。

子どもには、親がいないと生きていけないようでは困ります。
大人なので、あまり口出ししません。
頼れるのは最終的に自分です。
自分で決められるように、もっていっています。
(というか、私は耳が聴こえないので相談ごとは夫)

>もしもその立場になれなかったら?・・・
>辛さを乗り越え生きて欲しいですよ。。大切な人に。。。
>悲しみの後に待っているたくさんの幸せをもっと感じて生きて欲しいから。
>私のぶんまで幸せになって欲しいから。。^--^

全く同感。
どちらが先になるか、明日のことはわかりません。
だから今日のことは今日、ありがとうをいっぱいいっています。

私は2度死にかけているので、
今日やれることは先延ばししないことにしています。
後、家族が出かける時は必ず目をみて、行ってらっしゃいです。
まさか…という突然の別れで悲しんだ人をいっぱい見てきましたから。
  1. 2008/03/21(Fri) 17:01:59 |
  2. URL |
  3. まほ #-
  4. [ 編集 ]

わたしも
そうやって
相手を思えるようになりたい

でもつい自分が淋しいとか自分が自分がになってわがままな自分がいます

  1. 2008/03/21(Fri) 19:38:50 |
  2. URL |
  3. みるく♪ #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは^^

ayaさんすごいね。本当にすごい。
やっぱりayaさんは素敵な人だ・・・^^

私は正直そこまで考えていませんでした。
どちらの立場になっても精一杯やるだけ。
なるようになる。なるようにしかならない。
そんな感じかな・・・。

もちろん看取る側になった時は心を尽くす。
看取られる側になった時も心を尽くす。
それは私の中では当たり前のこと。

だけど、敢えて自分が引き受けよう、引き受けたいと
願ったことはなかったかな。
そして自分が先に逝きたいと願ったこともないわぁ・・・。
  1. 2008/03/21(Fri) 20:35:03 |
  2. URL |
  3. あお #-
  4. [ 編集 ]

小さい頃、いつも考えていた事を思い出しました。
もし家に強盗が入ってきて、おばあちゃんを人質にとられたら
代わりに私を殺して下さいってお願いしようって。
おばあちゃんが痛い思いをするなんて、
可哀想すぎるから。
でも、ただ単に、ひとりぽっちになりたくなかっただけ、
すっごく自己中な考えだったんだと
ayaさんの記事を読んで気づかされました。

大切な人が、突然自分の前からいなくなったら
私はどうしよう。。
自分の死って、実はそんなに怖くなかったりします。
それよりも、今は母を失う事のほうが数千倍、怖いです。
これも自己中なんかなぁ。

どんな悲しいことが待ち受けているかわからないのが
人生ですね。
すべてを、受け止めていくしかないですね。
  1. 2008/03/21(Fri) 22:35:28 |
  2. URL |
  3. あやち #Mq5ZM32k
  4. [ 編集 ]

**himekichiさんへ**

こんばんは~^-^
himekichiさんの気持ちとてもよくわかりますよ。。
怖いです。一人残されると考えるだけで。。

きっと、120%と思える生き方ができたとしても、
人は心の片隅のどこかに少なからず後悔というか
してあげたかった事やし残した想いが残るのだろうと思います。

自分が後に残されたとき、そういう想いを多く抱いて
生きていかずに済むように、ありのままの
自分の想いで素直に向き合って生きていたいと思います。
たくさんの出来る限りの愛情を相手に伝えていける自分でいられるように。。

今、ここにこうして元気でいてくれる事が
どれだけ有り難く幸せな事かを、日々の慌ただしさの中に置き忘れてしまうことがないように
いつの時もせいっぱい愛していたいですよね^--^


  1. 2008/03/21(Fri) 22:39:00 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**まほさんへ**

こんばんは~^-^
>遺された家族が罪悪感や後悔を持ってほしくないので、
我慢せず甘えることにしました。
これならやれることはやったと思ってくれるからです。

まほさんは、わかってらっしゃるんですよね。。
時に甘えることも大切な役割を果たす愛情だという事を。。。
自分がどうすることが家族を幸せにして
まほさんの大切な方達が辛さを乗り越えられる強さを
もちそなえてくれるようになってくれるかを。。^-^

目を見ていつの時も送り出す。。
大切な事ですよね。。本当にそう思います。


  1. 2008/03/21(Fri) 22:49:51 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**みるくさんへ**

こんばんは~^-^
いつの時も、幾つになっても、人は時に寂しさを胸に抱いていますよね。。
自分勝手なんでもなくて、その寂しさを自分の中で受け止めきれないときもあるんですよね。。
私もそうです。。まだまだ寂しさを受け止めきれない弱い自分がいます。
いえ・・きっと受け止めきれる人などいないんだと思いますよ。。
自分がして欲しい事を望めば、いくらでも心から湧いてきますよ。わたしもね^^
けれど、どんなことよりその人が幸せな気持ちで毎日を過ごして欲しいと思う。
その為に、私が伝えられる想いがあるのなら
惜しむことなく自分の事より先にしてあげたいとそう思っています^--^
それが、私がその人にできる今現在でのありったけの想いだからです。
  1. 2008/03/21(Fri) 23:07:17 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**あおさんへ**

こんばんは~^--^
なんだかんだと私は一人で考えてますが
結果的にはなるようにしかならないのだと
思うのですよ。。^^

でも。。。どこかでその腹をくくらないと
きっと無くす事の怖さを痛切に感じ取っているのだと思います。。
そして、それはきっと相手も同じ事を思っているのだと、
私自身も感じ取っているからでしょうね。。
大切な人だからこそ生きていて欲しい。
けれど。。残す方の辛さより、残される側の
辛さを味わって欲しくないと思ってしまのです。。
それはあくまでも私の中での判断でしかないのですけどね^--^
  1. 2008/03/21(Fri) 23:17:48 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**あやちさんへ**

こんばんは~^-^
私も同じような事を考えていたことがありますよ。。
そして、私はこの人の為に命を変わりに落とせるだろうかと。。

そう。。それは本当にその場になったとき
無理かも。。
っていう想いがずっとありました。
そんな自分がなんか嫌でしたね。。
自分の命が私はなにより惜しかったからです。(自分の命が大事なのは当たり前ですが
それ以上に大切なものが見つかっていなかったとも言えます)
あやちさんは自己中でもなんでもないんじゃないでしょうか。。^-^
お祖母さんの変わりにと。。言えるだけ素晴らしいですよ。。
それだけお祖母様を大好きだったんですよ。
自分が守ってあげたかったんです。。

私の今のその守る想いは。。大切な人を自分の腕の中で看取ってあげれる自分でいたいという事です。
無くすことの辛さをわかるほどに大切な人にその想いを味わわせずに済むのなら。。という想いです。

でも。。。いざとなったら、どうなるんでしょうね。。自分でもわかりませんよ。
耐えれるかどうかはね^--^

  1. 2008/03/21(Fri) 23:31:36 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

こちらにもお邪魔します。
この記事を読んで、思い出したのは、
5年前に亡くなった兄の事でした。
私は兄が倒れた事も亡くなった事も、
入院中のベットで聞きました。
それに倒れる前日には、私が入院してる病院まで来てくれて、帰る時の
『じゃあ、またな』
が私への最期の言葉になりました。
入院中という事もあって、
兄に何もしてあげれなかった事が、
今でもすごく後悔しています。。。
が、
残された事は言葉に表せれないくらい辛い事だけど、
その分強さを身につけられると私は思います。
強さと言う言葉の使い方があってるか、
分かりませんが。。
それに私もまだこの答えは分かりません。。
  1. 2008/03/22(Sat) 19:07:51 |
  2. URL |
  3. やまち。 #-
  4. [ 編集 ]

**やまち。さんへ**

こんばんは~^-^
残す方も辛い心中があるのだと思います。
もし私が先にこの世を最後にするとしたら
後に残す人が元気で乗り越えてくれる事を
ただただ祈るばかりです。
そして、まだまだ一緒にいたいという想いは消せはしないでしょう。。

私が、この記事の内容を自分の中で考えるようになったのは28の頃、
互いに結婚を心に決めていた人と引き離される環境に置かれた事がありました。
その時の、私は毎日仕事も手につかず,
家で寝そべるように時間がたつのをただ眺めて過ごしていました。
まるで夢遊病者のように行く当てもない道を歩き、生きる気力をなくしていたんです。
きっとその出来事は、私にとって別れる事の怖さを心に植え付けたかもしれません。
その変わりに、強さも備えてくれたでしょう。。
その時期は人生の初めの私の転機ともいえる時期だったかもしれませんね^-^

そう言う出来事も含めて大切な人と離れる事の怖さはある意味、
私の中ではとてつもない恐怖なのかもしれません。
その想いを・・残された側の想いの方が
私の中で大きいのでしょうね。。

だから。。そんな想いを大切な人に・・
もしも命に順番がつけれるなら・・
させたくはないと思ってしまうのかもしれませんね^--^
難しい想いですよね。。
人それぞれ、その時にならなければわからないですものね。。

  1. 2008/03/22(Sat) 20:54:25 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

ayaさん、こんばんは。
若い頃からずっと考えていて、でもそれを考えるだけで怖くて、自分があとに残されるのはいや
私はそう思っていました。
自分はその悲しみには耐えていける自信はないと思うから。
親と子はやはり歳の順でないと、逆さを見るのはやはり悲しすぎると思います。
夫婦やパートナーだと・・・男の人が先の方がと一般的には言われますが
私は愛する人を失う悲しさに耐えられない気がして。
自分の方が先に逝きたいと思うのも、かけがえのない人にめぐり逢えたという証しなのかもしれませんが
もし、私が先にいなくなっても変わらない生活を送れるなんて言われちゃったら、これも寂しいですね~(^_^;)
↑のayaさんのコメント、別れる事の怖さと強さ・・・
複雑な思いで読ませていただきました。
心の中で、まだまとまっていない自分がいます。
  1. 2008/03/23(Sun) 00:37:21 |
  2. URL |
  3. まゆみ #N.vW.TCs
  4. [ 編集 ]

結構生きていると色々なことに遭遇しますよね。

私も身近な大切な人、親友や親戚を失い、何も出来なかったこと、あの時どうして行かなかったのだろう、約束を守れなかったこと・・・未だにあの時の後悔が夢の中でよみがえる時があります。

これは私の個人的な考えなのですが・・・
今、生きている私の大切な人たちと一緒にいる時間がかけがえの無い時間であり、その人が近くにいようがいないが一緒だと思います。
”離れていても、心はつながっていたい”それは、私のわがままな気持ちです。。。

いつかは私も同様、別れがやってきます。

"私が亡くなっても、絶対に悲しまないでください。新たな旅立ちなので、笑顔で見送ってほしい・・・"
彼は、1年と言う死の勧告を受け、残り少ない命のともし火を一生懸命生きていました。
そして、残される家族、親友のことを常に気を使っていました。
正直、未だ思い出すだけで涙が出てくるので思い出話はこれまでにしてと。。。

私は彼のように振舞うことは出来ませんが、この世に残すこと、やれることはやって生きたいです。

大切な人の死や自分の死のことを考えるよりも、今はどう楽しい時間を一緒に送れるか、笑顔の時間を長く維持できるか。。。それが簡単なようで難しい私の課題です。

だって、私や大切な人の命の炎が消える前に辛いことや気を使うようなイメージを持たせるのが辛いから。
  1. 2008/03/23(Sun) 06:55:11 |
  2. URL |
  3. miya #q8Z0istI
  4. [ 編集 ]

**まゆみさんへ**

こんばんは~^-^
きっと怖くない人なんていないんですよね。。
私もとっても怖い^^考えるときりがなく。。
考えたところでどうなるわけでも、その通りに行くわけでもないんですよね。
現実的には。。
きっとそう言うことを考えながら、自分の気持ちの流れや立ち位置を
確認しているのかもしれません。。私の場合はですが^^

>私が先にいなくなっても変わらない生活を送れるなんて言われちゃったら、
これも寂しいですね~(^_^;)

あぁ~~それよくわかります。
私も言われますよ。。よく(笑)
でもそれが本心で無いことはまゆみさんが一番よくわかってらっしゃいますよね。。
照れ隠しでもあり、愛情の裏返しでもあり
そういう事(いなくなるという事)を考えたくないのかもしれませんよ^-^


  1. 2008/03/23(Sun) 23:13:53 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**miyaさんへ**

こんばんは~^^
>離れていても、心はつながっていたい”それは、私のわがままな気持ちです。。。

わがままでもなんでもないですよ。。
遠く離れているからこそ、側にいるより
強く繋がっていたいという想いは、純粋な気持ちだと思います^-^

>大切な人の死や自分の死のことを考えるよりも、今はどう楽しい時間を一緒に送れるか、笑顔の時間を長く維持できるか。。。それが簡単なようで難しい私の課題です。

そうですね。。
先の未来より今が大切♪
私もいつも精一杯の想いを伝えられる自分でいたいと思います^--^



  1. 2008/03/23(Sun) 23:23:52 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlewishbyaya.blog68.fc2.com/tb.php/260-83a102fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。