・・夢をつなぐ白い糸・・

日々小さな出来事や、大好きな手作りの作品の 紹介などきままにのんびりUPしています・・。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

失ったもの :: 2011/03/27(Sun)

春なのに冬眠しておりました(笑)

      ・
      ・
      ・
      ・
      ・

というわけでもないです^m^
何だかんだに忙しいのは毎度のことですが(笑)


このあいだお正月を迎えたばかりのような気分なのにもう3月が終わってしまいます。
今日も冬の気温ですが。。明後日頃からは、ようやく春めいてくるようでなんだか嬉しいです。。
被災地の方々も暖かい季節になって気温的にも少しでも過ごしやすくなるといいなと思います。

今日のニュースで 被災地の方々に少しでも体も心もリラックスしてほしいという配慮から。。
ボランティアの方々が足湯をしてもらえる場所を提供したり、マッサージをしてあげたり。。
ありがたいですね。。
被災地の方々にはこの寒い季節もですがいろんなストレスからの疲れが
体にも心にもたくさん溜まっていて。。
ほんの少しでも心を休める時間が欲しいですものね。。

足は第二の心臓と言われるように、たくさんの血管が通っています。
人間の体を支えているのはもちろんの事ですが、健康な体は足裏から作られるといっても
おおげさではないかもしれませんね。^-^




20110327-1.jpg

いつもの散歩道から見える風景です。。。



20110327-2.jpg



生きることに大きい小さいとか 強い弱いなんて本当はなくて。。
互いが寄り添うことで 互いの不足を補い、足りているものを分かちあえば。。
人はきっと互いの心を思いやり、幸せの連鎖は広がるのでしょうね。。





20110327-3.jpg



20110327-4.jpg


この散歩道には、人の手をかけて植えられた木々や花たちがたくさん咲いています。
道沿いに続く歩道は年月を重ねるたびに先へ先へと長く伸びていきます。
環境整備の甲斐あって 川も緑も汚染されていた頃から比べれば
本当に綺麗になりました。。
人の手で壊したものを人の手でまたもと通りにはならなくても地道に戻す作業が積み重ねられ
今では年を追うごとに野鳥の姿が多く見受けられるようになりました。。
それでも、自然なあるがままの姿に戻すということは二度とできないのでしょうけれど。。


散歩をしていても。。 鳥たちが遊んだりおしゃべりしたりしている姿を
目の前で見ることが度々あります。。
そういう姿を見るたびに 人が壊してきた大切なものの大きさを考えさせられたりします。





20110327-6.jpg

20110327-5.jpg


何日か前のニュースだったのですが
その男性の口にした言葉が今でも心に残っています。
その方は今回の震災で家族の誰の行方もわかっていません。
愛する妻も愛する子供たちも。。
家族を捜すために何日もかけて、あちこちの避難所を探して回られました。
少しでも手がかりを掴むために。。
生きていることを信じたくて。。。
でも、どこにも大切な家族の名前はなく。。。
壊された家の下にいるかもしれないと、探しに行きたくても
原発被害のために立ち入ることがいまだに許されず。。
立ち入り禁止のテープが張られるその前でどうすることもできない自分。
家族に手を差し伸べることも言葉をかけてあげることも
子供を抱き締めてあげることもできないのです。。


「原子力も電気もいらないから。。
大切な家族さえあればいいから。。」

涙で震えながら口にした言葉を聞いたとき。。。なんとも言えない気持ちになりました。


電気もなくちゃ生活できない世の中である現在。。
そういう便利さのおかげで毎日を暮らしている私たちがいる事は変えることのできない事実。。
それが今、急になくなって不便さを感じながら改めて便利さの中で暮らしていた
自分たちの有難さや原子力の凄さを知らされる。。


けれど。。。
大切な家族の命より大切なものなんてどこにもなくて。。
それは機械のように修理して取り返しのつくものでも代用のきくものでもなくて。。
今の便利さと家族の命を天秤にかけられるはずはなく。。


多少の不自由を背負っても。。
家族の笑顔とともに暮らせるほうが幸せですよね。。
そして不自由なことも不自由な事だと思わなければ。。
人は必要以上に便利なものを求めなくても済むのかもしれませんね。。


私も・・今まで以上にその意味を心に問うて生きていきたいと思います。
少しばかりの不自由も楽しみに変え、自分にできること、
周りにできること、この地球にできることを考えながら。。

スポンサーサイト
  1. 想うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:9

・・希望の花・・ :: 2011/03/15(Tue)

20100315-1.jpg

今日、仕事から帰ったら朝は蕾だった多肉から 
小さな小さな花が咲いていました。。

それは、まるで日本の国旗のように。。
日本よ。。頑張れ!ってそう言ってくれてるみたいで。。
自然と涙がこぼれてしまいました。。


その小さな花の名前を「希望の花」って名付けたんです。。



被災された方も、被災していない方も。。
一人一人がその手を伸ばし。。
しっかり、手をつないだら。。
それは地球をも包むくらいに強く長い心の鎖となるはずだから。。
きっと。。
必ず。。
少しでも命を絶やさないで済むように。。
希望を捨てずにどうぞ互いが互いを愛してやまない国でありますように。。


  1. 想うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:10

:: 2011/03/13(Sun)

自然の猛威の前に なすすべのない人の無力さを知り。。
かけがえのない大切な命が次々と失われていく。。。

流れるニュースを何度見ても涙が止まることはなく。。
被災者の方の苦悩を思うとき、胸が締め付けられる想いです。。

今の私に何ができるのだろう。。
どうしてあげれるのだろう。。
何度考えても私の微力さに気づくだけ。。

どんなに心痛めても、被災者の方の想いをくんであげることなど
できはしないのだと思う。。
当たり前の日常に変わりなく仕事に向かう自分が、はがゆくもあり。。
せめてもの願いを込めて おくる寄付金が今の私にできる現実。。

仕事場でお客様に心から笑顔を向けることができない自分はただ未熟なだけなのか。。
笑顔の裏でこんなときに新しい春ものの服を買いに来る方の気持ちを
理解することができない小さな心の私です。。

けれど。。。そうして心落ちていても何も始まらない。。。
私たちが今生きているこの現実から何を受け取り学びいかすのか。。。
自然は私たち人間にいったい何を伝えようとしているのだろう。。
どこかで起きていることではなく。。
明日にも自分に起きうること。。。

まだまだ確認されていない被災者の方々が一人でも多く
命をつないでいてくださる事を心から願ってやみません。。

どんな状況下の中にあっても 人を支え繋ぐものがあるとするなら
それは人が人を想う愛でしかないですよね。。








PS・・・いつ起きうるかわからない災害に備えて あなたは準備できていますか?
大げさなことでも、自分の所は大丈夫というわけでもなく。。
少しでも災害から大切な人を守るためにも整えておいてくださいね。。
ブロ友さんからリンクさせていただきました。
今一度確認お願いいたします。
「お役立ち情報」


  1. 想うこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。