・・夢をつなぐ白い糸・・

日々小さな出来事や、大好きな手作りの作品の 紹介などきままにのんびりUPしています・・。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

素敵な言葉・・素敵な想い :: 2007/08/04(Sat)

010.jpg


photo by NOION


今日、いつもお邪魔させていただいている、まほさんのブログを
読んでいて、私なりに本当にそうだなぁ~と思った事が
あったので記事にさせていただきました。
上手く伝えられるかどうかわからないけれど・・。

人は誰しも同情されるということを嫌うのが
一般的な感情かもしれない。。。
見下されているという感情が湧くからかもしれないですね。
それは、自然に私もそういう想いでいたし
同情という想いや可哀想にの言葉がときに
嫌いに思える出来事もあったり。。

けれどこんなまほさんの言葉でふと思ったんです。。
その通りだよ。。自分もそこから始まってるよ・・。
少し勘違いして、捕らえていた自分を反省。。




もしも目の不自由な知らない方が駅の階段を上っていたとします。
それを見て発する言葉はあの人「可哀想に」という言葉から
始まるかもしれない。。
それを口にして本人に言う言葉をあなたならどう捕らえますか?
自分がもしその目の不自由な人だったらどう受け取りますか?

同情なんていらないよ。。。
哀れまないでよ。。そう思う人もたくさんいるでしょう。
「可哀想に」の言葉の中には発する人のいろんな想いが
隠されているのですから、素直に受け取れない事も
たくさんあります。。私も同じです^-^

けれど・・・人が人を同情する、すなわち同じ気持ちを
共有しようと思うその気持ちの出発点は、そういう
「可哀想に」と思う気持ちから繋がっていくのでしょうね。。

可哀想に・・・辛いだろうな・・・何か手伝えることあるかな・・
頑張って欲しいな・・応援してるよ。。
そんな風に。。
哀れみの心とは誰かと分かち合うという心。。



本当の優しさは同情からはじまり・・
応援に変わるもの。。




相手が自分を可哀想にと思う・・。同情する想い。。
それは自分を理解してもらうための
入り口なのかもしれない・・。
その入り口を、拒絶した瞬間から
自分を理解しようとする気持ちの扉まで
締めてしまうことになる。。
そして私の気持ちの何がわかるのかと
はねのけて、そこで立ち止まるのかもしれない。。


自分の事を理解してもらえる
はじめの一歩。。。



人はそれぞれに色んな苦しみや辛さを抱えて生きている。
様々な形の苦しみ。。
全く同じ気持ちを共有することはできず・・。
けれど理解しようと思う気持ちから人は相手への
思いやりの気持ちが湧いてくる。。
そしてなんとかしてあげたい。。苦しみを取りのぞいてあげたいと
そう思う。。

その想いの始まりとして、この世に「可哀想」という言葉は
生まれてきたのかもしれません。。。

相手がどんな気持ちで「可哀想」といったとしても
そこに哀れみの想い(誰かと分かち合うという心)
がある以上、自分を気にしてくれている
理解しようとしてくれるのかもしれない。。
そう思えたら。。。。
どんなに先の見えない不安にかられても、どん底で自分が
大嫌いになっていても、
私の何がわかるのよ!とまた自分をどんどん底に
突き落として行くことはなくて済むのかもしれません。。


可哀想に。。それは苦しみを共に共有しようと思う
相手の想いからの言葉なら
その言葉を自分が受け入れる気持ちがない限り、
相手が自分を理解してくれる事もないと言うことなのかも
しれませんね。。


なんだか難しくて私の文章では言葉不足かな・・。
よかったら、まほさんのブログにお邪魔してみてくださいね。。
心に響く詩や考えさせられる言葉がたくさんあります^-^

私は色んな方の所にお邪魔して、教えていただける事が
たくさんあって、とても嬉しく思います。
色んな事から自分自身も少しずつ成長していける事を
ありがたいと思っています。。
そして私なりの考え方や感じ方だけれど、少しでも
たくさんの人に、想いを広げる一本の糸に
なれたらな・・・と思っています。。^--^*


PS・・青い文字の部分はまほさんの言葉です。

  1. 今日は・・
  2. | trackback:0
  3. | comment:20
<<蝉の独り言? | top | 街のはしっこ>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/08/04(Sat) 08:17:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

私も同情されるのが大嫌いでした。
「可哀想に・・・。」
その言葉の奥には何かしてあげたいと思う
心も見ることはなかった。
なので私はそんな言葉を掛ける暇があるなら
手を貸す、力を貸す・・・と行動に移すことを
しようと心に決めている。

ただただ哀れに思われるだけは辛い。
その先の一歩を踏み出す勇気を持った人が
残念ながら少ないように思います・・・。
想いだけで終わらない。言葉だけで終わらない。
それが大切であり、私はそう生きたいと
願っています。
  1. 2007/08/04(Sat) 20:23:50 |
  2. URL |
  3. あお #-
  4. [ 編集 ]

**あおさんへ**

こんばんは。
私もね、あおさんと同じ気持ちだよ。
気持ちだったと言う方がだだしいかな。
可哀想にという言葉がきらいだった。
人として、もしも障害をもった人が側にいたら、
力になるのは当然の事だし可哀想なんて
哀れみの言葉なんていらない。。。

まして自分に言われても、あおさんの
気持ちと同じように相手が自分を
見下しているようにすら思えたら腹立たしくさえ感じる。。

確かに心から何かできることはないかと
思ってではない人もたくさんいますよね。


けれど まほさんの言葉をかりるなら、
可哀想にと言葉を発する人の中に
そんな人が一人いたとして後の99人の
可哀想にの思いを拒絶するのかと
問われた時・・・私、思ったんだよね。。


可哀想にと口にするけどそれ以上何もしない人も
可哀想にと心で思い行動にしていく人も。

行動に移す部分はまったく違うけれど
初めに私に発する思いは可哀想にからはじまる。

ただ、可哀想にと言われたから拒絶する自分。。。
その事によって私はその人がもしかしたら
その後に、行動に移そうとしている気持ちまで
拒絶してしまうのか・・。


花が枯れていたら可哀想にね。ごめんよ。
と思い元気になれよと願いながら
お水をあげる。。
子猫が捨てられていたら可哀想にな。
お腹すいただろ!これ食べて頑張れよと抱きしめる。。


病気になった人、震災にあった人。。
いろんな人にエールを送りたくなった時
その初めの出たしは私、可哀想にの思いから
始まっている自分にきずいたの。。



それは見下しているとかそんな思いじゃなくて
少なくとも 私なりに痛みがわかるから。。
そこから思う事を行動に移すかどうかは
あおさんのいうとおりだよね。

上手く言えないけど、もしも私が病気になって
可哀想にと言われたら嫌な人だと思わず、
ありがたい事だと受け入れよう。。
自分を理解してもらえるはじめの一歩だから。。
そして次にあったときは頑張ってるねと言われるようにしよう・・。
そんな事をまほさんの言葉から感じたんですよね^--^

  1. 2007/08/04(Sat) 21:45:46 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

私も読んだ日は考えました

こんばんは

私も考えこみました

だって、同情なんかされたくない…そう思って同情されたとき腹をたててましたから(:_;)

「学費かそうか」と言われ頭にきたけれど、まほさん式だと、私の理解の第一歩…

もしかしたら

共感的理解=同情すること

は同じかなと、感じました

私は心が固いのかなぁだから身体が凝りやすいのかなぁ
  1. 2007/08/04(Sat) 21:54:31 |
  2. URL |
  3. みるく #-
  4. [ 編集 ]

**みるくさんへ**

こんばんは^-^
色々考えさせられますよね・・。

まほさんだからこそ、言える言葉がある。
わかる思いがある。。
その人の身のなるというのは、難しい。
同じ状況になってからしか、本当の意味での
理解はできないのかもしれないですね。。

けれど・・100%わからなくてもいい。
辛い思いをわかろうとする気持ち。。。
共にしようと思う気持ちが大切なこと。
そこから生まれるものは、相手への思いやりでしかないのだものね。。
わからくても当然。。一人しかいない自分という人間なんだから。

可哀想に。。それは苦しみを共に共有しようと思う相手への想いからの言葉なら
受け入れる気持ちがない限り、相手が自分を
理解することもないと言うことなのかも
しれませんね。。

とても難しい想いだと思います。
でも、少しでも、私にとっては心の目が
ほんの少し開いたようなそんな感じでした^--^
  1. 2007/08/04(Sat) 23:08:46 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**管理人のみ閲覧できますさんへ**

こんばんは^-^
コメントありがとうございます。
そういっていただけて、感謝しています。

  1. 2007/08/04(Sat) 23:11:29 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

同情ができるだけの感受性を持っていれば、その次の感情である応援とかそういうところにいけると思いますし、それすらできない人だって いっぱい居るわけですからね。

その同情という一歩が踏み出せた人は次に行けるんだと思います。
  1. 2007/08/05(Sun) 02:05:10 |
  2. URL |
  3. ぐっさん。 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとう

ayaさん、
私の言いたいことすべて理解してもらえました。
確かに見下して優越感を持った人もいました。
けれど、私は最初から「同情するなら、金をくれ」方式の心はとらなかった。
ただの哀れみと感じればそういう人とわりきった。
だけど全員が哀れみだけとは思わなかった。
どんなにいい人でも嫌う人がいるって知っている大人。

まして体験していない人に100パーセント理解してもらおうなんて不可能。
私とて健康なとき病んだ人の心が「わかったつもり」だったと自分が病気になり、
初めてその人のつらさに近づいた自分がいたんです。

同情って、誤解して理解されている。
共感と同じことなのに。
共感を一歩進めて感じるだけではなく、
行動したいと願う気持ちも含んだ言葉ですよね。

わかりやすい例をだしましょう。
若い方が電車で席をゆずる。
すばらしい厚意ですよね。
それなのに「年寄り扱いするな」という態度の大人。
そうすると若者は席を譲るのに躊躇。
挙句の果て、お年よりは「今の若者はなっとらん」と。

これってお年寄りが変なプライドで若者の厚意を
無にしているんですよ。
ありがたく受け取ればいいんですよ。
まだ若いと証明できるところはいっぱいあるんですから。

お年寄りの心も若者の心を活かしきれていないんですね。

同情の拒否も、大きく進めば、
体の弱い人、障害をもつ人への関心はなくなり、
やさしさのない冷たい世の中になります。

そうなったとき、社会を変えるのは、
戦争が始まり、平和がよかったと嘆く姿と
極論すれば同じなんですよね。
  1. 2007/08/05(Sun) 15:07:44 |
  2. URL |
  3. まほ #-
  4. [ 編集 ]

aya さんへ。~本文には関係ありませんが

このブログで思うのですが表現の技法の特徴
として改行、スペースの使い方にあると思い
ます。それは皆さんが一番わかっていること
と思います。

それは決して悪いことではないのですが私の
ような狭い画面で文章を読むものにはその空
白が文章の連続性を断つことになってしまう
ことがあります。

そこでお願いなのですが1行で良いので詰め
ていただくことは出来ないでしょうか。2行
も3行とは言いません。1行。お願いします。

そのことでaya さんの文章の魅力の一部分が
失われてしまうのであればあえてとは言いま
せん。

たわごとと思って受け流してください。

お邪魔しました。それでは。
  1. 2007/08/05(Sun) 20:20:28 |
  2. URL |
  3. mkaz #XSpOQyYU
  4. [ 編集 ]

**ぐっさんへ**

こんばんは^-^
コメントありがとう**

同情という意味を私はどちらかといえば
今まで×のイメージを多くもっていたのかもしれません。

まほさんがおっしゃるように、共感しようと
する想いと思えば、相手の「可哀想に」の
言葉をもっと素直に受け取れる気がします。
中にはそんな意味合いで言わない心ない
人もいるでしょうがそれはそれ。。

受け止める側の扉がはじめから狭くては
入ってくる人も少なければ、またその扉から
共感して帰ってくれる人も少ないと言うことですよね。。

>その同情という一歩が踏み出せた人は
次に行けるんだと思います。

その通りですよね。。。まずは初めの一歩。
そこからしか始まりませんね^--^
  1. 2007/08/05(Sun) 22:41:23 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**まほさんへ**

こんばんは^-^
こちらこそ、ありがとうございます。

今回の内容は、まほさんも思われるように
人によって、年齢によって受け取り方は
様々な気がします。
そしてまほさんのように、自分の心の間口を
広く持つことは容易に出来ることでは
ありません。。

>同情の拒否も、大きく進めば、
体の弱い人、障害をもつ人への関心はなくなり、
やさしさのない冷たい世の中になります。

この意味をこれからも忘れずに過ごしたいと
思います。^-^
自分が受け入れたその量しか人に返すことも
自分に返ってくることもないのだと思います。

  1. 2007/08/05(Sun) 22:46:57 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

** mkaz さんへ**

こんばんは^-^
ご指摘ありがとうございます。。
少し、改めさせていただきましたが
こんな感じでいかがでしょうか?
少しは読みやすくなりましたか?

私の文章は、結構長文なので
みなさんが疲れないように、少し行数を
あけているのですが、ちょっと開けすぎの
感がありましたね(*^^*ゞ

なんでも、お気軽にご遠慮なくどうぞ^--^*
それから、私も本文には関係ありませんが
mkaz さん、お元気ですか?^-^
  1. 2007/08/05(Sun) 22:51:41 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

aya さんへ。~「ボチボチ」

行間の件、ありがとうございます。オリジナル
の方が文章としてはバランスも良くていいのは
わかっているのですが思考を中断される時が
あったものでつい書いてしまいました。

まあ、元気ですが明後日、病院へ行ってきます。
その後にでもまたお邪魔させていただきます。

ありがとうございました。
  1. 2007/08/06(Mon) 18:02:31 |
  2. URL |
  3. mkaz #XSpOQyYU
  4. [ 編集 ]

「可哀想」の言葉の意味を
改めて思い直しました。
あんなに大嫌いな言葉だったけど
考えようによって
こんなにも素敵な言葉になるんだなぁ(^-^)

メルボルンでは、たくさんの体の不自由な方々が
普通に街に出ています。
その多さに初めは驚きましたが
今では当たり前の光景になってきました。
周りの人も当然のように助けています。

日本でも、そういった方々が
何の痛みも感じずに
堂々と街を歩けるようになったらいいのにな
と思いました。
  1. 2007/08/06(Mon) 22:26:12 |
  2. URL |
  3. あやち #Mq5ZM32k
  4. [ 編集 ]

**mkazさんへ**

こんばんは!
病院ですか・・?
どこか悪いところでもあるのですか?
なんか心配です。
あまり無理されませんように。。
  1. 2007/08/06(Mon) 22:49:15 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**あやちさんへ**

こんばんは^-^
元気で過ごしていますか?
そちらの気候って今はどんな感じなんでしょう?

ほんとですね。。
優先座席を指定しなければ
譲れないとか、見て見ぬふりとか
そんな事が少なくなっていく世の中に
なるというのは、人に対しての
思いやりでしかないですものね。

そしてまほさんがおっしゃられるように
受け取る側も、素直な気持ちで有り難く
受け取る。。それは受け取る側の喜びだけではなくて、行為を起こした方の喜びにも
なるのだと言うこと。。

私も「同情」「可哀想」の意味を
考えさせられるいい機会をいただきました^-^
  1. 2007/08/06(Mon) 22:56:18 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/08/07(Tue) 08:23:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

**08:23分の管理人のみ閲覧できますさんへ**

コメントありがとう**
楽しみにしてますよ~♪

  1. 2007/08/08(Wed) 00:23:51 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/08/08(Wed) 20:30:37 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

**20:30分の管理人のみ閲覧できますさんへ**

こんばんは~!
コメントありがとうございます。。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします^--^*
ゆっくりとのんびりと歩いていきましょう。
また、私にもたくさんの事をアドバイスくださいね。。。
  1. 2007/08/08(Wed) 23:04:09 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlewishbyaya.blog68.fc2.com/tb.php/176-314d41bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。