・・夢をつなぐ白い糸・・

日々小さな出来事や、大好きな手作りの作品の 紹介などきままにのんびりUPしています・・。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

自然色の宝石♪ :: 2014/09/25(Thu)

20140922-1葡萄



先日、お友達のまゆみさんからいただいた取れたての葡萄。。
まるで宝石のようですね。。。
ブログでは写真を見ていたけれど、実際に箱をあけてこの葡萄を見たとき
思わずその色合いに「綺麗~!」と感動してしまいました。^^
自然が作り出す色は決して科学ではつくりだせない美しさがあり。。

無農薬&化学肥料など使わずにその植物がもつ生命力をそのまま生かして育った葡萄。。
それは確かにスーパーなどで売られている粒や色がそろった葡萄とはまた違う。。
現代の売り物というとらえ方をしてしまったら,枠からは外されるのかもしれないけれど
そんなものを求めて作っているわけではないから、葡萄は自由に自分が生きたいままに育ち
今年はこういう姿を見せてくれたのでしょうね。。^^

去年までは、色もそろってはいたのですが(今年でいただくのも3年目)、
どうして今年は色がまばらなのか理由はわからないけれど、
私にとってはそんなことはどうでもいいことなのです。
その葡萄が精一杯生きて、見せてくれているあるがままの姿がそこにあり。。
甘みを出すために不自然に改良されすぎた食べ物とは違う自然な甘みをふくみ。。
そして今では少なくなったけれど命につながる種がある葡萄。。。

いつしか人間都合で種がないほうが食べやすいという理由から種なしの葡萄が多い現在だけれど
命のもとである種がない植物を不自然だと思う私には、こういう姿が一番自然な姿だと思えるのです。
命をつなぐ生き物が種を取り除かれて改良されているのですから。。なんだか不自然だな~と思うのです。

ありがたくその日のうちに父の仏壇に供えてから母と一緒にいただきました。^^
自然な甘さは必要以上に口中に残る感じではなくて、シンプルだけれど
とても美味しい葡萄でしたよ。。^--^



20140922-2ハチドリ



葡萄と一緒に入っていたハチドリの絵が施されたハンカチや、ナマケモノグッズ。。
このハチドリは「ハチドリのしずく」という本に出てくるハチドリ。。
ちょうど、私も本を読み終えていたのですが、
簡単にいうと、動物達が住む森が山火事になり逃げ惑うその中で
一羽のハチ鳥だけはくちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていきます。
そんなことをして何になるんだと他の動物たちは笑うのですが、
ハチドリは「私は私にできることを今しているだけ」そういってひたすら繰り返すという内容なのですが。

地球温暖化という問題をかかえた今の地球。
先日のニュースでも2050年にはこのまま確実に温度が上がることはさけられず
たとえば日本では紅葉の時期を迎えるのはクリスマスの時期になるというような事が言われています。
今の子供たちが迎える未来がそういうことだという事ですよね。。
今の私たちにできることは、今の自分たちの時代だけを見つめて生きるのではなく
たとえ小さな事だとしても、日々の中で自分たちにできる事を持続していくことが
いずれは大きな力となり、未来を変えていけることにつながるのだという気持ちを
心にとめて過ごす毎日が大切だということでしょう。。
「こんなことして何になる」とか、「自分だけでは」とかそんなことを思うことなく
あのハチドリのように「今、自分ができることをただ行動に移すこと。。」そんな気持ちが大切なんですよね。。

もう買っては捨てる使い捨ての時代も、物質に幸せを求める時代も。。
変化の時代に入っているのだろうなと私には思えるのです。。
手をかけて自分で作り出すことも、時間をかけることと引き換えに生み出される喜びはお金では買えず。。
便利になった世の中のはずなのに、忙しいと駆け回るばかりで、空を見あげる心のゆとりさえ
失ってしまっている人たち。。
家族の幸せのためにと働いているはずなのに、その家族と一緒にいる時間すら削られる日々。。
便利さや手軽さを得るために、またお金が必要になり働く。。
今、ここにあるものを大切に生かし、あるものに感謝できる気持ちをもてたなら
新しいものばかりにとらわれず、物質に幸せを求めることも少なくなり
本当の意味での幸せは自分の心の中にあるのだと。。。


少しずつ少しずつでも、変化していけたら、一滴(ひとしずく)は燃え盛る森の火すら消せる力をもっていますよね。。
「自分が変われば、誰かがまた変わる。。誰かを変える前に自分から」そんな風に私も私にできることを。。^--^


スポンサーサイト
  1. 贈り贈られ。。
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

素敵な手作り♪ :: 2012/09/21(Fri)

もう10年程のお付き合いになるでしょうか・・・。
手作りした作品を私の代わりにイベントやお店で委託販売してくださるpromenadeの
kapiちゃんとsattiちゃんのお世話になってから。。
私が手作りドールを作り始めた時から今日まで、ドールから雑貨へ、雑貨から石鹸へと・・
作る物が変化してくる中で、そんな流れも気持ち良く受け入れてくれて
アドバイスをくれたり応援してきてくれました。。^^

お休みに入ってから、ずっとなんとかせねば!と思っていた手作りの道具や生地やパーツ等々・・
今は小さな雑貨は作っていないので、これからも自分用に作ることはあったにしてもイベントでは
出さないだろうな~と思い、今でも日々とっても素敵な手作り品を生み出しているお二人に
もしもよかったら・・使いませんか?とメールしたところ。。。
よかったら、イベントで販売させていただくよ^^ もちろんお手間賃代わりに
お気に入りの生地などは貰っちゃうけど~~**と言ってくださり♪
そんな返答など全然考えていなかった私にはとっても嬉しい限りで。。

そんなおかげで押し入れなど、とってもすっきりして、こちらが感謝している位なのに
お二人から素敵なプレゼントまで頂いてしまいました♪






20120915-1編みバック

麻ひもで編んだバックです。。
私も以前から編みたいな~と思いながらも手つかずのままで。。
kapiちゃんはサクサク作ってしまうから凄いのです!


20120915-2編みバック
私のイニシャルのボタン♪


20120915-3編みバック
promenadeのロゴのはいった皮のタグ。。

シンプル好みの私の洋服に合わせて、あえてシンプルに仕上げてくれました^^
中は。。ポケットが何個もついてとても実用的になっています。
マチもしっかりあるので、充分に物が収まるのも嬉しいなぁ~♪








20120915-4布バック他

そしてこちらはsattiちゃんのバックinバックとポーチと飾りピンです。
バックはkapiちゃん作の編みバックの中に入るようにということで作ってくれたバックです^^
お財布やポーチなど少し入れて持ち歩く時に調度良い感じですね~♪


20120915-6ポーチ

20120915-5飾りピン


細部にまでこだわっているところが、また素敵なのです^^




お二人は、本当に長いつきあいで性格は真反対?なくらいですが
それぞれの持ち味が生かされた名コンビです^^

手作り品を長く作り続けるって結構難しいことなのです。
新しい発想力もいるし、また同じ物を何個も作る場合も
根気も必要になるし。。
好きという気持ちがとっても強いから続けていけることでもあるけれど。。
そのパワフルさにいつも感心しきりの私です。。^^




20120915-7キーフック


そしてこちらの鍵とお茶はお二人から。。。
鍵の形のフック♪ これは使わずに保管しておきたいのです。。
いつか叶った時の田舎暮らしのために。。
今のお家にはお洒落すぎて合わないから(笑)

お茶はね。。那智勝浦のお茶だそうです。。
復興の願いも込めて購入したのだそうです。。そういう気持ちも嬉しいですよね^^


20120915-8那智勝浦お茶



送られてきた荷物の中を見たとき、こんなにしてもらっていいのかと
本当にこちらが申し訳ないくらいで。。有り難い気持ちでいっぱいでした。。
そして、それに加えて何より嬉しく思ったというか心が伝わってきたのは
私が送った荷持つの中に入っていた生地をお二人が手持ちのものと併せて
上手にアレンジして作品を作ってくれていた事です。。
手作りをするものにとって、こういう再利用して新たなものを生み出してくれる事は
とっても嬉しい気持ちなのです。。


promenadeとしてお二人が参加されているイベント&kapiちゃんの日々徒然が書かれた
日記などが載ったkapiちゃんのブログです。
和歌山や大阪などその近辺にお住みの方は、心のこもった手作り作家さんの作品を
是非、見におでかけしてみてくださいね^-^






  1. 贈り贈られ。。
  2. | trackback:0
  3. | comment:8

小さな箱に込められた想い。。 :: 2012/09/09(Sun)

ベランダ菜園というには規模が小さいけど、この秋プランターに蒔くために手に入れた種は
ニラ、水菜、サラダミックス、リトルフィンガー人参、
そして来春蒔くつもりの四葉きゅうりとマリーゴールド。^^

この中の水菜と四葉きゅうりの種は同じ田舎暮らしを夢見るhimekichiさんと種の交換を
していただいたものです。
調度同じ時期に「たねの森」に注文していたんですねぇ~♪
そんな交換していただいた種と一緒に先日素敵なプレゼントが届きました^-^






20120909-2エコポットプレート

DIYが得意なhimekichiさんにとってはお手のものですね。。手作りガーデンプレート。。
DIY後の板の残りもちゃんと無駄なく再利用^^
お洒落に文字を書けない私にはそこんとこがポイントだけど(笑)
         
          +

そして自然にかえるエコポット。。
芽がでたらこのまま土に埋めれるというものです。^^
最近は種蒔き用のプラスティックの容器も買うことは無く
食品など購入した時にでるプラの容器をリサイクルして使っています。
だから、土に還るエコポットはゴミにもならず有り難いですね~♪






20120909-3英字新聞レースペーパー

そして英字新聞と、himekichiさんがとってもお気に入りだというレースペーパー。
この英字新聞、お洒落で変わってるぅ~♪ ラッピングにもよく使う英字新聞大好き♪
レースペーパーもホワイトは私も普通に持っているけど色物はなかなか見かけないのよね^^
紅茶などでほんのり染めてアンティーク風にしても更に雰囲気がましてお洒落かなぁ~?!
新聞もレースも色々アレンジが楽しめて活躍しそうですね。。







20120909-4手作りボトル数珠玉

そしてそして。。。遮光便を素敵におめかしした瓶に入っていた自然からの贈り物。。数珠玉。
知っている方もいるかなぁ~?こちらではもうほとんど見かけることがないけれど、
私が子供だった頃、これでよくネックレスを作って遊んだのよね~♪懐かしい。
数珠玉ってこんな植物です。
http://www.hana300.com/juzuda.html
稲科といえば、今でもよく見かけるエノコロ草も猫じゃらしみたいにしてよく遊びましたねぇ~**


子供の頃といえば、家にいるのは勉強の時とご飯の時くらいで(笑)
陽が落ちるまで外で遊んでいましたね。。
遊びの道具も田んぼや川や身の回りにあるものばかりで
公園で遊ぶにしても「ゴム飛び」とか「かかしのけんぱ」とか(わかるかなぁ?)
子供はどんなものでも遊びに変えてしまう素敵な才能をもっているのよね~^^
数珠玉もネックレスやお手玉にしたりして遊んでましたねぇ。。
数珠玉は漢方の領域でも使われるのですって! へぇ~知らなかった!






そんな懐かしさに想いを馳せながら小さな箱に込められたhimekichiさんの
大切にすべき素敵な想いを感じていました。

20120909-1箱

どんなに時代が進んで便利社会になっても、大切な事や大切な想いは
変わらず持ち続けたい。。
自分だけではなく、子供にもそして周りにも今の良さと平行して
手をかけることの意味や昔の物の良さを伝えれたら。。。

人が生み出す物が本当の意味で人の心を幸せにできるものであって欲しいですね。。
そんな事を思いながら楽しい時間をいただきました。。
時々、そんな事を振り返り改めて大切なことを思い出すのです。。
himekichiさん、いつも本当にありがとう。。^-^





  1. 贈り贈られ。。
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

子供達に伝えたい事 :: 2012/08/24(Fri)

今日、私が心待ちにしていた荷物が届きました^^
白い箱の蓋を開いたとたん目に飛び込んできたのがこの写真。。

20120824-1葡萄

菜園で色づき始めた葡萄の写真は彼女のブログの中で拝見していて
その色の美しさに感動していた私なのです。。
そして6月に家族の仲間入りをしたという二匹の山羊たちのシンボルマーク?の
スタンプが隅っこに可愛く主張されていました^^





20120824-2葡萄

そしてさらにその台紙をめくって。。。
もう、嬉しくなってしまうラッピングです。。
おもわず、「や~ん、♪可愛い♪」となにやら変な雄叫びをあげてしまいました(笑)
色づいた葡萄の葉書とドライにした葡萄の葉っぱが、なんとも私の心をくすぐります。。
箱を開けたときの瞬間と、そしてまたその台紙をめくったときの喜びと。。
ラッピングだけでも充分幸せな気持ちになってしまいます。。^-^





そして箱にはいっていた愛しい植物は。。

20120824-6葡萄


お友達のまゆみさんが送ってくださった、もぎたての葡萄ベリーAと
小さな葡萄は「エビヅル」という山葡萄。。そしてミニトマトです♪
タイミングを逃さずに送りたいから。。そういって朝の忙しい合間をぬって
箱詰めしてくださいました。。


20120824-4葡萄





なぜ、葡萄を?。。。
それは私が口にしたかった種ありの葡萄だったからなのです。^^
去年からそんな事を口にしていた事をまゆみさんが覚えてくれていたんです。
3年目にして実った大切な葡萄を「少しですがお裾分けです。命の詰まった葡萄を是非食べてね♪」
そういって分けてくれたの。。

口に入れた感想は・・・粒は小さめだけれど、適度な甘みがあり、口当たりが良くて
さっぱりめ。。後をひきすぎない甘さなのですよ~。。
そして何より種があるぅ~~**当たり前ですが(笑)
初めて収穫した葡萄にして上出来ではないでしょうか♪・・って
作った事もない私が偉そうにいうのもなんですが(笑)
ベリーAはワインに向く葡萄だそうです。
確かに!口の中でさらりとした甘みが軽く残るようなすがすがしいワインになりそうです^^
まゆみさん、大切な愛情たっぷりの葡萄達。。いつも本当にありがとう♪





いつの頃からだったでしょう。。食品店に並ぶ葡萄がどれをとっても種なしになってしまっていました。
もう当たり前の事のようになっていて不思議に思うことすら忘れてしまっているけれど
私が子供だった頃、すべての果物には種が入っていたよね。。
今では種なし葡萄は当たり前で、種ありを探す方が至難のわざ。。
スイカまでもが種なしになってきていたりして。。


品種改良により、色んな種類の種が作られ、それはそれで虫に強いとか甘みが強いとか
私達人間がより味覚などを楽しめるように開発されたものだったり
大量生産するために強い品種を作る必要があったりと。。
そのすべてを否定するつもりはないけれど。。せめて命のはじまりであるその種を
植物の中から取り除いてしまうことは、命を持つ植物にとってどういうことを意味するのか
そして同じ生き物としてそこまでする必要が本当にあるのか。。


この先の未来。。私が子供の頃に口にしたような種があるのが当たり前の植物が
種のないのが当たり前の植物になり。。ただ人間都合だけに振り回されすぎた
植物を。。口にする子供達。。
葡萄に種があったの?お母さん?。。なんて聞かれてしまうのでしょうか。。
植物が自らの生命力で生き続ける事の素晴らしさや、
小さな種から芽を吹き上げ、土の中から空に向かって伸びゆく様子も
赤く熟し色づく様も。。
きっと今、口にしている食べ物がどんな風に育ちそこにそうしているのかを
見る事も知ることもないような、そんな環境の中で子供達が育っていってしまって欲しくないなぁ。。
そんな風に思ったりします。。

私達が子供達に伝えれる事は、素晴らしい化学技術だけではないはずで。。
命の大切さを感じる事なく生きていくことほど、幸せから遠のくものはないのかもしれませんよね。。
そういうことを。。。今だからより大切な事として子供達に伝えていけたらいいなって思います。。^-^

  1. 贈り贈られ。。
  2. | trackback:0
  3. | comment:12

夢を持ち続ける楽しさを。。 :: 2012/07/27(Fri)

20120727-2ターシャ本

みなさんもよくご存じのターシャ・テューダーの本です。
商業主義や流行に流されることなく、自然体で生き続けるターシャ。。
30万坪とも言われる広大な土地でガーデン、野菜畑、放牧場、池、森、など
ターシャが愛し続ける自然の楽園。。
その楽園のなかで日々自然を愛し生き続けるターシャとその自然の素晴らしさが
綴られた一冊の本です。。


そんな私が大好きな本をお友達のkasugaさんが贈ってくださいました♪
本屋さんに並ぶターシャの本を手にとって、私を思い浮かべてくださり
贈ってくださったのです。。
私も外に出かけた折、お友達を思い浮かべて好きだろうなぁ~♪とか考える事がありますが
そんな風に思い浮かべて頂けたこと・・何よりありがたく思います。
kasugaさん、本当にありがとう♪ 嬉しく読ませていただきましたよ^-^



本の最後のページにターシャがこう書かれています。。
私は90歳になった今もバラの専門家になりたいと思っています。
専門家になりたい、なりたいと夢を追い続けるのが楽しいの。
 人は誰も全ての答えを知ることは決してできません。
だから、もっと知りたい、極めたいという夢には限りがないのです。
もっと学びたいという夢に向かって歩む楽しみは常に持ち続けられるのです。



夢を持ち続ける事に弊害などないのかもしれません。
あるとすれば自分の心の中で作り上げられていくだけ。。
いつまでも、夢を持つことに心の壁を作り上げることなく
自分らしい生き方の道筋を作りながら楽しんで生きていきたいですね。。^-^





  1. 贈り贈られ。。
  2. | trackback:0
  3. | comment:10

自然と共に。。 :: 2012/05/08(Tue)

20120504-5スナップエンドウ

5月4日のゴールデンウィークの最中
お友達のまゆみさんから届いたスナップエンドウと奥には絹さや。。
毎日大好きな菜園で仕事の合間合間をぬって
野菜や花や草や虫たちと向き合い 自分らしい時間を過ごしている彼女。。
無農薬、無肥料の栽培を目指している彼女なので
買ってきた苗からではなく、今年は種から育てているため
かなりの労力と時間を費やすので朝から晩まで一日中畑にいることになる休日。。
それでも、毎日自然と向き合っている時間が何より幸せというのですから
彼女のパワーの源がそこにあるというのは頷けますね^-^
そんな忙しい時間の中で獲れたての野菜を送ってくれました。^^








20120504-1スナップエンドウ


早速その日の晩ご飯の一部に登場♪
普段から基本の調味料以外に香辛料などあまり使わず料理する私は
エンドウの新鮮さを生かしてもっぱらシンプルなおかず。。



20120504-2スナップエンドウ



スナップエンドウはサラダにしても炒めても、とっても甘みがあって
歯ごたえもよく本当に美味しい♪
去年もいただきましたが、数段甘みが増しているのがわかります。^^
絹さやのほうは翌日の晩ご飯に厚揚げなどと煮物にしていただきましたよ♪

お味もさることながら、安心して食べられることもそうですが
野菜の生きようとする力を最大限に引き出そうとする栽培方法は
将来、私が目指すところなのですよね。。^^

人間中心思考の栽培ではなく、自然と共に共存し、
互いが互いの生き方を認め合う。。
植物が持つ本来の生命力を最大限に引き出すための手助けをするべく
栽培していくのが人間の役目なのかもと。。
循環するその畑の中では人間もまた虫たち同様に自然の中で
生かされている一生き物でしかないのだと。。








20120504-4ヘチマたわし

そしてこれはヘチマから作ったタワシ。。
以前にまゆみさんのブログで拝見していて 欲しい~! 作りた~い!と
思っていた私の心が通じたのか。。(笑)
タワシもスーパーに行って買えば早いかもしれないけど、
自分の手で作った物の愛おしさをわかる私には何より有り難いものです。。
買った物とは数段違う価値があるんですよね♪
そのヘチマが出来上がるまでの行程を想像するだけでも嬉しく神秘的。。
この画像をみているだけで。。植物の凄さとありがたみを感じます。。

昔の方は、日々の暮らしの中からごく自然に自分たちの周りに共存する生き物たちから
自分たちに必要なものを作りだしその命を分けてもらっていたのですよね。。
その植物たちが力強く生きる様を日々のなかで見て暮らしてきたから
命を分けてもらうことの有りがたさを今より感じて暮らしてきたのだと思います。
私もそういう想いを今よりもっと感じながら暮らしていきたいな~と思うのよね~♪






20120504-3野菜の種


そしてこちらは。。無農薬の種です。。
通常一般的に売られている種は種の段階から農薬など薬が使われています。
そして育てていく段階でまた農薬を使うのですね。。

自然のある環境の中で全てを自給自足まではいかなくても自然と共に暮らしたい・・
そう願いながらも今の日々の生活の中ではまだまだ実現にはほど遠い私。。
ジレンマを抱えながら、それでも気持ちはいつも前向きに夢を追いかけています。^^

そんな私の気持ちをくんでくれて、今のお家のベランダでも「今できることを楽しもう♪」
そういって一緒に種をおくってくれたのですよね。。まゆみさん、ありがとうね♪
本当に小さなベランダだけど、ハーブや多肉にまじって小さなお野菜たちが仲間入りします。^^
日々の生活の中で植物たちの生きようとするその生命力にどれだけ元気づけられ癒やされることか。。


私達の足もとに咲く小さな雑草たちや 害虫と嫌われる虫たちにも
それぞれに生きる価値と意味があり、この地球に生まれてきたことを。。
そういうことを知ったり感じたりすればするほど 人間の愚かさと傲慢さに気づき
そこに循環する自然の営みのすばらしさに感動したり、自分が生かされているのだという
本当の意味を知る。。。
そしてそれに気づいた時、人はここに命のあることに感謝できるのかもしれないな・・って
思ったりします^-^

私も今のこの年齢になってそのことに気づけた事を有り難く思っています。。
「生きる」ということに形や区別はなにもないのですよね。。
日々、自然から学ぶ事は限りなく深く、限りなく幸せをくれるんです。。
そんな私達人間には何ができるのかな・・。^--^





  1. 贈り贈られ。。
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

まゆみ菜園の大根達♪ :: 2012/03/13(Tue)

20120313-4.jpg
いつもパソコンの横に並んでいる小さなグリーン達・・
大根を買ってきてはヘタを捨てずにこうしていくつか並べては
葉がでてくるのを毎日眺めながら楽しんでいます。
一晩で驚くほど伸びていたり・・
土に植えているわけではないので、自然と伸びてはいつかは枯れていきますが
そしたら、また買ってきた大根のヘタはここの場所に(笑)

自然栽培の大根。。特別栽培の大根などなど・・やっぱり伸びる勢いというか
生命力の違いを感じたりします^^
少し元気が出ないで布団の中に入った日でも、こうして日々お水だけで伸びていく
大根の葉を見ては「私も頑張らねば!」なんて思う単純な私なのです^^





そして今日また新たな新人さん(笑)の仲間入り♪
20120313-1.jpg

お友達のまゆみさんが自家菜園で作った大根達を送ってくれました♪
紀州大根、聖護院大根、本紅丸かぶなど。。。
農薬を使っていない種を買い菜園でそだてたもの。。
もちろん化学肥料や農薬などは使用していません。。
お店で並ぶ物のような大きさではないけれど、私にはそんな事は全然関係なくて。。
何より私が日頃から求めている栽培方法で作っている、そしてまゆみさんの愛情たっぷりの
野菜を食べれるだけで本当に嬉しい♪


野菜の農薬使用や化学肥料をなるべく使用しない食べ物にこだわるようになってから
見た目の形や大きさではなくて、不自然なほど綺麗すぎるものほど自然と
手に取ることがなくなった私です。
人はいつしか綺麗で大きくて色が濃くてなど。。人が求める物の価値が変化してきたときから
生命力にあふれる野菜本来の姿がどういう姿なのかを見失ってきたのかもしれません。

人間とておなじ。。
容姿を綺麗にする事にこだわる事はけっして悪い事ではないけれど
見た目の外の美しさより心の美しさのほうが遙かにその人の
魅力となってその人本来の味がでるっていうもの。。^^
外見を磨くまえに心の内側を磨ける自分でいたいものです。。
その方が年を重ねしわが増えてつやがなくなったとしても
心のつやはきっと輝き続けるはずだから。。。なぁ~んて私も日々精進♪(笑)


いただいた大根は早速今夜のご飯に登場いたしますよ^^
大根葉は洗って太陽の下で干してから、少しシナッとさせてお漬け物にします。
私のお漬け物はいつも至って簡単レシピ。
お塩(海塩)・昆布・唐辛子のみで作ります。
一晩で食べ頃になってくれるので、お野菜がちょこっとずつ残った時はお漬け物にします。
もともと調味料も基本のものしか使わないので、サラダもお塩と
オリーブオイルやマカデミアナッツオイルなどのみ。。
だから野菜本来の美味しさもわかりやすければ、お塩などのうまみもよくわかります。



お塩はお肉などには岩塩がいいといわれ、煮物など日本料理には海塩がいいといわれるようです。
お塩も自然塩といっても日本には沢山あって。。それぞれに味が違うので
お漬け物にすると本当にその塩のうまみがよくわかります。
今使っているお塩ですが その塩も以前にまゆみさんにいただいていたこのお塩と
20120313-3.jpg


いつも素敵なお店を探してくれるsaboさんからいただいていたこのお塩を使っています。^^
20120313-2.jpg

自然のお塩は少しなめてみるとわかるのですが辛いというだけではなく、
舌に残らないまろやかさがあります。
昆布も鰹節も醤油もお酒も味噌も昔ながらに伝わってきた料理に使う基本の調味料は
本当に奥が深いので私もまだまだ勉強途中。。
「だし」と一言にいうけれど、美味しいだしを取るって本当に難しいのです。
そう思うと日本料理って本当に奥が深いといわれるのがわかるような気がします^^


今日は少し冬に戻りましたが、それでも春は私のベランダにもやってきていて
厳しいといわれた今年の冬も元気に乗り切ってくれた多肉達やハーブ達が
またスクスクと春を待ちわびていたのでしょう。。元気に空を向いています。。^^
このところ、体も心も追われて疲れてただ寝ることが多かった私ですが
私にもようやく、春が来たみたいです(笑)^m^ 









  1. 贈り贈られ。。
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。