・・夢をつなぐ白い糸・・

日々小さな出来事や、大好きな手作りの作品の 紹介などきままにのんびりUPしています・・。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

心の貧乏 :: 2007/06/24(Sun)


今現在に生きる私達。。
物欲も自分のかなう範囲でそれなりに手に入る時代・・。

私も、とてもお金持ちでもないけれど
明日の暮らしの心配をすることもなく
毎日を過ごす事ができています。


あなたは。。
もし今、急に金銭的に貧乏になった時、
どんな風に生きていけますか・・・?
そして。。どんな風に生きていきたいですか・・・?





以前に書いた記事と重複する部分もあるかもしれませんが
私の子供の頃、家庭はとても金銭的に貧乏でした。
私の記憶の中には断片的にポツポツとその頃の
記憶が残っています。

小さな島から都会に出てきた5人家族。

4畳か6畳一間の小さな薄暗いアパート。

知らない人と入るアパートの共同風呂。。

夜勤で疲れている父を寝かせるために泣く私達を

背中で妹をおぶり、両手で姉と私の手を引いて

アパートの廊下を何度も繰り返し歩く母。。




5歳くらいまでの私の記憶の中にはその記憶だけが
入れ替わり立ち替わり巡るだけで後は何も残ってはいません。^^

今でも、どうしても忘れられない光景。。
晩ご飯にお膳の上に並べられたお皿には5枚のハム。
ご飯と、そのおかずの5枚のハムは3人の子供で分ければ
誰かが我慢しなくてはいけなくなります。

自分が食べれば、姉と妹のどちらかが辛抱することになる。
幼いながらにそう思った私は食べたい気持ちを我慢して
じっとハムとにらめっこ^--^
きっとお腹空いていたんだろうね。。そんなに今でも
忘れられないなんて。。(笑)

でも今思えば両親はたぶん、ご飯しか食べていなかったのだと思う。
私達に5枚のハムを食べさせるだけでもやっとの暮らしだった。






その当時はもう当たり前になっていた幼稚園にも姉と私は
通っていません。。
そのことは心のどこかで大きくなってもコンプレックスに
なっていたのかもしれません。人に話せなかったから。。。


毎日、毎日、がむしゃらに働く父と母。。。

参観日にも、運動会にもまともに出ることすらなく。

来て欲しくないけど、来て欲しいそんな気持ち。

転校の繰り返し。。


高校生の思春期の頃のお弁当・・めざし、らっきょ、梅干し。
いつの時も変わらないそのお弁当を恥ずかしくて
開けることができないときもあった。。
自分で買った卵とウインナーを入れて行ったときの
色鮮やかな事(笑)


自分の欲しいものは自分で稼ぐ。
中学生の頃から働くことの意味を教えられました。











でも・・・・そんな暮らしの中でも











決してみじめだと思ったことはなかった。。
今思えば、その環境で育った事にとても感謝しています。


もしも、両親が、私達家族の為ではなく
自分の物欲の為に、外に働きにでていたとしたら
そう思わなかったかもしれない。。


どんなに辛くても歯を食いしばり家族の生活の為に
働いてきたその言葉を語らない背中から
私達子供は、大切な事をちゃんと教わってきたように
思います。。



そしてなにより。。。
今、たとえ金銭的に貧乏になったとしても
心まで貧乏にはならないことの大切さを
ちゃんと私達の心の中に残してくれているからです。




貧しいとは、どんなにあまりある富や名誉があったとしても
心満たされない想いをそう呼ぶのではないでしょうか。。。

暮らしが金銭的に苦しいとき、辛いときもあるけれど
心まで貧しい人にはならないでいよう。。。
これからを生きる子供達にお金ではなく、
心の豊かさを伝えられる大人でいよう。。


お金に恵まれた世の中で心まで溺れてしまわないように。。


  1. 想うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:34
<<みなさまへ | top | 贅沢な悩み??>>


comment

ayaちゃんは
本当にすばらしいご両親に育てられたと思うよ。
ひとりっこなら、寂しい想いもあったけど
姉妹にも恵まれてよかったよ。

いつの時代も、物やお金があっても
寂しい想いをしている子供たちがいると思う。
自分の中で整理して、きちんと向き合いご両親に感謝している姿は立派だと思います。
  1. 2007/06/24(Sun) 22:58:59 |
  2. URL |
  3. mami #-
  4. [ 編集 ]

心の豊かさってものは 心のある家庭でしか育たないんでしょうね。ayaさんの 豊かな心は そこで育ったものだと思います。
  1. 2007/06/25(Mon) 01:05:15 |
  2. URL |
  3. ぐっさん。 #-
  4. [ 編集 ]

泣かされてしまった。まんまと。
・・・・感謝の嬉し泣きです。
こうやってキーボード叩いても泣けてきます。
私は小学校2年生の時、父を亡くしました。
母一人で子供三人ですから、想像通りの家庭。
でも今は、あれがベストだったと思います。
何もかもが、今の幸せに結びついているから。
何が豊かで何が貧しいのかは、難しい本を読んでも理解できませんからね。それを教えてくれた母や環境のすべてに感謝したいです。

ああ、それにしても・・・この泣かされた仕返しをどうやって・・・・。(笑)
  1. 2007/06/25(Mon) 07:00:03 |
  2. URL |
  3. なが #-
  4. [ 編集 ]

泣きました

ayaさん、おはよう。
すごく、わかります。
心の豊かさ、自由・・・そんなことを再認識です。
子どもにはお金ではなく、親の生き様を残したいですね。
ちゃんとご両親の背中をみていらっしゃった
ayaさんのように。
  1. 2007/06/25(Mon) 08:45:41 |
  2. URL |
  3. まほ #-
  4. [ 編集 ]

私も昔のことを思い出しました・・・
ayaちゃんと私、似ているな~って改めて思いました。
昔の苦労があるから、今も裕福ではないけれど幸せです。
お金の大切さ、もっと大切な心のあり方を教わりました。
  1. 2007/06/25(Mon) 10:59:39 |
  2. URL |
  3. ゆるん #-
  4. [ 編集 ]

こうしてそれを書けるayaちゃんに感服致しました。
お金お金でない、真の豊かさ貧しさとは何かをayaちゃんの心に植え付けてくれたご両親にも頭が下がる思いです。
真摯に生きること。
物質を越えた豊かさとは何か。
今の私の中にあるテーマととても重なっていて感慨深く読ませて頂きました。
ありがとうございました。
  1. 2007/06/25(Mon) 12:14:48 |
  2. URL |
  3. kasuga #-
  4. [ 編集 ]

昼休み中

ながさん
まほさん

みんな泣いてますね

私も(笑)

私は貧しくはなかったけど、両親に「こんなに頑張って育てている」
というのを押し付けられた気持ちが強く
高校卒業してから進学含め金銭的に親に頼ることができなくなりました…

「親に迷惑をかけない」

頼らない嫌な子かも

ayaさんの優しさは
ご両親の陰の強い優しさからなんですね



  1. 2007/06/25(Mon) 12:46:19 |
  2. URL |
  3. みるく #-
  4. [ 編集 ]

ayaさん、こんにちは☆
今日はバイトが休みなのでお昼の訪問です♪

ちなみに私は平成元年生まれですよ~^^
『近頃の若者』そのものであります。笑

貧しい生活から、ayaさんは何かを学び、
その経験から幸せの種を蒔いておられる。。。
やっぱりayaさんは素敵です!

中にはその貧しさを誰かと比べ、
自分の中でずっと闇でしかない方もいるでしょう。。。
そこに光りを灯せるのは、
心を創る自分の力なのでしょうね。

そしてその機会を与えて貰ったことに、
感謝を忘れずにいるayaさん♪
心という目に見えないものを、
物質に惑わされずしっかり見つめられたんですね。

えっと。。。
私はあまり本を読まないのですが、
確かマザーテレサは日本に来て、こう言った・・・はず。。。笑
「日本の方は愛に飢えています。
本当の意味で恵まれていない、
とても可哀想な人々です。」
こんな感じのことを言ったと聞きました。
間違ってたらごめんなさい(>_<)

ayaさんの記事を見て、その言葉を思い出しました。
心が辛いのは、心が乏しいから。
それなら、目に見えぬものを見つめる。
すると世界は違って見えてくるのかも知れませんね^^

素敵な記事をありがとうございます!!!


  1. 2007/06/25(Mon) 13:49:13 |
  2. URL |
  3. Miho #-
  4. [ 編集 ]

真の幸福とはどこにあるのかということを、
改めて想わされました。
私自身も決して金銭的には恵まれていませんでした。
あw 今もですがw

でも、だからこそ足ることを知ることが出来た。
そう思っています^^

ちなみに私の父は旅行三昧・高級車乗廻し
趣味は8ミリに一眼レフカメラ・・・。
でも、子にかける金はない!って人でしたが(苦笑)
お陰様で、自立心を養えたと思っています♪

与えられた環境をどう生かしていくかは、
自分自身にかかっていますよね^^
  1. 2007/06/25(Mon) 21:03:20 |
  2. URL |
  3. あお #-
  4. [ 編集 ]

**mamiちゃんへ**

こんばんは~^^
そういう姿を見せてくれていた両親には
ほんと感謝しています。
お金ではなく、お金では買えないものを残してくれたんですものね。
確かに姉妹がいなかったら、寂しさは
ぬぐえていなかったかもしれません。

今の自分でよかったと、そう思います^--^

  1. 2007/06/25(Mon) 21:56:33 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**ぐっさんへ**

こんばんは~^^
私は両親から、今になって思えば
たくさんの事を学んでもらわせたと
わかります。

だからこそ、どんな事があっても自分の
心の中の芯をぶらすことなく生きてこれたのかもしれませんね^--^*
  1. 2007/06/25(Mon) 22:00:50 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**ながさんへ**

こんばんは!
私自身もその頃の事を思い浮かべると
涙がこぼれるくらいですから・・
ながさんにとっても、その頃の事は
今だから感謝できてこそであって
子供の頃の心情はいろんなつらい想いも
あったのだと思います。。

けれど。。。ながさんのご両親が素敵な方だったのだろうということは
ながさんを見ていれば感じられます。
そんな素敵な基盤を作ってくれた両親に
ほんとお互い感謝しなくちゃですね。。

何が豊かで何が貧しいのかはきっと
それぞれの人の想いの中で作り上げて
いくものでしかないのかもしれませんね^--^

ところで、仕返しがなんなのか、とても楽しみ~~♪(笑)
  1. 2007/06/25(Mon) 22:08:53 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/06/25(Mon) 22:19:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

**まほさんへ**

こんばんは~。

人が人を想い、懸命に生きていく姿から
学ばないものなどないのかもしれませんね。。^-^
それは親でも、姉妹でも、友達でも
生きているすべてのものに共通して言えることのような気がします。。

私には子供という存在はいませんが
いつの時も、思い起こせば自分の生き様が
誰かの生きる道しるべのお手伝いに
なっていたと後で笑って気づいて
いただけるそんな生き方を私もしていけたらなぁ~なんて偉そうに思ったりします(*^^*ゞ
  1. 2007/06/25(Mon) 22:22:27 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**ゆるんちゃんへ**

こんばんは~。。

昔があるから今がある。。。

それは、今回の事に限らずすべての事に
きっと言える事なのでしょうね。。^-^
ゆるんちゃんの「今」もそう。。
今の自分が幸せと思えるのは紛れもなく
その過程を自分自身で通り過ぎてきたから
感謝できるのかもしれません。。

どんな環境に置かれても、たとえ寄り道をしても、ちゃんと戻るべく、進むべく道を
見つけるのは自分でしかない。

ただその基盤を作りゆく存在は子供にとっては親であることも大きな事実で。。
私は確かに。。。恵まれていたのだと思います。見えないものに^--^
  1. 2007/06/25(Mon) 22:35:11 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**kasugaさんへ**

こんばんは^--^
今でこそ感謝できていますが
それまでの私は、いつもいつも親に心配かけどうしの、不出来な子供でした。^^;
いろんな事に出くわしていくうちに
そうこうしながら、今の自分になれた
そのベースには両親の子供への愛情が
あってこそだと気づくには時間もかかりましたが(*^^*ゞ

感謝できる自分になれたことはとても嬉しく
思います^-^
  1. 2007/06/25(Mon) 22:41:29 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**みるくさんへ**

こんばんは^-^
>「親に迷惑をかけない」
  頼らない嫌な子かも。


みるくさんはご両親に甘えられなかったんだよね。。全然嫌な子なんかじゃないんだよ。
自分の事は自分でしようという自立した
考え方は立派だと思います。

でも、甘えられなかったみるくさんも辛かったけど(今でもそう素直にはできないのかもしれませんが)
甘えてくれることのないご両親もさみしいかもですね^--^*
親に甘えるとかって目に見える物欲的な
事だけではないですものね。。

こんな偉そうにいってますが。。
私もずっと甘えるということがどういう事か
知らずに生きてきました。
上手く表現できない自分自身。
それは親子間だけではなく、恋愛においても
友人関係においても同じことです。

頼れない寂しさ・・。
その想いはわかっても、
頼られない事への寂しさを
私はずっと後になって気づいたんですよ。。
えらそうな事いってごめんなさいね。。^-^

  1. 2007/06/25(Mon) 22:55:46 |
  2. URL |
  3. aya #3/VKSDZ2
  4. [ 編集 ]

**Mihoさんへ**

こんばんは^^
そう!そう!「平成」だ・よ・ね!(笑)
いたら私の娘くらいの年齢だわよ^m^
私の高校生の頃とは大違い!
ちゃんと自分を見つめて生きている所が
偉いよ!

「愛に飢えている」かぁ~~。
ほんとにそうなのかもしれないです。
こんなに便利で豊かな時代でも。。
何かと引き替えにどんどん薄れていく
人を想う気持ち。自分を見つめる気持ち。

目に見える豊かな時代の中で
物欲的なものに、人は走りすぎてきたのかもしれませんね。。。

  1. 2007/06/25(Mon) 23:09:39 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**あおさんへ**

こんばんは~!
あおさんは、言わずしてわかりますよね^-^
何が幸せで、その幸せはどうして見えてくるものなのかを。。。

金銭的貧乏?確かに!(笑)^^

でも、日々心は豊かでいられることは
それ以上の財産ですものね。。
  1. 2007/06/25(Mon) 23:20:29 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**管理人のみ閲覧できますさんへ**

こんばんは~^^
コメントありがとう♪

確かに、金銭的な貧乏は心まで貧しくしてしまうこともありますよね。。
人を卑屈にしたり、悲しいくらい。。

でも・・もしもそれをも打ち消してくれるものがあるのだとしたら、それは
心の豊かさなのかもしれません。。
目に見える貧しさが現実をおそっても
心まで貧しくならないように。。
互いが相手を思いやり貧しさに負けない気持ちをもって
手を取り合い前を向いて生きたなら、
それはきっといつの日か振り返ったとき、
貧しかったその事よりも、
その中で見つけ出した小さな幸せばかりを思い出す。

現実を受け止めながらも、心は未来をむいて
生きていこうとする気持ち。。
見える物にまけない見えない想いが
大切なのかもしれない・・。

形あるものは、いつの日にか消え去っても
人の心に残る想いは、いつの時も
人の心を支えてくれるものだものね。。。

愛は、お金には勝てないなんて事ないと
私が思いたいだけなんだけどね(*^^*ゞ
  1. 2007/06/25(Mon) 23:36:24 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

ayaサン。こんばんわぁ。
全てを書けるayaサンってとっても素敵だなぁ
って思いました。
小さい頃からayaサンって変わっていないんですねぇ~。
凄いデスww
私は今現実をあまり受け止めていない気がしてマス。
ayaサンみたいに全てを受け止めて
心からいい方向に物事を考えれるように
私もなりたいなぁ~☆
  1. 2007/06/26(Tue) 01:17:17 |
  2. URL |
  3. himekichi #k87Cp.wM
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
ayaさんの記事、みなさんのコメント、
どれもが私の教科書に感じます。
私もayaさんみたいな気持ちを持てるような女性になりたいです。
新しい年齢の始まりに相応しい記事に感謝です。
ayaさん、ありがとうございます。
  1. 2007/06/26(Tue) 07:34:34 |
  2. URL |
  3. やまち。 #-
  4. [ 編集 ]

今の素敵なayaさんがいるのは
まさにご両親のおかげですね。。
とても心が温まりました。
と同時に、自分が子供に思えて
ちょっと恥ずかしくなりました。
本当の幸せの意味を
改めて考えさせられた気がします。
素敵な素敵なお話、ありがとう(^-^)
  1. 2007/06/26(Tue) 16:29:05 |
  2. URL |
  3. あやち #Mq5ZM32k
  4. [ 編集 ]

帰宅途中

ayaさん
ありがとう
私のblog読んでくれたんだね…

親に頼れない=人に甘えるのが下手=抱え込む=うつになりやすい

この形式わかっているんだよね
私もayaさんもまほさんもながさんも…
  1. 2007/06/26(Tue) 21:27:43 |
  2. URL |
  3. みるく #-
  4. [ 編集 ]

**himekichiさんへ**

こんばんは~!
現実を受け止めれない時も
そして現実を受け止めたくない時も
ときとしてありますよね。^-^

すべてを受け止めてだなんて・・・
そんなカッコよくはないですよ~(笑)
随分時間がかかりましたとも(*^^*ゞハハ

私が両親に教わった事は、どんなときも
あきらめずに、前を向いて、
不器用でいいから自分に正直に生きていく
その姿勢が大切なんだと言うことを
一番教えられたような気がします。
そして愛情は形ある物、見える物だけでは
ないと言うことも。。。^--^
  1. 2007/06/27(Wed) 00:02:09 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**やまちさんへ**

ほんとですねぇ~**

私も、やまちさんを始めここに
残してくださるみなさんのコメントで
本当にいろんな事を考えさせられます。

振り返ってみたり、前を向いてみたり
環境の違いや、いろんな価値観の違い、
勉強になることがたくさんあります。

けれど。。どんなにたくさんの事が
この世に転んでいても、それに素直に
向き合おうとする、受け止めてみようとする
気持ちを持っていなければ、自分にとっての
成長はないんだなぁ~と日々思います。

やまちさんは、そんな心をたくさん、持ってらっしゃる事が私は、いつも素敵だなぁ~と
思うんですよね~**
なんか↑のコメントと関係ない返事になってますが(*^^*ゞ
  1. 2007/06/27(Wed) 00:08:46 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**あやちさんへ**

こんばんは~!

両親に感謝できるようになったのは
そんなに昔からではありません^^
年をとってきたって証拠でしょうかぁ~(笑)

けれど。。いろんな事を振り返ってみるとき
この世に存在したことが、ありがたいな!と
思うとき・・
今の自分は両親なくしてはこの世に
存在しなかったと言うことだけは紛れもない事実で。。
今はそのことを心から感謝できる事が
嬉しいなと思います。。
そんな両親に、今度は私からできることが
あればそれが恩返しかなと思います。
それは決して物ではなくて・・^--^

  1. 2007/06/27(Wed) 00:18:03 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

**みるくさんへ**

こんばんは~!
みるくさんが甘え下手なのはブログに
ひしひしと伝わっていましたよ^^
でも、それは自立しようとすることで
自分の心をかろうじて支えてきたんだよね。。

私もいまでもそうですが、子供の時から
よく言われました。
高校のときも担任の先生から放課後に
泣きたいときは泣けばいい!怒りたい時は
おこればいいんだよ・・。
いつもニコニコしてなくても。。と言われ。
社会に出ても、先輩から、もっと甘えていいんだよと言われ。。

でもその「甘える」という方法より
その意味がどういう事なのかさえわからないほどでした。。
自分では無理をしているわけではないと思っていたから・・。

でも、確かにね・・自分の心をさらけ出せるはずもなく
本質的には暗い孤独の心の子だったような気がします^--^


いろんな事がある中で、ふと思ったんですよね。
甘えられないのは、そんな自分を許せないからだって。。
弱い自分を認めることはがむしゃらに
突っ張って生きてきた自分を否定するようで。。
自分に厳しい人ほど、許せないんですよね。


そう・・・その頃の私は自分が好きじゃなかった。
そんな自分も後ろ向きな自分も嫌で
醜い自分が見えるとなおさら嫌いでした。


今は自分が大好き!
どんなに、どんくさくても不器用でも。
飾ったり、気取ったり、つっぱらなくてもありのままの自然体の私でいいじゃん。。
私はわたしなんだもん。。そう思えるから。
人の物差しを自分に当てはめたりしないから。。。
そう思ったら、自分を思って手を差し伸べてくれる人に
少しくらい甘えてみることもいいんじゃない。。それも私じゃん!てね
ほんの少しだけ甘えれるようになりました(笑)

相手の負担にならなければ。
誰しも、自分を頼りにされたら嬉しいはずなのにね^-^




  1. 2007/06/27(Wed) 00:42:34 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

生きることへの誇り。

家族(或いは個人)が誇りを持って生きているのなら金銭的な不自由は苦にはならないと思います。最低限、食べていけるのであれば乗り越えられるでしょう。

もちろん、あるにこしたことのないものがお金でしょうけれども、急に金銭的に貧乏になったからといって死ぬわけではありません。それに見合った生活にスケールダウンするだけの話だと思います。少なくとも私はそう考えて今を生きているつもりです。現代社会なら今以上も今以下の生活も自分の中にはありえると思っていますし、どちらにシフトしてもやっていける自信はあります。

ayaさんも触れていることですが、要は金銭的な貧しさと、こころの貧しさは別物であってどんなに裕福な生活をしていてもこころが貧しいひとは大勢いますし本当に不幸なのはそういう人達ではないのでしょうか。
  1. 2007/06/27(Wed) 19:12:58 |
  2. URL |
  3. mkaz #XSpOQyYU
  4. [ 編集 ]

**mkazさんへ**

こんばんは^^
同じ考え方なのはとても嬉しいです。。

けれど、今の日本でそう思えない人が
たくさんいすぎて、人の事と言ってしまえば
それで終わってしまいますが、とても淋しいことです。。
物質的な事だけに、目を向けていくのは人として何か欠落してしまっているようで。。

私は無力ですが。。自分はそういう生き方はできないし、したくないし。。。
せめてそういう姿勢で生きていく事の大切さを、知ってというか・・気づいて欲しいなぁと思います。。それが真の幸せにつながっているんだと見つけて欲しいです。。^-^
  1. 2007/06/28(Thu) 00:20:53 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

幸福。

現代は目に見えるものにしか価値を見出すことが出来ない悲しい社会です。でも、そう思わないひとがいるのも事実なのです。

そういうひとは力を持たないものです。「力」に意味の無いことがわかっているから。

あなたがすべきことは自信を持っていまの生き方を貫くことと、それをひとに見せることではないですか。つまり今のそのままということでしょうか。

それは無力ということではないと思います。
人間の生き様ほど力のあるものはありませんよ。
  1. 2007/06/28(Thu) 18:23:40 |
  2. URL |
  3. mkaz #XSpOQyYU
  4. [ 編集 ]

**mkazさんへ**

そうですね^--^*
私は今の自分のまま真っ直ぐに生きていきたいと思います。。
それが一番自分らしいと思うし、そして
両親が私に見せてくれた無言の生き様を
大切にしたいですから。。。
  1. 2007/06/29(Fri) 00:07:48 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

ええ話や~

素敵なおはなしありがとう~
って遅いわい!!今頃なにいゆうとんねん 笑

この記事読んでなかったわ
ayaさんって天然かと思えば
心を打つお言葉をさら~っといや、ぐさっと
言ってくれちゃう変幻自在なお方だわ

それにコメントしている方もすばらしい!
あたしゃこんな記事、コメントを読めて
うれしかった
ありがとう~~ 
  1. 2007/07/10(Tue) 17:55:12 |
  2. URL |
  3. レオママ #rETQYEdA
  4. [ 編集 ]

**レオママさんへ**

こんばんは^^
あはは(^▽^)
変幻自在って・・化け物か妖怪みたいですね(笑)
そう・・だからみんなが、ギャップに
ずっこけるんですよね~!!
  1. 2007/07/10(Tue) 23:10:23 |
  2. URL |
  3. aya #EvmDRqhQ
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://littlewishbyaya.blog68.fc2.com/tb.php/158-d0e34b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。