・・夢をつなぐ白い糸・・

日々小さな出来事や、大好きな手作りの作品の 紹介などきままにのんびりUPしています・・。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

野の花からいただいて。。 :: 2012/04/30(Mon)

道ばたに咲く小さな野の花たち。。
ほんの少しだけいただいて帰り イベント用の石けんのラベル作り。^^

20120430-1野の花



名前は全ては知らないけれど・・どの花もほんとに小さくて可愛い♪
小さすぎてUPでお見せできないのが残念ですが、中には爪楊枝の先くらいの
本当に小さな花も。。
コピーした後は、水切りして小さなガラス瓶にいけました。
しなだれていたけど元気を取り戻してくれて よかったです。^^

20120430-2野の花



コピーしたものは、これはまだ未完成ですが、
去年同様こんな風に出来上がった石けんのラベルにします♪

20120430-3野の花


石けんもラベルもできるだけシンプルに自然に。。。

スポンサーサイト
  1. 手作り石鹸
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

玄米の力? :: 2012/04/15(Sun)

20120415-1玄米

今日三つ目の記事です^^ まとめて書きすぎだって(笑)
これなんだと思います?・・って写真に書いてましたね(笑)
そう。。3日ほど前に発芽玄米をお水につけていたものです。。
なんかお米の粒からピロピロ~とでてきました^m^
なんでもやってみたい確かめたい私の興味から実験中(笑)
この玄米は自然食品で買った無農薬、化学肥料不使用、除草剤不使用の発芽玄米です。


玄米とは、ご存じのように稲から籾殻(もみがら)を除去したもので、また精白されていない状態のお米です。
自然乾燥の場合、籾殻がなくても種子としての機能を失っていないので芽が出るのですが
市販のほとんどの玄米は加熱乾燥されているので、死んでいて発芽しない可能性があるのだそうです。
玄米は、白米よりビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでいます。
その玄米を発芽させているものが発芽玄米。


白米より玄米は食感や甘みがなく食べにくいという人も多いようですが、私は全く大丈夫です^^
母は玄米だけのものは苦手なので、今は白米に玄米や発芽玄米を混ぜて炊いたり
五穀米などを混ぜたりしています。
でも大丈夫な方は玄米がなにより生きたお米なのでおすすめしますよ。
発芽玄米は玄米の栄養価+白米の消化の良さを含めている食品とも言われているので
上手く自分の好みの方から始めるのもいいかもしれませんね。。^^

ただどちらも白米などと比べると消化されにくいので、よくかんで食べるようにするといいですね^^
それと精白されるまえの物なので、農薬使用の玄米だと農薬残留が気になるということもあるので
できれば無農薬などの玄米をおすすめします^-^


玄米という元の種の状態から精製されればされるほど、栄養価が落ちていくのは当然なのですが
白米は甘みがあり食感がいいので好まれるのでしょうね。^^
 でもどちらを食べるにしても食事も食べればいいというわけではないので 
感謝して美味しく食べるには向き合う自分の心が一番大切なことですものね。。
同じ口にいれるなら、体にエネルギーの沢山届けられるものを無理なく自然に
取り入れていけたらいいですな~と思います♪




桜が散り始め、その景色と入れ替わるように新緑が目にはいるようになりました。
これからもますます自然をより感じることができる季節。。
ベランダに咲く多肉やハーブ達も、ここにきてより勢いを増してきて
緑あざやかになってきました^^

今日、ニュースで言っていたこと。。
放射能汚染で汚染された山が秋に枯れ葉を落としそこに雨が降る。
そこから流れゆく水は放射能物質と混ざり合い海へ川へと流れていく
その先は永遠に果てしない海の汚染へとつながり。。
そして山に住む野生の動物たちは汚染された虫や木の実などを食べるため
体に異常が現れてくる。。
だからといって汚染された木々の伐採をおこなえば、自然の営みが循環が
壊されていくことの怖さもあり。。

今めさきの事だけで原発の稼働を本当にきめていいのか。。
未来に今の自然な営みがどのように残せるのだろうか。。。
私達は自らの手で未来を壊してしまうのだろうか。。
今=未来は確実につながっているんですよね。。

この夏もきっと電力不足とかそういうことで騒がれるのかもしれないけれど
本当に必要なものを、事を、自らが考えて少しでも自分に出来ることを
行動にしていくその積み重ねがどうぞ先の未来を変えてくれるものとなりますように。。

小さな米粒でも。。生きるエネルギーになるのと同じように。。








  1. 食べ物
  2. | trackback:0
  3. | comment:12

この春の石けん作りスタート♪ :: 2012/04/15(Sun)

20120415-2石けん

この春の石けん作りがスタートしました♪
石けんは春と秋の二回だけと今年からきめていますが
有り難いことに、私の都合に合わせてくれてお友達から早め早めに
ご注文をいただき、作る上で計画もたてやすいので助かっています^^
去年は振り返ってみると1年で200個程の石けんを作っていました。
今年もおおよそ、そのくらいの感じでしょうか。^^
その位が今の私にはベストな数かなぁ~**


今回の石けんは新しいものとして柿の葉の石けんです。(奥の方)
去年秋にお友達のお家に生えている柿の木から葉っぱをいただいたので
乾燥させて粉末にしてありました。
そのお茶でとった抽出水と粉末を使って作っています。
 柿の葉といえば柿の実をはじめ葉など色々な効果が認められていますね^^
ビタミンCの含む量も優れていることもさることながら生活習慣病にはおなじみです。。
また消臭殺菌作用に優れていることから、柿渋石けんなどは
男性の方が気にされる加齢臭によいとされていますね~^m^

まぁ。。柿の葉じたいが昔から殺菌効果があるとされ、有名な「柿の葉寿司」などは
それですよね^^


今回の石けんは柿渋を使ったものでもありませんので だから効果があるというような
ものではないと思いますが 石けん自体はとてもなめらかで使い心地はとてもいいと思いますよ^^
柿の葉の自然な色を楽しんでいただけたらなぁと思って作りました。
そしてもう一つは定番の紫芋の石けんです。
次回はラベンダーとレモングラスの石けんを予定しています♪




  1. 手作り石鹸
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

冷え取り報告パート2 :: 2012/04/15(Sun)

冷え取りを初めてから約3ヶ月。。
前回の記事に眠りが浅い私は寝付いてから2時間ほどで覚めて
あとはウツラウツラだったのがその倍ほど寝付くようになったと書いていましたが

ここのところにきて、なんと朝まで爆睡できるようになり。。♪
そんなの当たり前って人も多いとは思いますが、これは私にとってはもう感激物の出来事なんですよ~**
もう何十年、どんなに疲れていても途中で何度も目が覚めるのは常のことでしたから。。
改めて冷え取りの効果なのだと実感しています。。

冷え取りを始めた頃には靴下の重ね履き事態は専用のゆるめの靴下なので
窮屈感はなかったものの、夜の足の火照りが気になって脱ぎたくなる心境を押さえて
はいていました^^
でも今では全く足の火照りは感じずかえって気持ち良いくらい。。
今は仕事以外の時間は寝るときも家にいるときも7枚ほど重ねています。
でも全然大丈夫。。暑ければ上半身を薄くすればいいから。。
えぇ~~!と思われるかもしれませんがやってみてください^^
しばらくすれば本当に気持ちいいに変わりますよ♪

火照っていた頃はまだまだ体が冷えが慢性化していたのかもな~と思います。
正常に機能するようになると逆に足は冷えを感じやすくなるようです。



それ以外に去年と変わった体の変化。。
それまで軽い花粉症だった私は2月頃から朝方鼻水がでるのが常だったのですが
冷え取りを始めた今年は鼻水ではなく、鼻血だったのです。
軽く鼻をかむとティッシュに血が。。
その症状は2月、3月で終わりました。

花粉症の症状自体が体にたまっていた毒素を出すものなのですが
毒素を一生懸命出してくれているのに、薬で抑えてしまうことは
毒素をまた体の中にとどめてしまうということですね^^

体の中の毒素というのは日常のあらゆる物から蓄積されているので
入れ込むもの(食べ物)や生活習慣などを出来るだけ毒素の少ないものに
改めていき、毒素の排出をより促すために頭寒足熱を日常化して
毒素を出やすい体に変えていくというのが冷え取りです。。

今まで自分自身が知らず知らず意識しないままため込んできた毒素が
多ければ多いほど、排出しようとするときに出る症状はきついということだと思います。
それも体が排出しやすい体に変化していくことでだんだん症状も軽くなると言われています。


体の中の毒がなくなるということはないんですよね。。
今の現代社会の中でストレスをはじめとする食習慣や生活習慣から逃れる事は困難で
ならば。。入った毒を出す力が強い体に自分でしていくこと。。
冷え取りは単に体を冷やさないで。。頭寒足熱ねって事だけを言っているのではなく
なぜ、そういう症状がでるのか、自分の体、生活そのものを振り返り
改めていくことの大切さを自らの意思と体験で感じることの大切さを
教えてくれているのだと思います。^-^

症状もその症状がでる期間や出始める時期も人によってそれぞれです。
数ヶ月で出る人もいれば1年かかる人もいるし。。
でもそれがどういう事を意味しているかを。。。きっと教えてくれるはずです^^

  1. 健康
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

私の町の春を感じて。。 :: 2012/04/09(Mon)

20120409-10桜



春の嵐が去ったあとは。。今日はなんとも暖かい小春日和。。
桜も満開をむかえ、ちょうどお休みの日にあたったので
久しぶりにカメラをもって ぐるりと私の町をのんびり歩いてきました。^^
久しぶりのカメラは写し方忘れちゃったりしてるしぃ~(笑)



20120409-4桜


薄ピンク色に輝く桜。。
太陽の陽に照らされてなんとも気持ちよさそうに。。


20120409-3桜





20120409-5桜




20120409-6桜 

この時期、私の町は桜一色に染まります。。


20120409-7桜

学校も。。。




20120409-11桜

いつもの散歩コースも。。






20120409-12桜


小さな花もそこにいる命を主張するかのように春を楽しんでいます♪


20120409-8桜



20120409-13桜





少し出遅れたのか、置き去りにされたのか。。
ぽつんと一つ小さな土筆が咲いていました。^^

20120409-9桜






これからの時期 ミツバチも大忙しですね^m^

20120409-14桜




20120409-15桜



20120409-16桜



歩いているとTシャツ一枚でも暑いくらいで、腕まくりしながらのんびり3時間ほど
歩いてきました。。^^
今の季節だから見ることのできる風景。。
春も夏も秋も冬も。。それぞれに沢山の四季と想いを感じながら
過ごしていける国に生まれたこと。。
そういう景色を見せてもらえることのありがたさを感じています。。

道すがら。。桜道を通りながら人は皆
桜を見上げ何を想っているのでしょうね。。^-^






20120409-19桜


お家の中でも大根のヘタから伸びていた葉はヘタの方が弱くなってきたので
茎を切り取り小さな瓶に生けなおしました。
小さいながらも花を咲かせています。。。


まゆみさんから先月いただいた大根から切り取ったヘタ。。。
これもまた小さな黄色い花を咲かせてくれています。。^^


20120409-20桜




  1. おでかけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:10

おすすめの本 :: 2012/04/03(Tue)

冷え取りを始めてから長年寝付きはいいものの、眠りの浅い方だった私は
寝てから2,3時間すると目が覚めて後はうつらうつらの睡眠だったのですが
今はその2倍ほどの時間目が覚めなくなり眠りも深くなったような気がします^^
長年にわたりそういうものだと苦痛にも感じていなかったことだけど
ありがたい事ですね。。。


家ではゆっくり本を読む時間もないので、通勤時間の電車の中で本を読むか
もしくは睡眠している私です。(笑)
読みたい本や読んでいる本や興味のある本は様々です。^^
なるべく同じ著者に偏るのではなく、色んな方の本を読むのですが
健康に関してもそれぞれの方の考えを元に書かれていますが
どの本にも最終的には共通するものが見えてくるように思います。

人の体=健康は自分で作り出すものであり
命ある動物や植物がもつ自然治癒力は限りなく素晴らしいもので
今の自分の体は今までの自分の人生の歩みをうつしだしたものに他ならない。。
自然にかえり、日々の生活を見直すことの大切さや
始めることに遅いということは決してないのだという事や
それらを改めていくことは必ず偽りなく自分に跳ね返ってくるということを説いています。

今の自分の体は(健康は)これまでの自分の生き方そのものを表したものだとしたら
これから地道に改めていけたなら、その先の自分の生き方も素敵なものになると思いませんか?^-^


最近読んでいる本をご紹介いたします。
興味があれば読んでみてください。決しておしきせではありませんよ^--^
全てが正解ではなく、沢山の情報の中から
自分にあったものを探し出すことが大切なことだと思っています。




20120403-1.jpg

「病気にならない生き方」・・・新谷宏美(しんたに ひろみ)
「人が病気になるたった二つの原因」・・・安保徹(あぼ とおる)
「体温をあげると健康になる」・・・斉藤真嗣(さいとう まさし)
「自然療法が体を変える」・・・東城 百合子(とうじょう ゆりこ)


これらの著者の方々は西洋医学のように対処療法だけでは人が健康でいることはできない。
これからは予防医学の時代であり、それは医者だけに求められるものだはなく
私たちそれぞれに求められるものでもあると説いています。


ここのところ、健康に関しての記事になっていましたが
今年は桜もゆっくりの開花だといわれているものの
それでも日々朝のウォーキングで見かける桜をはじめ植物たちは
一日の間にこんなに成長するのかと・・日々感激してしまうほどの
生命力を見せてくれます。。^-^
またそんな様子もカメラに納めに新しい事も発掘しながらお出かけしたいと思います。
そうそう4月は石けん日和でもあるので、石けんも新デビューできるといいな~と思います♪

  1. 健康
  2. | trackback:1
  3. | comment:10

胃の休息日 :: 2012/04/03(Tue)

あなたの胃は一日中働き続けていませんか?
過酷な状況の中で人間でいうなら過労死寸前まで疲れているということはないでしょうか。。^^

私の胃ももうずいぶん昔から働きすぎで疲れはてていたのです。
そんな事にも気づくことなくきたのですから本当に申し訳ないと今は思います。
30代の前半から毎年健康診断でひっかかり慢性胃炎も潰瘍ができるまでになり。
そんな積み重ねの結果、胃は疲れを通り越し老化がひどくなっていたのでしょうね。。
胃薬も常備薬のようになっていて。。

ネガティブな考え方
早食い、よくかまない
辛い物好き、コーヒー好き
夜遅く食べて消化しきれないうちに寝る
早食いや夜遅くの食事は仕事柄身についたとはいえ休みの日もしみついた食習慣は
意識しない限り治らないもので。。


今は心が体にもたらす影響をよくわかっているのでネガティブな考え方ということはありませんが
相変わらず早食いのよくかまないということは時々忙しのなかで忘れていたり
仕事柄、夜遅い時間の夕食も変わらなかったのですね。。^^

あるとき人間ドックにいって保健師の先生に言われたこと。。
食事をする回数を増やして食べる量を減らしたら?と言われたのです。
量を減らして、回数を増やす???・・・私の中で疑問が。。。
何かが違わないだろうか・・。

量を少なくしても回数を増やす分、どちらにしても胃は働く量は軽減されても長時間労働になることに。。
それがふに落ちなかった私は、自分なりに考えて「夜食べない」という方法にしました。
通常は朝、昼、夜と規則正しく食事するのでしょうが今では早寝早起きの私には
一番負担がかかっているのは帰宅して10時頃に食べる夕食です。
胃の中のものが消化するまで4,5時間はかかると言われていますが
食べてから2時間もたたないうちに布団にはいってしまうことに。。なので胃が調子悪いのは当たり前で。
なので朝、昼はしっかり食事をするけれど、夜は食べないということを習慣づけています^^
しっかりと言ってももちろん腹八分目ですよ~。
夕方の休憩時におにぎりか果物を軽く食べてからは翌朝までの15時間くらいはお水くらいでしょうか。。

なんかお腹が減りそうな感じがします?(笑)
人間と同じで働く時には働くけれど。。休む時にはゆっくり休める。。
だらだら長くということが胃にも一番悪いのですよね。。食べ物が消化しきれないうちに
また食べ物が入ってくる。。その方が胃が疲れますよね^^

今は朝に比重を置いています。
仕事の日は起床してウォーキングを済ませたら、朝ご飯、夜ご飯(母の分)用意、お弁当作りを
済ませたらできるだけゆっくり食事の時間をとって(30分くらい)朝食を取ります。
食事は昨日の夜のおかずだったり、朝作るものだったり色々ですが
昔から和食派の我が家は日本食です。

パンにマーガリンをつけて食べたり、ヨーグルトや牛乳も一切今は口にしていません。
動物性の食べ物は時に魚をいただくことはあってもお肉はたまに登場するくらいでしょうか^^
動物性のものをほとんど口にしないのには理由があります。。
生活習慣病に関係するコレステロールだけが理由ではなく食べる必要性がないからとも言えるでしょうか^^
その理由はまた追々記事にできるといいのですが。。
魚も養殖されるような大きな魚はほとんど日常の中では口にしないですね~。。
天然のものが出回る時期だけ美味しくいただきます。。^^
小さなじゃこ、鰯、サンマ、アジくらいまでですね。。



お休みの日には夕食も6時頃に食べることができるので料理もそういうときにこそ
出来るメニューにしたりして食べる楽しみも忘れないようにしています。
そういう食事のサイクルになってから胃の調子はいいのですよ^^
人それぞれの生活があるので、自分にあった食事の取り方でいいと思います。
それでも、基本は胃を充分休ませてあげる時間をとるように心がける事かな~。。
胃を自分に置き換えたらよくわかりますよね^^ 
食べ過ぎほどエネルギーも消化して内蔵に負担がかかり血流も悪くなるのですから
少しくらい食べなくても人は健康でいられるだけの体をもっていますよね。
日頃の食事の内容さえ何が必要な物かを知っていて食べていたら。。

食事の方法も大切なことですが心にストレスをためない生き方=考え方や方法を
自分なりに自分流で試しながら作り上げていくこと。。
それが私流の楽しみ方&生き方かな~**
沢山の本を読んだり聞いたり、情報は沢山反乱しています。
でも、そのあふれる情報の中で、みんながしているから安全という世の中ではないですよね^^
だから、知識を増やし、その中で自分なりにかみ砕いて必要な事や良いことを
体験しながら選びコツコツ地道に続けていくことが大切なことだと思っているんです。
私は何でも自分なりにしてみる。自分の体や心が納得する。って大切なことだと思うので
それが自分の楽しみにつながり吸収できるものになるのだろうな~と思ったりします。

今日もまた長い記事になったよ~~**
最後までおつきあいありがとうございます。。^-^
きっと短い記事を書くほうが苦手な私なのでしょうかね(笑)




  1. 健康
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。