・・夢をつなぐ白い糸・・

日々小さな出来事や、大好きな手作りの作品の 紹介などきままにのんびりUPしています・・。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

冷えは万病のもと?! :: 2012/01/23(Mon)

頭寒足熱(ずかんそくねつ)「重ね履き」を始めてから数日。。
足元をより暖めていることで 冷え方がこんなに違うのだと実感しています^^
これからの記事は長くなりますので興味のある方はどうぞ。。^^

「冷えは万病のもと」と昔から言われますよね。。
体が冷える事は全ての臓器に影響をもたらし、さまざまな病気を作っていきます。。
人の本来持つ自然治癒力を弱くして、不快な症状以外に 菌をよせつけ
跳ね返すべく抵抗力も弱めてしまいます。

日頃から寒ければ上に重ね着をしていく事は いたって普通の行為なのですが
体を温めるにもポイントというか要所があって、単に温めればいいというわけでは
ないのだな~というのも、私の実体験からも感じています^^




「冷えている状態」とは・・・

1.下半身の体温が上半身よりも低い
2.体の表面より内部のほうが体温が低い

一見足先も冷えていないし大丈夫。。と思っていてもお腹の真ん中に手を当ててみると
冷えている人も同じですね^^

女性は元々筋肉が少ない体質で、体中の血液を送り出す筋肉というポンプが弱い傾向にあり、
また生理など女性独特のホルモン変化も影響して冷え性になる人が多いようです。
心臓から体に送り出す力が弱くなると体中を血液がめぐらなければ肩コリを始め
いろんな症状に悩まされるのは当然といえば当然なのかもしれません。




今の社会環境の中で冷えに繋がっていることと言えば
・人が生まれ持って自然であるべく歩くという行為が日常の中で減っている
それを補う運動量が便利さの中で減少して筋肉量が減少するのが早い傾向にある。
(子供の冷えが増えているのもそういうことなのでしょうん~)

・農薬を始め添加物など入った食品が氾濫し、血液を通して内臓の中に毒素が
蓄積されていく。(食べ物だけではなく毒素は化粧品や洗剤など生活必需品からも
皮膚を通して蓄積します)

・季節にできる野菜にはそれぞれに意味があるのですが、一年中季節感のない
食事の取り方をしていたりインスタントものや添加物食品を食することが
多く、昔ながらの日本食とはかけ離れた油もの中心の欧米化した食事になっている

・ペットボトルなどの冷たい飲み物や食べ物を常にとっている。

・ストレス社会の中で上手く気持ちの持ち方を調整する事ができず
常に心にマイナスの心を抱えて暮らしている

・いつでも食べ物でおなかを満たす環境に置かれているので
腹八分目ではなく、お腹が満腹に満たされるまで食べたり
早食いをせざる得ない環境に置かれている為、内臓に負担が常にかかっている。

・冷暖房設備の整った環境を常に作っている

・下半身を冷やすファッションをしていたり、締め付ける服や靴や
化繊の服を身につけることが多い。




おもいついた部分で書いているので他にも沢山原因はあるのですが
このほとんどは私が以前にずっとしてきた事です(笑)
さまざまな理由で私たちは意識しないうちに体に「冷え」をため込んでいて
血流が滞った状態は慢性化していくと さまざまな臓器に支障をきたしているんですよね~。

人の平均体温は36度から37度間にあって体は整えられていくといわれています。
今は35度台の方もとても多くそれ以下となれば、体の血流の流れは悪くて当然で
体の隅々まで血液が流れなければ支障がでてきて当然ともいえるのでしょうね。。^-^




日々の中で冷えをとることは血流の流れを良くすることに繋がります。
その冷えをとる方法として単純に服の重ね着をすればいいということではなくて
「頭寒足熱」がいいというのには理由があります。

心臓は全身に血液を送っていますが足は心臓から一番遠い場所にあるので、
血液を心臓まで押し上げるのが大変です。
「足が第二の心臓」といわれるのは、歩くことによって筋肉が収縮し、
これが血液を心臓に戻す原動力になっているためです。
足が温まっていると体全体が温まります。
頭寒とは冷やすという意味ではなく、
「温めてはいけませんよ~」という意味ということらしいですね^^
足湯や半身浴がいいですよ。。というのにはそういうことですね~**



ではなぜ頭は温めてはいけないのか。。
脳は42℃度を超えると機能が衰え、45℃を超えると、
脳神経細胞が壊れて重大な障害を残すことがあるといわれています。
なので熱中症や日射病から守るために頭に帽子をかぶったり
冷やしたりするのも風邪で熱がでて頭部を冷やすのもそういうことなんですね。。^^

足もとを温かくしていても、上半身をそれ以上に熱くしていれば「冷え」の状態にあることになります。
体全体で上下の温度差がある場合に「冷え」が生じるんですね。。
人間の体温は、上半身が高く、下半身は低くなっています。
この上半身と下半身の体温の差を、できるだけ小さくするというのが「頭寒足熱」です。





長くなりますが 素材にシルクと綿が向くといわれるには
天然の絹は冷えによる毒素を排出する力があるといわれ
綿は吸水性に優れているため汗などを吸収してくれるからです。

重ね履きは4枚から5枚が平均になっていますが
それぞれの環境や状況で自分なりでいいと思いますよ。
こうしなくちゃ!と決めてしまうのは逆に心のストレスになりますよね。。
なんでも楽しみながらできるというのが基本です♪
 私は仕事の時は枚数重ねられないので靴の中は多くても3枚までです。
でもお家に帰るとそれよりも2枚多くしてみたり
寒いなぁ~と思えばもっと重ねたり^^

そんな風に少しずつ、いいかも~♪と思えることを吟味して
自分なりに続けていくことが私流です^^



長い記事を最後まで読んでくださりありがとうございます♪
歩くことを始め、農薬をはじめとする食や添加物、身にまとう化学繊維、
市販の薬をはじめ化学薬品、日々の生活環境など
体に支障をきたしてきたと思える要素を、私自身が体験して感じたことを
書かせていただけたらと思います。

自分が見たり読んだり聞いたりして納得できると思ったことはまずしてみる。。
その結果、どう変わってきたか。。自分で見極めればいいですよね。。^-^




スポンサーサイト
  1. 健康
  2. | trackback:0
  3. | comment:12

手帳 :: 2012/01/19(Thu)

20120119-1.jpg

やっと買いました♪ 今年の手帳。。←おそっ!(笑)
いつも買うタイプの手帳は決めているのですが
そこに買いに行くのに時間がとれなくて^^
もう1月も半分以上すぎちゃったよ~~**



20120119-2.jpg


この手帳の中身はいたってシンプルです。
カレンダータイプになっていて、フリースペースもあるので
スケジュール以外に、日々感じたことや出来事を思いついた時に書いています。
まぁ・・日記代わりかな^^
こうして机や本棚に並べていても、小さめの本見たいに見えるところが好きなんです。
1年使っていても意外と表紙がしっかりしているのでつぶれたりしないし
アンティークな感じが好き♪

本当は下の2冊と同じような色が欲しかったのですが
出遅れてしまったから、ありませんでした。。(笑)






話は変わって今「冷え取りブーム」ですよね^^
シルクや綿の靴下を何枚も重ね着して体の「毒だし」をするというものですが
日頃から冷えには注意してレッグウォーマー、腹巻、アームウォーマー等など使用している私ですが
お友達のまゆみさんからお勧めいただき、私も靴下の重ね履きに挑戦することにしました♪^m^
今はこのパソコンを打ちながら身につけているものというと
絹の5本指靴下・・1枚
その上に綿の5本指靴下・・・1枚
またその上に絹の丸型靴下・・1枚
またまたその上に綿の丸型靴下・・1枚

でもって絹のレギンスみたいなのを下着の上につけて
その上から絹&綿のレッグウォーマーをつけて
その上からおなかは腹巻。。。

で最後にパジャマです(笑)
なので上半身はパジャマに薄めの羽織物をしているだけですが
これが不思議と寒くないのですよ~**
ちなみに部屋は暖房設備はありません。^^
お風呂でゆっくり半身浴をして冷めないうちに靴下を・・・

「頭寒足熱」というのには訳があります^^
なぜ。。冷え取り=毒だしの必要性が言われているのか。。
話すと長くなるので、また次回にでも詳しくお話しできればってことで^^
人間のもっている自然治癒力をより高めるために必要なこと。。
私もますます元気になるぞ~~**(笑)






  1. 今日は・・
  2. | trackback:0
  3. | comment:8

明けましておめでとうございます♪ :: 2012/01/05(Thu)

新年明けまして おめでとうございます。
本年もぞうぞ、よろしくお願いいたします^--^



今年はどんな年にしよう。。どんな事をしよう。。と年初めから
考えていたのですが、まとまらず(笑)やりたい事は山ほどあるんですがありすぎて
どこから手をつけようかと・・・^m^
貧乏性なのでしょうね~じっとできないというか、じっとしている時間があると
もったいない!と思ってしまうから(笑)
まぁ・・・ボチボチで計画たてましょうかね^^



先日。。。お店のスタッフにこう言われたのです。
ayaさんは、都会は似合わないよ~! ビルの中にいるのも、
こうやって百貨店で販売していることも。。。
私の田舎暮らしの夢も天然のボケ具合も知っている彼女の言葉なのでいい意味でなのですけどね^^

そんな風に言われて以前までの私なら、「それって田舎者?!って意味??」などと
受け取っていたのでしょうが、「そうでしょう~♪」となぜか嬉しくもあったような今回(笑)

5歳ごろに島を離れ大阪の地にきて、島言葉まるだしの話し方がおかしいとからかわれたり
島生まれである事をなるべく知られたくないと思って育ってきた自分。
何も悪いことをしていないけど、どこか後ろめたいような。。。
だから、都会的だといわれる方が嬉しかった自分。。

でも、今は違うな~~**
島で生まれたことをとても嬉しく思うし、感謝しているし。。
都会の地下や高層ビルの中にいるより、暮らすより。。
私はやっぱり自然の中で暮らすことが、その島で命生まれたように自然なことだと思うようになった。。
百貨店で販売しているより。。確かに商店街で気さくにやりとりする日常のほうが
私には向いているきもするし、好きだな~♪とは以前から自分でも思っていたけど(笑)



今の便利さも素敵な事もたくさんあるけれど。。
原始時代のような暮らし方はしないにしても←当たり前(笑)
不便をほどよく取り入れて 心地よく楽しく暮らせる自分でいたいな~**
ようは不便を不便と感じない楽しみかた。。という意味ね♪^-^






  1. 今日は・・
  2. | trackback:0
  3. | comment:16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。